台南にあるコーヒーマニアな道南館の人たちと話をしていて、東京で浅煎りのコーヒーを楽しむなら神保町のグリッチが一番いいよねっていうことで意見が一致したことに驚いた。道南館のオーナー夫妻は東京のコーヒー店を歩き回りグリッチが一番印象に残っているらしい。

僕もここのエチオピアの浅煎りコーヒー飲んだときに衝撃をうける香りと美味しさで酸味のコーヒーの濃さが絶妙なバランスで成り立っていることに感動したくらいだ。ということで、僕のなかでも浅煎りのコーヒーということであれば神保町のグリッチコーヒーが一番美味しいって思っている。

GLITCH COFFEE&ROASTERS – グリッチコーヒー&ロースターズへのアクセス

エリアとしては神保町なのだけど、やや竹橋よりともいえるエリア。テラススクエアの裏側にあって駅から近いっていう感じはないかなあという距離。平日は朝7:30から、週末も9:00からやっているので朝の時間に少しコーヒーを飲んで過ごすというのがよさそうだ。このエリアに住んでいる人たちは幸せだろうなって思えるお店。

GLITCH COFFEE&ROASTERS – グリッチコーヒー&ロースターズについて

バリスタ世界チャンピオンのポール・バセット氏に長年師事していた方が立ち上げたコーヒースタンドでかなり強くこだわりを感じるお店。お店の白地に赤い点がついているのもちょっと日本を意識した感じなのかなと思っていて、日本から発信するコーヒー文化みたいな感じがある。神保町という古くからある街の古い建物をリノベーションした店内はあまり広くはないが居心地はいい。

焙煎もしていて、浅煎りなフルーティーなコーヒーを得意としている。豆の値段は他のお店と比較しても高いなって思ってしまうくらいだけど、値段だけの価値は提供してくれる豆だなって思える。

オーダーしてから豆をひいて一杯ずつハンドドリップで淹れてくれるスタイルは確かに台南の道南館も同じようにしていたが、ここの影響だったのかと知る。ゆっくりとした時間をかけて丁寧にいれたコーヒーを朝の時間に飲むというのは贅沢な環境だなあって感じがする。

浅煎りというと酸味を苦手にする人もいると思うけれど、ここの一杯を飲むと価値観が変わるかもしれない。それくらい美味しいコーヒーを楽しめる。

店内で飲む場合はこんな感じで提供してくれる。コーヒー豆の産地のカードつき。
食事はベーグルとかシナモンロールとか

GLITCH COFFEE&ROASTERS – グリッチコーヒー&ロースターズ
住所:東京都千代田区神田錦町3-16 香村ビル1F
時間:(平日)7:30-20:00、(週末)9:00-19:00
休み:不定休

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください