冬の茨城まで来たら気になるのは鮟鱇(あんこう)料理。あんこうの本場は水戸よりも海側の大洗の方なのだけど、水戸にも名店と呼ばれるところはあって山翠はなかでも地元料理の人気店になっている。

できれば予約をした方が安全だとは思うが、今回は早めに訪れたら予約なしで入れたのは幸運だった。帰りがけにはお店の外まで行列になっていた。

郷土料理 山翠へのアクセス

水戸市街の中心部にあるが水戸駅からは結構遠い。偕楽園からも駅からも2キロ近くあるので徒歩ではなくて車移動が便利だと思う。

石川直樹の展示をみた水戸芸術館からは徒歩数分のところで、今回は芸術館の駐車場に車をとめて歩いて向かった。まわりには駐車場も多いので車をとめる場所には困らないんじゃないかと。

郷土料理 山翠について

地元の料理の専門店であり人気店。水戸で茨城の料理ということであれば山翠に来る人が多いみたいで、地元の人のほかに観光客も多く、週末はかなり混み合っている印象。できれば予約をしておいた方が安全だと思う。

冬であれば定番なのは鮟鱇料理。あんこうが苦手な人には地鶏などもあるし、納豆料理もまた美味しい。今回は納豆の天ぷらの他はあんこう尽くしにしたのだけど、納豆のてんぷらは結構美味しかったが家では作らないかなあ。

納豆のてんぷら。美味しいんだけど。。

そしてメインの鮟鱇料理。海のフォアグラともいう冬の「あん肝」は脂がのっていて、とろみすら感じる濃厚な味わい。車で来ていたのでお酒が飲めないのが本当に残念だ。あん肝をうまく使ったあんこう鍋もまた東京で食べるものよりも美味しいし、ちょっと手頃な金額で食べることができる。このこってりした感じがあんこう鍋の醍醐味だよな。

あんこう鍋
しめに雑炊にしてもらえる

あんこうの柳焼き

そして、今回食べた料理のなかでもっともインパクトがあって美味しかったのは鮟鱇の柳焼きというもの。数量限定で値段は時価となっていたので、どきどきしながら聞いてみたのだが、この日の鮟鱇はそれほど大きくなく2300円というので迷わず注文。柳焼きとは、あんこうのなかで一番美味しいというほほ肉を焼いて食べる料理で出てくるまで結構時間がかかるのだが、鮟鱇の頭がそのまま出てくるインパクトはかなりある。

ほほ肉はマグロのカマみたいにプリプリした食感があり、これはもしかしたら好みが分かれるのかもしれないが僕は好きな料理だな。酒飲みが好みそうな料理だ。日本酒が飲みたくなる。あんこうの歯はすごく鋭くとがっていて手でつかむと痛いくらいなので食べるときには注意が必要。

裏返したりして、しっかり食べきったのだがかなり満足感があるし、ここに来ないと食べられない料理だと思う。状況によっては注文できないこともあるみたいなので運の問題だが、あれば必ず頼んでみてもらいたい。

あんこうの柳焼き
正面からみるとこわい
一心不乱に食べきった

水戸で茨城料理を心ゆくまで堪能するならば山翠の料理は美味しいと思う。できれば電車できてお酒の飲みたかった。

郷土料理 山翠
住所:茨城県水戸市泉町2丁目2−40
時間:11:00-14:30,17:00-22:00
休み:火曜日

Related Post

金峰魯肉飯で朝から魯肉飯 台北週末旅の最終日、というか二日目。朝食に悩んでいたのだが、ホテルからそれほど離れてなかったので、金峰魯肉飯に行ってみることにした。ひさびさの訪問なのだが、ここの魯肉飯は本当に美味しい。 過去の訪問:金峰魯肉飯は魯肉飯的世界の最高峰 金峰魯肉飯へのアクセス MRT中正記念堂駅のすぐ...
クアラルンプール最大の屋台街のジャラン・アローで夕食を楽しむ!... ペトロナスタワーでのんびりと噴水をみたあとは、少し早めだけど夕食を食べにクラアルンプール最大の屋台街であるジャラン・アロー(Jalan Alor)へ行ってみることにした。 原宿と新宿を足したような繁華街のブキッ・ビンタンというエリア。そのなかで、歩いて数分くらいの小さな裏通りであるジャラン・ア...
金峰魯肉飯で朝食のつづきを食べる 早朝に起きて阜杭豆漿で朝食を食べたこともあり、台北の朝はまだ7時半くらい。7月の台北では、そろそろ暑くなってくる時間だけど天気もいいし、気持ちがいい日曜日の朝だ。 というところで、旅の同行者から「台湾といえば魯肉飯が有名だけど、まだ食べていない」といわれたこともあり、腹ごなしの散歩をしながら金...
鹿児島空港の三階エアポート山形屋「彩華」に行ってみた... 前回の鹿児島空港では、二階にある山形屋のレストランで「しろくま」を食べただけなのだが、次は三階のレストランに行って薩摩料理を食べてみようと思っていた。 前回の訪問:鹿児島空港と空港レストラン、そして「しろくま」を食べる そのためにちょっと早めに空港についてチェックインも済ませて三階のレス...
モダンガストロノミーを手軽に!セララバアド、2017年冬メニューを体験してきた。... 2016年秋の訪問から数ヶ月経ち、2017年の冬メニューを楽しんで来た。去年の冬メニューより値段が上がっていることもあるが、それ以上により手間のかかった驚きと美味しさが体験できる。 新しい料理のジャンルとしてすごい面白いモダンガストロノミーと日本の食材をいかした組み合わせが好きなレストランだ。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください