以前の香港旅で行ったラマ島(南丫島)の散歩がおもしろくて、ちょっと他の島にも行ってみようかとセントラル・フェリーターミナルから船に乗って離島への小旅行。

友人が行っていた坪洲島が気になったので、今回はこの島に行ってみることにした。ラマ島と同じように車の走っていない小さな島で人口は6000人くらいの静かな島。瀬戸内海の島によく似ている。

坪洲島は中環にあるスターフェリー乗り場の隣にある6号埠頭から30-40分の距離にある。フェリーはオクトパスカードで乗り込めるので便利。45分くらいに一本という運行状況なのでそれほど気にすることもない間隔。

セントラル・フェリーターミナルから船でいく
メインの通称シャンゼリゼ通り
永安街

ラマ島以上になにもなくて、トイレは港近くにある体育館で済ませておいた方がいいと思う。港のある集落以外にはお店などなにもなかったくらい小さな島だ。海鮮もトレッキングもない小さな島なのですごくのどかだ。来る必要があるのかって言われるとたぶん、あんまないのだけれど、のんびりすることはできる。

港から続く道はこの島のシャンゼリゼ通りともいえるものなのだが、まあのんびりしている。そこから横に伸びる路地は永安街という商店街で、ラマ島みたいに自転車が疾走していたりする。ここにある孖發冰室でお茶して一休み。

島の反対側には入り江に小さな港、そして大きな廟があって、龍母廟という家内安全から天候とかなんでもお願いができる汎用性の高い神様みたい。ちょっと坂道を上がっていくと海を行き交う船が見えたりする。

なにもない島なのだけど、とにかく気楽に散歩するにはいいところだと思う。惜しむらくは冬の季節はちょっと寒いということだな。もう少し暖かい時期にやってこようかなって思った。

坪洲島


Related Post

ヤンゴンでひとつ観光するとしたら、シュエダゴン・パゴダがおすすめ... 今回のヤンゴン滞在ではチャイティーヨに行ったりしていたので、あまり時間がなかった。 それでも、どこかひとつ観光をするとしたら、シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)だろうと思って行ってみた。 結論としては、シュエダゴン・パゴダは現実離れした迫力とここでしか見られない風景...
夏の鞆の浦を散歩 夏の鞆の浦を散歩してきた。平日だったせいか人通りもあまりなくて、うだるような暑さのなか散歩して夏休みを過ごしたーって感じの午後だった。 鞆の浦までは福山からトモテツという会社のバスで30分くらい。平日はあまり混んでいなかった。休日は観光客で混むのかもしれん。帰りは平日の朝だったのだが少し渋滞に...
唐浜(薩摩川内)は美しいビーチでのんびりできる... 薩摩川内で海水浴に行くとなると唐浜になるんじゃないかというくらい地元では有名なビーチで、2キロに渡って続く砂浜と青い海はすごい美しい。夕暮れ時もきれいなのでおすすめ。 とにかく海の色の美しさは南国に来たなあ・・と実感できる。干潮時には潮干狩りもできるみたいで、休日に訪れるとだいたい誰かが砂浜を...
休日の高雄、港湾のエリアを散歩する... 街中はせわしない感じだったので、港湾エリアを歩いてみることにする。横浜のみなとみらいのあたりみたいな雰囲気があって散歩には気持ちがいいところだった。 休日に一二三亭から道なりに歩いて行くと、空には凧がお正月かよっていうくらいあがっているのが見える。ここはかつて鉄道駅だったところみたい。いまでは...
孖發冰室は坪洲島でひと休みするのにぴったりだった... 香港島からフェリーに乗ってやってきた坪洲島。散歩をしてみたのだけど、2月の香港は結構寒くて、天気もあまりよくなかったのでカフェでひと休みするかと商店街が集まっているエリアに戻ってきた。 孖發冰室はいわゆる古くからありそうな冰室(Ice room)と呼ばれるもので、いわゆる喫茶店のこと。このあた...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください