せんべろ聖地の立石のなかでちょっと穴場な「れとろ」は天ぷらが売りのお店。ここは好きなところのひとつだな。

立石らしさが残っているカオス「呑んべ横丁」のなかにあるお店。薄暗い路地に入るにはややハードルが高いけれど、お店は明るくて開放的なので路地に入ってしまえばお店には入りやすい。入り口にある「おでんや」から少し奥に入ったあたりにある。

お店は10人くらいは入れそうな感じで一部は座ることも可能だが、基本的には立ち飲みとなっている。トイレは横丁の共同トイレを利用する。

吞んべ横丁のなかにある

ここはせんべろには珍しく、しっかりとした天ぷらをいただける飲み屋で、それだけでこのお店の価値が高い。もちろんミシュランの星付きと比べるのは分野が違うなって思うけれど、さくっと揚げたての天ぷらを手軽に食べられるというのはうれしいものだ。

天ぷらは結構いろんな種類があって、海老とかイカとか定番ものも美味しそうだが、すでに何軒かはしごしてきたこともあり、今回は少し変わり種のシソやソーセージ、春菊などを頼んでみることにする。一人客が多くてあまり干渉されることもないので、ぼけーっとレモンサワーとか飲んでテレビを眺めながら過ごす時間は、なんだかとてもいい感じに過ごすことができる。

天ぷらも家で作ることなんてまずないので、揚げたてをすぐにかじりつけるのがいい。春菊の苦みがお酒と合うなあ。ソーセージとかジャンクなものはちょっと油っぽいと思えるが、これは僕がもうお腹いっぱいになっていたからだろうな。

存続が危ぶまれる「呑んべ横丁」ではあるけれど、おでんやとともに古き良き立石が残っている素敵なお店だ。

れとろ
住所:東京都葛飾区立石7-1-6
営業時間:18:00~翌1:00
定休:不定休

Related Post

「立飲みカドクラ」はアメ横せんべろトライアングルの代表格... 「千円あればべろべろに酔っ払える=せんべろ」というジャンルがあって、上野のアメ横あたりにもそうしたお店が集まっている。なかでも、アメ横の商店街から少し横に入った路地にお店が密集していて、カドクラ、たきおか、大統領という三店舗が「アメ横せんべろトライアングル」を形成している。 そのなかでも人気が...
虎ノ門で味わう老舗の味「光村」で海老のかき揚げ丼... 駅からはほどほどに遠いけれど、虎ノ門ヒルズからほど近い再開発から逃れたような一角にある老舗のお店。90年近い歴史がある鰻と天ぷらの専門店「光村」でランチをしてきた。 一階はお弁当を売っていて、これはこれで気になるのだが今回は二階で食事をとることにする。結構混み合うのだが時間をずらすと割とすんな...
立石のおでんやは名前そのまんま「おでんや」さんでした。... 立石の北側にある「呑んべ横丁」の看板横にある路地を入ったところでひっそりとやっているおでん屋さん。名前はそのまんま「おでんや」なので、ちょっと探しづらい穴場なお店だ。映画のセットみたいにちょっと小さな扉は建て付けが悪くて開けづらい。貼り紙がしてあって「グッとあけてください」というので、その通りに気合...
マルギンは銀座では貴重な立ち呑み屋... 銀座のコリドー街にある立ち飲み屋で気に入っているところ。いつも混雑しているのだけど、立ち呑み屋なので、二人くらいならまあなんとか入れる。 お店の雰囲気は昭和っぽいレトロな感じでおしゃれ。店員さんも威勢がよくて感じがいい。外国人のお客さんも結構来ていて、食事のバリエーションとか楽しさならば有楽町...
肉の大山のハムカツにはなかなか出会えず・・メンチカツでせんべろしてきた... 千円でべろべろに酔っ払える店のことを「せんべろ」と呼ぶのだが、せんべろをハシゴしていると、そもそも入店時に既にべろべろなのである。 カドクラとかたきおかを呑み歩いてから肉の大山にたどり着いたのだが(実質的な距離は15mくらい)、ここには朝イチのうちに来なくてはいけなかったんだと知る。 カ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください