日本では真冬の2月。2015年はルアンパバンに行って寒さから逃れたのだが、2016年は海外へ逃げず寒い思いをしたので、2017年は再び暖かいところへ行こうかと香港に行くことにした。しかし、結論からいうと香港も寒くて中途半端に行くくらいじゃだめなのだなということだ。

それにしても、香港エクスプレスが登場しなかったらこんなに香港へ行くことはなかったかもしれないなって思う。今回もセールを狙ってチケットを買ったので、羽田から往復諸税込み1.5万円くらい。これならば、東京から新幹線乗って大阪行くよりも安く香港へ行けてしまう。そんな状況だと、ついうっかりチケットを購入してしまうというものだ。

今回もいつものように金曜日の深夜に羽田を出て、香港からは日曜日の夕方に帰国して深夜着。リムジンバスなどもあるけれど、車で行くのが圧倒的に便利だ。羽田空港はちょっと早めについて空港で遊んだりするのが意外と楽しい。だいたいはビール飲んで過ごしているだけなのだが。

羽田と香港往復便については深夜便ということもあり、窓の外は真っ暗なので通路側に席を確保しておくのが得策だ。行きはちょっとビール飲んで寝てしまい、帰りは疲れ切って寝てしまっていて、最近はこの路線で起きている記憶があまりない。以前の投稿を読み返すと最初の頃は簡単な機内食が出ていたみたいだが、最近はもうそれもないので夜中に起こされることもなく寝ていられる(あれ、パスされているだけなのかな)。

ここ数年、日本への就航を増やしていることもあり、新規機体名には日本の食べ物を付けることがあるのだが、今回は行きのフライトで「讃岐うどん」機体で、あれ久々に乗った気がする。普段は味気ない機体名も親近感がわくので、こういうのいいなって思う。

以前はひどいオペレーションだった香港空港の第二ターミナルだが、ここ数回はまともに搭乗口までたどり着けているので(それにしてもやたらと遠いけれど)、だいぶ楽なフライトになっていると思う。飛行機とはただの移動手段であると割り切ればこんなにいいものはないなって思う。

いままでの搭乗記

香港エクスプレス

Related Post

孖發冰室は坪洲島でひと休みするのにぴったりだった... 香港島からフェリーに乗ってやってきた坪洲島。散歩をしてみたのだけど、2月の香港は結構寒くて、天気もあまりよくなかったのでカフェでひと休みするかと商店街が集まっているエリアに戻ってきた。 孖發冰室はいわゆる古くからありそうな冰室(Ice room)と呼ばれるもので、いわゆる喫茶店のこと。このあた...
粥麵館(鰂魚涌)のお粥はミシュランガイド掲載の味らしいが普通だと思う。... 中環まで戻ってきて地下鉄で鰂魚涌(クォリーベイ)まで移動。ミシュランガイドでビブグルマンをとっている粥麵館でランチにお粥を食べてみることにする。 粥麵館は鰂魚涌駅から歩いて5分くらいだが、トラムの通り沿いにあるので北角あたりからトラムにのって来るのも便利だと思う。嘉里中心というオフィスビルの二...
ジェットスター(LCC)搭乗記 成田~熊本線... 成田空港のジェットスター搭乗待合エリア 2014年秋にできた新路線の成田~熊本線に乗って九州を旅してきた。 ちょうど僕が乗った翌週くらいに阿蘇山が噴火して空港が閉鎖されてしまっているのだが、危ういところだった。 しかし、熊本線は搭乗する価値がある路線だと思う。窓からみえるダイナミ...
バニラエア(成田新千歳)搭乗記。そして成田空港第三ターミナルで朝食。... 初秋の旅は1年ぶりの北海道への旅。去年の旅では美瑛の方を見てまわることなく、泊まりたいホテルにもふられていたので今年はもう少し計画的に旅してみようかと思う。ただ、結論としてはずいぶんとのんびりした旅になったのだが。 去年の旅では、成田空港第三ターミナルが遠すぎることについて、さんざん文句を書い...
鏞記酒家(ヨンキー)ではガチョウのローストとご飯を食べるべし。... 古くからある老舗の広東料理レストランだけど、遺産相続でもめていつ閉店するかなんて噂もあって気になっていたところ。でも、全然閉店しそうになくて普通に営業していたし、2018年現在も通常営業中ではある。 場所は香港島のセントラル地区で蘭桂坊からも近く、陸羽茶室とは一本通りが違うくらいの距離。今回泊...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください