偕楽園のすぐ隣にあって、偕楽園の高台から眺めると美しい風景がひろがる千波湖。水戸まできたら、庭園だけじゃなくてこちらの湖を散歩してみるのも楽しい。僕としては偕楽園よりもこっちの方が面白いと思うくらい。

千波湖はダイダラボッチの足跡だとか、じつは沼じゃないかとか色々あるけれど、とりあえず現状は湖である。しかし、池みたいな広さだとも思える。

水深はかなり浅そうで、ほとりに立ってのぞき込むとすぐに底が見えるくらい。どうも、戦後すぐには水を抜かれて水田だった時期もあるみたいだ。

そんないきさつもある、全体的に水深がだいぶ浅いので、湖面の波がすごく穏やかな場所となっている。湖をぐるりと巡ると3キロくらいになるみたいだ。なので、駐車場に車とめて少し散歩するくらいで充分楽しい。

すぐ近づいてくる
群がってくる

湖畔にはスワンボートがあって乗ることもできるのだが、それ以上に面白いのがここには白鳥が常駐しているということだと思う。2月にはのんびりと湖面を泳いだりしているし、ゴールデンウィークの頃には湖畔にあがって子育てをしている姿、雛をみることもできる。

白鳥に限らず、ここの水鳥たちはかなり人慣れしていて、レジ袋みたいなのをもって湖畔にたっているだけで白鳥がふらふら近寄ってきて、それにつられてほかの鳥たちも集まってくる姿は、なんだか暴走族に囲まれているみたいでちょっと恐い。レジ袋をもって湖畔に近づき、白鳥たちを無駄に誘惑してはいけない。

以前は冬に訪れても餌を売っている人がいたりしたのだが、今回の旅ではそれを見つけることができなかった。鳥たちとの間でトラブルでもあったのだろうか・・・。あまりにも人に馴れすぎていることもあり、少し注意が必要だとは思うが普通に歩いている分には干渉し合わないくらいの距離感。

なにより、こののんびりした風景が面白いのです。偕楽園ほどに人も賑わっていないし、地元の人と一緒にのんびりと散歩したりするのもまた楽しいと思う。

千波湖

Related Post

水戸であんこう尽くし!「郷土料理 山翠」であんこう料理... 冬の茨城まで来たら気になるのは鮟鱇(あんこう)料理。あんこうの本場は水戸よりも海側の大洗の方なのだけど、水戸にも名店と呼ばれるところはあって山翠はなかでも地元料理の人気店になっている。 できれば予約をした方が安全だとは思うが、今回は早めに訪れたら予約なしで入れたのは幸運だった。帰りがけにはお店...
江の島を散歩 新江ノ島水族館の前のビーチサイドを散歩してみる。恐ろしく澄んだ秋の空が気持ちいい。都内から眺めるよりちょっと大きめな富士山が湘南に来ているんだなあって思う。 そのまま江の島の方へ向かって行き、橋を渡って江ノ島へ行ってみることにした。新江ノ島水族館や江ノ電の駅からは歩いて10分くらいで江の島へと...
ワット チェディルアン – チェンマイで最もおすすめしたいスポット... もし、チェンマイにやって来たのに、どこかひとつだけしか訪問するところしか時間がないという状況であれば、僕ならば迷わずワット チェディルアンに来ると思う。 チェンマイの旧市街のなかにあり、かつてここが都であった頃の中心となっている寺院。巨大な仏塔があるのだが、16世紀に起きた地震によって一部崩壊...
水戸芸術館で開催していた石川直樹個展「この星の光の地図を写す」を観てきた。... 今回の旅における大きな目的のひとつは、水戸でやっている石川直樹の個展を観にいくこと。ちょっと意外だったのは初の大規模個展ということだ。登山家や探検家として有名になった人だけど、僕が思う印象は人を撮るカメラマンという感じ。 グラビア写真を撮るということではないけれど、各地を旅していきながら人を撮...
台湾の古きよき雰囲気が残る四四南村... おしゃれで近代的な信義エリアの台北101ふもとに残る古い街並み。もともとは中国本土からやってきた人たちが定住して暮らしていたエリアだったのだが、再開発で移住して建物と街並みだけが残った場所。 いまでは、展示館とか「好丘 Good Cho’s」みたいなお店が入っていたりしていて、古さと新しさが混...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください