東京のはずれにある立石はせんべろの聖地として有名な街になっている。かなりラディカルな感じで昔気質のお店が多いのだけど、思っているほど敷居が高いわけでもなく、一見さんでも楽しめるのが人気なんじゃないかと思っている。

そんななかでも、立石駅の駅前にある鳥房はかなりの有名店で開店前には行列ができるほどのお店。ローカルルールがあるお店だけど、下町ならではなアットホームな雰囲気ふくめて、立石めぐりの一軒目に訪れるには満足感が高いお店だなって思う。

鳥房へのアクセス、並び方

京成立石駅からすぐのところ。商店街に大きな看板が出ているのですぐにわかるかと思う。表通りは精肉店となっていて、お店は横道にはいったところに出入口がある。小さなベンチが置いてあり、開店前には平日でも30分ほど前から並びはじめる。

酔ったお客は入店不可ということと、料理が出てくるまで時間がかかるので二巡目以降は時間がよめないということもあり、多少並んでも開店と同時に入店した方がいいと思う。

鳥房について

  • いくつかのローカルルールがあるのだが、これもまたおもしろい(と思える心構えが必要)。
  • 酔った客は入店不可。これは結構厳格に運用されている。
  • 相席当然。結構窮屈な感じ。
  • お客は一人一皿「若鶏唐揚げ」をオーダーすること。

これらのルールはわりと合理的な理由があり、狭い店内で知らない人同士なのに、みんなで旅館の宴会みたいな状況で膝つけ合わす距離感で飲み食いするので、酔った客がいるとトラブルのもとになりそう。

そして、それほどメニューが多くないので若鶏唐揚げを食べないと、ほかにあまり食べるものがないということもある。なので、唐揚げを食べるために、しらふでお店にやってくる、というのがこのお店を訪問するためのスタイル。

ビールとお通しの鶏皮生姜煮
ぽん酢刺し

それにしても、唐揚げっていうけれど、ここの唐揚げは鶏の半身がそのまま出てくるのでインパクトがある。値段は時価となっていて、お店のオーダーをとるときに大中小の値段をいうのだが、中くらいで充分満足できる量だな。なんなら小でもいいかもしれない。それでいて600-800円くらいなので、立石のなかでは高価格帯なものの普通に考えると激安だ。

お酒はビール、日本酒、よくわからないワインっぽいものくらい。レモンサワーとか頼もうとすると「うちは居酒屋じゃないんだから、ないよ」って店員さんに説教されます。日本酒とワインっぽいものは案外酔っ払いそうな感じなので、ここは大人しくビール一択くらいが無難なところだな。

店員さんは都内屈指のツンデレな接客で、はやく頼みなよ!とかいうわりには若鶏の食べ方に苦戦していると「ほら、よく見てな」ってことで解体を手伝ってくれたりする。結構いい人達なのです。そして、知らない物同士のお客さんがみんな一緒に同じように唐揚げを食べているのは不思議な光景。大家族の食卓みたいだ。みんないい大人ばかりだけど。

若鶏の唐揚げ
これを分解して食べるのです

オーダーは若鶏唐揚げは必須で、唐揚げが出てくるまで時間がかかるので、ぽん酢刺しをあわせて注文するのがおすすめです。鳥刺しに葱とぽん酢がたっぷりとかかって出てくるので、これがまたお酒にあう味なんだよな。頼まない理由はない。そしてお通しには鶏皮の生姜煮が出てくるので、まずはこういうのをつまみながら、ビールをちびちびやりながら待つ。

若鶏唐揚げはどーんと出てくる。紙が一緒に出てくるので、これで半身の鳥を六カ所に分離するのだが、どうやってやるのだろうかとオタオタしていたら見かねたお店のお姉さんがあっという間に分解してくれた。まわりの人たちは見よう見まねでやっていたが、これが結構難しい。しかし、部位毎にわけて食べると軟骨とかもしっかり味わえてこれが美味しい。

こんな下町ならではの雰囲気と、鳥の美味しさがあっての人気店だよなあって思う。一軒目で結構なボリュームを食べることになるけれど、タイミングがあえば是非とも行ってみてもらいたいお店だ。

鳥房
住所:東京都葛飾区立石7丁目1−3
時間:16:00-売り切れ次第
休み:火曜日

Related Post

「ホルモン屋」のアットホームな雰囲気に癒やされる。... ホルモン屋があちこちにある京成立石のなかでもトップクラスに美味しい。そして敷居がひくくて接客も気持ちがいい。ほかでお酒飲んでいると入店不可なので、立石の一軒目に訪れたいお店だ。 「ホルモン屋」へのアクセス 京成立石を降りて青砥方面に歩いて行ったところにある。青砥に向かって線路の右側、上り方面の線...
立石のおでんやは名前そのまんま「おでんや」さんでした。... 立石の北側にある「呑んべ横丁」の看板横にある路地を入ったところでひっそりとやっているおでん屋さん。名前はそのまんま「おでんや」なので、ちょっと探しづらい穴場なお店だ。映画のセットみたいにちょっと小さな扉は建て付けが悪くて開けづらい。貼り紙がしてあって「グッとあけてください」というので、その通りに気合...
お腹いっぱいでも食べられてしまう絶品餃子。立石の蘭州で最高にうまい水餃子を堪能する。... せんべろな飲んべえの聖地である立石において、蘭州の餃子も外すことができない人気店だ。ランチ営業はしていなくて、夜しかやっていない中華料理店なのだけど、平日でも混雑していてお店の前に待つことになる。大人数で行っても入れないと思うので、立石めぐりをするときは少数精鋭でのぞみたい。 お店の場所は立石...
ひとりでさくっと飲むのに最適な「毘利軒」(立石)の串かつ立ち呑み... お酒を飲んでいると入店できないお店がある立石のなかでは、ハシゴ酒に対応してくれるカジュアルな立ち呑みスタイルのお店。立石駅の南口を降りて線路沿いに青砥方面へ少し行ったところにあるのだが、ここら辺はやたらと道路と電車の距離が近い気がする。かなり迫力ある電車の通過を体験する。 毘利軒はL字型のカウ...
立石の良心みたいな「江戸っ子」はせんべろ初心者にも優しい... 立石の居酒屋のなかには「お酒飲んできた人は入店不可」というところが結構ある。1,000円あれば文字通り泥酔できてしまうから、面倒なことに巻き込まれたくないお店としても自衛的な処置だとは思う。でも、ちょっとでも有名になるとそういうスタンスのお店が増えてきてしまい、お店を選ぶ方としても面倒だなあって思え...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください