偕楽園のすぐ隣にあって、偕楽園の高台から眺めると美しい風景がひろがる千波湖。水戸まできたら、庭園だけじゃなくてこちらの湖を散歩してみるのも楽しい。僕としては偕楽園よりもこっちの方が面白いと思うくらい。

千波湖はダイダラボッチの足跡だとか、じつは沼じゃないかとか色々あるけれど、とりあえず現状は湖である。しかし、池みたいな広さだとも思える。

水深はかなり浅そうで、ほとりに立ってのぞき込むとすぐに底が見えるくらい。どうも、戦後すぐには水を抜かれて水田だった時期もあるみたいだ。

そんないきさつもある、全体的に水深がだいぶ浅いので、湖面の波がすごく穏やかな場所となっている。湖をぐるりと巡ると3キロくらいになるみたいだ。なので、駐車場に車とめて少し散歩するくらいで充分楽しい。

すぐ近づいてくる
群がってくる

湖畔にはスワンボートがあって乗ることもできるのだが、それ以上に面白いのがここには白鳥が常駐しているということだと思う。2月にはのんびりと湖面を泳いだりしているし、ゴールデンウィークの頃には湖畔にあがって子育てをしている姿、雛をみることもできる。

白鳥に限らず、ここの水鳥たちはかなり人慣れしていて、レジ袋みたいなのをもって湖畔にたっているだけで白鳥がふらふら近寄ってきて、それにつられてほかの鳥たちも集まってくる姿は、なんだか暴走族に囲まれているみたいでちょっと恐い。レジ袋をもって湖畔に近づき、白鳥たちを無駄に誘惑してはいけない。

以前は冬に訪れても餌を売っている人がいたりしたのだが、今回の旅ではそれを見つけることができなかった。鳥たちとの間でトラブルでもあったのだろうか・・・。あまりにも人に馴れすぎていることもあり、少し注意が必要だとは思うが普通に歩いている分には干渉し合わないくらいの距離感。

なにより、こののんびりした風景が面白いのです。偕楽園ほどに人も賑わっていないし、地元の人と一緒にのんびりと散歩したりするのもまた楽しいと思う。

千波湖

Related Post

ホアンキエム湖さんぽ ハノイの市街地にあるホアンキエム湖。周囲は公園になっていて、都会のオアシスみたいな風情になっている。以前は、ここを少し歩くだけで物売りとかがうるさかったのだけど、いまでは外国人でも静かに散歩できるようになったんだなというところ。随分と治安がよくなったような気がする。 今回泊まったホテルからホア...
冬の松本を散歩する こういう路地が好き 旅をしていて好きな街ってあるものだけど、松本とはまさにそんなところで、ほどよい街の大きさや雰囲気が好き。 どの季節に訪れても楽しいのだけど、オフシーズンである冬は空気も澄んでいて、人は少ないけれど街歩きには楽しい。 今回の旅では、小淵沢からローカル線でやってき...
台南週末旅2014 街中にあった郵便箱 別に週末を利用してというわけじゃないけれど、2014年のゴールデンウィーク後半を利用して台湾を旅してきた記録の台南編。 ちょうど台南を旅していたタイミングが週末にかさなっていて、賑わう台南を旅してくることになった。 週末の台南は混雑という感じじゃなくて、活気が...
水戸の偕楽園で梅を愛でて、ゆるキャラに絶句する... 鹿島から国道を北上して水戸までやってきた。ちょうど梅が咲いている時期だったこともあり、偕楽園へ行ってみることにする。都市にある公園ではセントラルパークに次ぐ敷地で、岡山の後楽園、金沢の兼六園とともに日本三大名園として有名。 偕楽園へのアクセス 梅の時期には常磐線が特急などもふくめて目の前にある偕...
「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」を体験してきた... 今回の信州旅行において、サイトウキネンと並ぶハイライト。信濃大町で毎秋に開催されている三蔵呑み歩きというイベントに行ってきた。 信濃大町の商店街を中心に半径500mくらいのところに日本酒の酒蔵が三軒あって、イベントの日には参加証を兼ねた専用のおちょこを購入して、各酒蔵を巡りながら、日本酒を飲ん...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です