世界でもっとも美しい地下鉄駅のひとつにも選ばれたことがある高雄の美麗島駅。改札階にあるステンドグラスに目が行きがちだけど、出口の建物は日本の高松伸が設計していて、ガラスを多用した建物は朝晩の時間帯に幻想的な風景を作り出していて必見の建物だ。

今回は美麗島近くのAirbnbに泊まったので、早朝に外からアクセスしたのだが、まだ車の通りも少ない夜明けの光のなかでほのかな明かりを発しながらたたずむ建物は教会のようでもある。今回の旅で外からみる美麗島もまた美しい駅だと知った。

内側のステンドグラスはこちら
前回の訪問:世界で二番目に美しい地下鉄駅、美麗島駅の光之穹頂 The Dome of Lightは必見のアート写真

内側のステンドグラスはイタリア人のステンドグラスアートの芸術家が作った世界最大級のパブリックアートで、「光之穹頂」(The Dome of Light)という名前がついている。

内側のステンドグラス

外側の出入り口は高松伸が設計していて、ガラスで覆われた建物は昼間もそれはそれできれいなのだが、もっとも印象的なのは夜の風景だなって思う。交差点を囲むように四つの建物が向き合っているのだが、車の通りの少ない夜明けはそれぞれがくっきりと見ることができて、キャンドルライトみたいなぼんやりとした明かりがまた美しい。

地上部分も必見

騒々しい美麗島駅の交差点の別の顔をみたような感じがする。この地上部の建物もまた必見。高雄の現代アートって台北や台南とも異なる洗練された美しさがある。

Related Post

篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅... 安曇野までやってきて、そこから大糸線で松本まで戻って、東京方面へ帰るのが一般的なルートなのだが、来た道をそのまま戻るのはつまらないと思ってしまうところがある。 なので、友人には近くの篠ノ井線の明科駅まで送ってもらい、そこから長野へ抜けてみることにした。大糸線から安曇野まで来ると途中沢山の駅にと...
星峠でみた夜明け 前から気になっていた星峠で夜明けをみてきた。 アクセスは松代の奥の方なので、泊まっていたベルナティオからだと、車で1時間近くかかる。はっきりいってすごく遠い。夜明け前にホテルを出発するときには、なんで大変な思いして行くんだろうかと自問自答したりもしたが、星峠からみえる景色をみたらそんなこと忘れ...
鳳冰果舖のフルーツは他では味わえないクオリティだと思う... 前回の台南旅行でみつけたお店で、フルーツ店の多い台南のなかでも洗練されたお店の雰囲気とか、立地のよさ含めて一番好きなところのひとつだ。 過去の記事:鳳冰果舖はいま一番台南でおすすめしたいフルーツ専門カフェ 鳳冰果舖へのアクセス 赤嵌楼から数分くらいの新美街という路地にある。この通りのあたり...
ついに行けた!武廟肉圓の絶品バーワン... 2016年5月の訪問のタイミングでお店が臨時休業していたため行けずにいた武廟肉圓へついに行くことができた。もしかしたらやっているかなとダメ元で行ってみたら普通に営業をしていて拍子抜けしてしまった。どうも前にきたときはなにか工事をしていて臨時休業中だったみたいだ。 ということで、ようやく食べられ...
小樽運河と散歩 小樽まで来たので、北一硝子からちょっと足を延ばして小樽運河まで。歩いて5分もかからないところにあってかなり近い。レンタルサイクルとかもあるけれど、坂の多い町なので歩いて回ってもいいんじゃないかなって思う。 運河沿いは幹線道路が走る郊外といったところで、写真でよく見る風景の反対側は全然情緒がない...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください