鹿島から国道を北上して水戸までやってきた。ちょうど梅が咲いている時期だったこともあり、偕楽園へ行ってみることにする。都市にある公園ではセントラルパークに次ぐ敷地で、岡山の後楽園、金沢の兼六園とともに日本三大名園として有名。

偕楽園へのアクセス

梅の時期には常磐線が特急などもふくめて目の前にある偕楽園駅に電車が到着する。ただし、東京から来るくだりのみが停車するので、帰りは水戸駅まで行かなくてはならない。

車でのアクセスの場合は、週末だと周辺の道路は混雑するものの渋滞するというほどではない。目の前にある千波湖のほとりに駐車場が多数あってどこかにとめることができると思う。茨城って観光から少し縁遠いこともあり、空いているのがいいところだ。

偕楽園について

江戸時代の1833年に徳川斉昭が作った回遊式の庭園。園内への入場は無料となっていて、ちょっとびっくりする。江戸時代から決まった日には領民にも開放されていた歴史があるらしい。裕福なところだったんだな。

かなり広大な敷地になっていて、3000本の梅が植えられているという。少し高台にある好文亭への入場は有料だが、ここから眺める千波湖の風景はきれいなので観てみる価値はあると思う。

すこし端の方には見事な竹林があり、これは弓の材料とするために京都の孟宗竹を移植したという。そこを抜けると吐玉泉(とぎょくせん)という湧き水が出てくる井戸があるのだが、これが大理石で作られた妙に現代的なところがある場所で、ほかにみていた人が「なんだか・・これじゃない感がある」とつぶやいていた。その気持ちはよくわかる。

梅は満開とまでいかず

園内ではゆるキャラ祭りみたいなものをやっていて、あちこちに着ぐるみがうろついている。なんだかゲームのモンスターみたいだ。白魚の妖精みたいなのとか、あれ斬り倒していいのかなとか思ってしまう。

祭りの進行はゆるキャラ以上にゆるくて、はた目にみていてちょっと心配になるくらい。話はずれるがここまで同じようなものがあれこれ出てきて、地方活性とか正気の沙汰かと思わなくもない。ひこにゃんとか、くまモンが出てきたあたりまでは斬新な感じがあったんだけど、その先って成功体験をコピーしまくってみんな疲弊するモデルという感じがする。

Related Post

雨の九分は美しい もう来ることはないだろうなあと思っていた九分へふたたび行くことになった。同行者たちの強い希望により行くことになったわけです。 地下鉄で忠孝復興駅に行って九分行きのバス乗り場へ。しかし、今回は人数多いし最初はタクシーに分乗しようかと思って交渉していたのだが、丁度いいタイミングでバスがやってきたの...
伝統の森での蚕祭りに参加してきた はじめてカンボジアに来たのはもうかなり前で、そのときはアンコールワットを見ては感動し、回廊に銃撃戦の跡をみつけては戦慄し、ばらばらに壊れた遺跡のなかでガジュマルの樹木に驚愕し、という感じでものすごい体験だったなといまでも思い出す。 でも、それと同時に「もう、ここ来ることはないだろうなあ」ってこ...
安平古堡へふたたびきてみた 四草綠色隧道碼頭で楽しんだあと、どうやって街まで戻ろうかなと思ったら、道路脇から捨て犬が近寄ってくるかのように1台の車が近づいてくる。あ、さっき乗ってきたタクシーじゃん。 ということで、タクシーなので自由な行動できるなと安平古堡へ行ってみることにした。 前回の訪問:安平古堡&安平老街の散...
まさに「秋はもみじの永観堂」という必見の豪華さ... 南禅寺から10分くらい歩いて行くと禅林寺という名前が本来の呼称だが、永観堂の通称で知られているお寺にやってくる。ここは「秋はもみじの永観堂」として有名なお寺らしい。僕はもともと京都にすごく詳しいわけではないが、ここには初めてきた。 拝観料は特別展だか特別期間とかで1,000円(2017年現在)...
電動自転車でいくバガン寺院めぐり バガンの寺院巡りをする際に活躍するのは電動自転車の活用になる。 自転車といっても日本にあるようなアシスト的なものじゃなくて、原付電動バイク(ペダル付き)という感じのもので、時速30キロくらいまで出すことができる。 今回の旅で僕ははじめて電動ではあるけれど、バイクを運転してみたのだが、これ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です