僕のなかでは、いい意味で「デブ専用ピザ」というネーミングを勝手につけているシカゴピザ。そして、その専門店であるデビルクラフト。都内では新橋と浜松町のお店には通いたくなる好きなのだが、五反田にもできたと聞いて気になっていた。

メニューに違いはないのだが、ここはやはり行っておかなくてはならない。という気持ちで行ってみたのだが、他の店舗に比べるとスペースもゆったりしていて、そしてなにより空いていた。立地のせいもあるのかもしれないが、五反田店は結構穴場のお店なのかもしれない。

デビルクラフト五反田店へのアクセス

五反田駅からすぐのところにある。JRの駅を出てTOCの方へ向かう大通りを渡ってすぐの雑居ビルの9階にある。とりあえず前日に予約して行ったのだが、同じエレベーターの人は予約なしで普通に入れていた。

他の店舗ではありえない。まだあまり知られていないのだろうか。そして、ビルの9階というのが意外と分かりづらいということもある。入口近くにはスタンディングバーがあり、混雑時にはそこでビール飲みながら待つこともできるようだ。

デビルクラフト五反田店について

なんていうか、キッシュみたいな形状の中身までぎっしりと肉とチーズが入っているカロリー玉みたいな料理をシカゴピザというのだが、デビルクラフトはその専門店として人気がある。これだけしっかりと美味しいシカゴピザが食べられるお店というのは東アジア圏においては珍しいんじゃないだろうか。

という事情もあってなのか、店内は英語を話す外国人比率がかなり高い。浜松町ならばそれも分かるが、五反田のお店でも同じように外国人比率が高いのはちょっと驚きだ。

ドリンクは日本を中心としたクラフトビールが美味しい。品揃えとしてはそこら辺のクラフトビールのお店よりも充実しているような気がする。値段も安くはないが、不当に高い感覚もないので存分に飲んでみるのがいいと思う。

ドリンクはクラフトビール

そして、なによりシカゴピザ。オーダーしてから出てくるのに時間がかかるので、始めにオーダーしておくのがいい。ある程度人数がいても、Sサイズにしてあれこれ食べるのがいいかなあって思うのだが、これは食べっぷりの実力と人数によるかも。僕が思うのは、ほかのお店でも書いたのだが、野菜系のピザだとまわりの生地が少ししんなりと湿ってしまうような気がして、ここはもうカロリーとかダイエットとか健康のことは忘れて、肉とチーズを思い切り楽しむのがいいような気がする。

チキンもうまい
そしてシカゴピザ!

肉とチーズだらけのピザを力いっぱい食べるのが幸せだ。単品だとフライドポテトというこれまたジャンクなものが美味しい。

忘れてはならないのだがデザートの存在。他の店舗と同じラインナップなので代わり映えはないけれど、ぎっしりと重量感のあるチーズケーキは食べ応えがあり、そしてダイエットの神様からバチがあたりそうなボリュームだ。ここまで平らげてこそのデビルクラフトの旅路だな。

たまにはこんな夜を過ごしてみるのも楽しいものです。

デザートまでがんばっていくのがいい

デビルクラフト五反田店
住所:東京都品川区西五反田2-7-8 誠實ビル 9F
時間:[月~金] 17:00~23:00(フードL.O.22:00 ドリンクL.O.22:30) [土] 15:00~23:00(フードL.O.22:00 ドリンクL.O.22:30) [日] 15:00~22:00(フードL.O.21:00 ドリンクL.O.21:30)
休み:不定休

Related Post

【閉店】五反田の都々井で寿司は幸せなファーストフードなのだと気づく... 五反田ではおにやんまに行くか、ここに行くかで悩むお店。どちらも立ち食いで 手軽なことには変わりがないのだが、お酒も飲みたいなってことになると都々井に足が向くことになる。 もちろん、都々井行ってからそのあと、うっかり「おにやんま」で立ち食い的二次会をすることもある。もう・・痩せるヒマがない...
上海小吃で上海蟹ナイト 日本でもっとも怪しいレストランのひとつである上海小吃。歌舞伎町のほぼ中心街に近いところにある。まず、お店に行くまでの道でひとつの物語が書けそうなくらいだ。 各種ナイトクラブとかがある通りの看板に「客引きは100%ぼったくりで違法です」と書かれているのだが、その通りは客引きでひしめき合っている。...
お多幸で「関東おでん」と「とうめし」を食べてきた... 冬とはいわずいつでも食べたいのが「おでん」。そうなのです、僕はおでんが好きなのです。口に喋ったときの語感も好き。 東京でのおでんは色々あるけれど、値段も手頃で老舗の安定感ということでいえばお多幸ってことになる。 日本橋の本店は予約を受け付けてくれないけれど、そのかわりに少人数であれば急な...
Aroma 2(バガン)はビルマ料理に飽きたらおすすめのインド料理レストラン... スタッフは美男美女そろい ミャンマー料理(ビルマ料理)はピーナッツの油を多用しているのと、味付けが単調なこともあり、わりとあっさりと食べ飽きてしまうことがある。茶葉料理はおいしかったのだが、さすがに飽きてしまって、かつ夕食に訪れたA Little Bit of Baganがあまりにひどかった...
門前仲町でコストパフォーマンスのいい薩摩料理を楽しむ「さつま料理 いづろ」... 週末前の金曜日の夜、門前仲町で飲みに行こうとしていて見つけたところ。取りたてて美味しいわけではないけれど、気軽でなにより下町価格な安さと手頃感がいい。 アクセス お店は門前仲町駅からかなり近く。メトロの2番階段から出て、裏手の通りにいって2分くらい。まわりはいい感じの飲み屋がそろっている...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください