鹿島から国道を北上して水戸までやってきた。ちょうど梅が咲いている時期だったこともあり、偕楽園へ行ってみることにする。都市にある公園ではセントラルパークに次ぐ敷地で、岡山の後楽園、金沢の兼六園とともに日本三大名園として有名。

偕楽園へのアクセス

梅の時期には常磐線が特急などもふくめて目の前にある偕楽園駅に電車が到着する。ただし、東京から来るくだりのみが停車するので、帰りは水戸駅まで行かなくてはならない。

車でのアクセスの場合は、週末だと周辺の道路は混雑するものの渋滞するというほどではない。目の前にある千波湖のほとりに駐車場が多数あってどこかにとめることができると思う。茨城って観光から少し縁遠いこともあり、空いているのがいいところだ。

偕楽園について

江戸時代の1833年に徳川斉昭が作った回遊式の庭園。園内への入場は無料となっていて、ちょっとびっくりする。江戸時代から決まった日には領民にも開放されていた歴史があるらしい。裕福なところだったんだな。

かなり広大な敷地になっていて、3000本の梅が植えられているという。少し高台にある好文亭への入場は有料だが、ここから眺める千波湖の風景はきれいなので観てみる価値はあると思う。

すこし端の方には見事な竹林があり、これは弓の材料とするために京都の孟宗竹を移植したという。そこを抜けると吐玉泉(とぎょくせん)という湧き水が出てくる井戸があるのだが、これが大理石で作られた妙に現代的なところがある場所で、ほかにみていた人が「なんだか・・これじゃない感がある」とつぶやいていた。その気持ちはよくわかる。

梅は満開とまでいかず

園内ではゆるキャラ祭りみたいなものをやっていて、あちこちに着ぐるみがうろついている。なんだかゲームのモンスターみたいだ。白魚の妖精みたいなのとか、あれ斬り倒していいのかなとか思ってしまう。

祭りの進行はゆるキャラ以上にゆるくて、はた目にみていてちょっと心配になるくらい。話はずれるがここまで同じようなものがあれこれ出てきて、地方活性とか正気の沙汰かと思わなくもない。ひこにゃんとか、くまモンが出てきたあたりまでは斬新な感じがあったんだけど、その先って成功体験をコピーしまくってみんな疲弊するモデルという感じがする。

Related Post

エスカダリア ド セラロンはリオデジャネイロの新名所、美しい階段は必見... ラパ広場からサンタテレーザの丘に向かってのびている階段のうち、その美しさにおいて世界的に有名になった階段がある。 「エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)」はポルトガル語で「セラロンの階段」の意味で、チリ人アーティストのJorge Selarón(ホルヘ・セラロ...
花よりビリヤニな千鳥ヶ淵の桜とインド大使館のフェスティバル... 千鳥ヶ淵の桜を観に行ったら、まだあまり咲いていなかった。しかし、九段下のインド大使館では「さくらフェスティバル2016」をやっていたので、これはいかなくては!と訪問。 これってまさに花より団子みたいな状態。とはいえ、インド大使館のこのイベントは面白いので外せない。都内のインド料理の名店が大使館...
旅の締めくくりはここ「たくさんの失われた窓のために」... 今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。 いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。 鉄枠にカーテンがかけられ...
赤い睡蓮の海に船を漕ぎ出す – クンパワピーのタレー・ブア・デーン... 今回のタイ旅行のメインともいえるもの。ウドンタニの郊外にあるクンパワピーという場所に「赤い睡蓮の海」というタレー・ブア・デーンという湖がある。毎年12月から2月上旬の明け方にかけて、水面を覆い尽くすように蓮の花が咲く風景は幻想的そのもの。 クンパワピーまでの行き方は、ウドンタニでバイクを借りよ...
蓮は泥より出でて泥に染まらず – 不忍池の蓮... 「蓮は泥より出でて泥に染まらず」というのは中国のふるいことわざだけれど、もはや蓮の葉っぱが生い茂り、泥がみえなくなっている不忍池の蓮池をみてきた。というか、通りかかったら咲いていたので、しばし眺めていた。 僕のなかでの蓮の定番は川村記念美術館の大賀蓮で、これは毎年6月下旬から7月上旬が花の盛り...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください