立石を飲み歩いているときに看板とお店の雰囲気が全然違うところがあり、これは閉店した店舗で内輪で飲んでいるのかと思っていたくらい。

でも、何度か通るうちにどうやら赤提灯もあるし、小さい看板もあるのでお店らしいと気づく。お店の看板は天ぷらやなのだが、店先にある赤提灯の「中みっちゃん」というのがこのお店の名前。相撲の番付表が飾り付けられたりしていていて、このお店のご夫婦なのだろうか、お二人が相撲好きらしい。

夜の時間にお店に入ったのだが、お客さんは数名程度。お客さんだと思ったおばさんがお店の人だった。ふたりで一心不乱にクロスワードパズルを解いていたのだが、そこを邪魔して料理とかもらってしまった。

料理は一品ごとの量が多くて満足度が高い。コブクロがおすすめとのことだが、それ以外には「なめろう」がボリュームも多くてお酒がすすむ。最初はレモンサワー飲んでちらっと飲んで帰ろうかと思ったくらいなんだが、追加で日本酒も頼むことにする。菊正宗のお酒は高いわけではないが、意外と美味しい。

そしてなにより知り合いの家にいるみたいな居心地の良さなんだよなあ。立石商店街の隠れ家的で穴場なお店だと思う。最近、店じまいが早くなったのがちょっと残念だがまあ仕方がないか。人気店だけではなく、こんな緩いお店もあるのが立石の魅力なのだよな。なにしろ、結構のんだが2,000円もしなかった。

中みっちゃん
住所:東京都葛飾区立石4-26-8
時間:夕方-20:00過ぎくらい
休み:不定休

Related Post

多幸坊(門前仲町)は質の高い料理とお酒が楽しめる落ちついた居酒屋... 門前仲町界隈の居酒屋で一番好きなところ。もっと有名なところも沢山あるけれど、騒がしいしせわしないので、ゆっくり落ちついて料理とお酒を楽しむのであれば多幸坊がおすすめ。裏通りにある古きよき居酒屋という言葉がぴったりするいいところだと思う。 多幸坊へのアクセス 東京メトロの門前仲町駅から徒歩...
赤垣屋は川端二条で予約必須の古典居酒屋の名店... 三条 御幸町でGEARの舞台をみたあと、のんびりと商店街のなかを散歩しながら歩いて行き鴨川べりに出てきた。そこからちょっと北にあがったところにある赤垣屋を友人が予約しておいてくれたので訪問。 店内は時代劇に出てくるかのような古めかしい飲み屋で、こんなところにって場所に席が用意してあったりもする...
「立ち呑 こひなた」は1,000円あれば飲みに行ける新橋のディープな居酒屋... 新橋駅の汐留口の方にある新橋駅前ビル。このサラリーマンのためのテーマパークみたいなビルには「ビーフン東」やうどんの「七蔵」といった名店が入っているのだが、今回このビルが1号館と2号館に分かれていることをはじめて知る。 1号館の地下一階を通り抜け、JR線と都営浅草線をつなぐコンコースのはさんで向...
大福 – 通な雰囲気の広島お好み焼屋さん... 街を歩いていて、Google Mapで発見。こんな場末のスナックとかあるような雰囲気のところにあるのか?と思ったら本当にあった。 カウンターだけのお店で、すっごい無口な男性の方がひとりでもくもくと焼いています。肉玉そばが450円で瓶ビールが500円。1,000円で満足できるというステキなお店。...
酒蔵 秩父錦 – 建築的な価値からも雰囲気がよい居酒屋... 東銀座の方にある時代劇に出てきそうな古めかしい建物。ここが木挽町と呼ばれていた昭和初期のものということで、昔は炭屋だったらしい。いかにもっていう雰囲気がある。 ここの座敷は好きなのだけど、5人以上いないと開放してくれないのが残念。それでも、カウンターの席もまた雰囲気があって好きなところ。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です