渋谷にこんなところあったんだというくらい静かな桜丘エリアにある蕎麦店。渋谷駅から賑やかな通りを代官山方面に10分くらい歩くので少し面倒ではあるが、手頃な価格帯で静かに飲めるお店は貴重な存在だ。

お店の雰囲気は割烹料理か小料理店かという感じで、ちょっと高級感がある。テーブル席やカウンター席にくわえて、広めの個室もあるので会食に利用できるのがいい。結構ちゃんとプライベートな空間になっているので静かに料理を楽しむことができる。

料理は旬の食材を活かしたメニューで、量を楽しむというよりは日本酒と一緒にゆっくり味わいを楽しむというスタンス。燻製なども美味しい。ただし、がっつり丼物があるとか居酒屋定番メニューがあるとかいうのではないので、お酒を飲めないと会食にもならないかもしれない。

麩を焼いたやつ。お酒にあう。
刺身は普通に美味しいが量は少なめ
基本的にこういうので飲みながら過ごす感じ
日本酒の種類は結構ある
蕎麦を食べることを忘れなきよう

シメは蕎麦になるのだが、これもまた上品な盛り付けで風味を楽しむくらいに留まる。普通に美味しい蕎麦だ。

大人になって蕎麦屋で飲むのが夢だったという人にはいいと思うし、なにより手頃な価格で雰囲気のいい個室で料理が楽しめるというのは渋谷界隈では貴重な存在。駅から少し離れているものの、値段以上の価値はあると思う。

手打ちそば 炙 多心
住所:渋谷区桜丘町21-4桜丘町ビル1F
時間:18:00-26:00)
休み:日、不定休

Related Post

お好み焼き ゆうゆう – 地元でも観光客にも人気のお店... 広島カープの最終戦を観に行ったのだが、雨で中止となってしまい、お好み焼きでも食べるかと思い立って入ったお店。夕方の比較的早い時間に入ったので、お店はがらがらだった。 あとで、地元の人に教えてもらったのだが、お好み焼きというのは飲んだ後のラーメンみたいなもので、二次会に利用する場所らしい。なので...
築地場外の「高はし」で食べるあなご丼... 築地市場に友人がいるのだが、なかなか訪れる機会がなくようやく行くことができた。週末に訪れたのだけど、市場で働く人たちはビデオの早回しを見ているかのように動いている。市場は古い歴史をもっていることもあり、東南アジアとかの市場を彷彿とさせる賑やかさ。面白いところだよなあ。 「高はし」へのアクセス...
三島由紀夫が最後の晩餐をしたことでも有名な新橋の末げんは親子丼でも有名なところ... 新橋駅のSL広場からすぐのところにある鳥割烹の老舗は、三島由紀夫が自決する前に最後の晩餐をしたところとしても有名なお店となっている。三島由紀夫が食べたのは鶏鍋がついている夜のコース料理なのだけど、新橋の外の喧噪が無縁な静かな店内で食べるランチもまたいいものだ。   お店の外観...
安曇野翁でざるそば、いなかそばの食べ比べしてみた... まさかこんなに早くふたたびここの蕎麦を食べることができるなんて、と自分でもちょっと驚いた。上高地をあとにして、地元の人たちとランチはどこにしようかなって話しをしていたのだけど、それじゃあちょっと遠いけれど安曇野の蕎麦屋にしようかっていうことになって連れてきてもらったのは9月に着たばかりの安曇野翁だっ...
和田浦の「笑福」は隠れた名店だと思う... お店の外観は小屋みたい 千葉の南房総にある和田浦地区、ここは抜群に美しいビーチがあってときどき訪れているのだけど、まさかこんなに美味しい料理店があるとは、と改めてびっくりした。 場所は和田浦港のすぐ目の前にある。小さくて鄙びた漁港は海の色も鮮やかで美しい。そんな漁港の片隅にあるのだが、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください