中環まで戻ってきて地下鉄で鰂魚涌(クォリーベイ)まで移動。ミシュランガイドでビブグルマンをとっている粥麵館でランチにお粥を食べてみることにする。

粥麵館は鰂魚涌駅から歩いて5分くらいだが、トラムの通り沿いにあるので北角あたりからトラムにのって来るのも便利だと思う。嘉里中心というオフィスビルの二階にあってエスカレーターで上がっていく。このビルは結構立派なオフィスビルで一階にはスターバックスなんかも入っているところ。

フードコートみたいな店内

こんなちゃんとしたオフィスビルの二階に美味しいお店があるのか・・と思ったのだが、そうでもなかった。ただ、きれいなビルで朝から通し営業しているのは便利だと思うけれど。

粥麵館はお粥が売りになっていてヘチマのお粥が人気だというので試してみることにする。いわゆるスープのような香港スタイルのお粥で普通に美味しいのだが、値段はちょっと高い。というか、ここまで来て食べる料理でもない気がしてしまう。これならば、九龍半島側の彌敦粥麵家とかで食べるお粥の方が感動するかなあ。

ヘチマのお粥

オフィス勤めのランチには優しい味ですごくいいと思うのだが、旅行者がやってきてこれが香港のお粥だっていう感じはあまりない。近くのホテルに泊まっていて朝がゆ食べるくらいならばいいかも。ちょっと値段高いけれど、とにかく清潔です。

粥麵館
住所:鰂魚涌英皇道683號嘉里中心1樓
時間:10:30 – 20:30
休み:不定休

Related Post

ミシュランガイド掲載店「蓮香居」で飲茶の朝食... 中環にある老舗の飲茶店である「蓮香楼」の姉妹店として2009年に上環エリアにオープンしたレストラン。早朝6時からやっていて朝食にはいいところだと思う。蓮香楼よりも敷居が低いとは思うので、香港に慣れていない旅行者でもワゴン形式で提供される昔ながらの香港飲茶を楽しむにはいいところだ。 姉妹店である...
香港に住む客家の集落「吉慶囲」に行ってきた... 香港郊外を旅してみるシリーズ。川龍村から路線バスを乗り継いで元朗区の方へ抜けてみることにした。行ってみたのは中国の本土から流れてきた客家という民族の集落。周囲に壁を作って集団生活する独特の生活スタイルを維持して暮らしている。香港では錦田吉慶囲というところが比較的オープンなコミュニティで壁の内側にも入...
ラマ島のBebe Vはゆっくりできるカフェ... 天虹海鮮酒家でのんびりと料理を楽しんでいたのだけど、お店が出している中環までのフェリーの乗り場がわからず乗り遅れてしまった。お店から一番手前の桟橋から出ている船だったとは。 レストランに戻って新たに船の券をもらう。しかし、次の出航まで1時間あるという。再び料理食べるほどの余力もないし、周囲をみ...
香港の新しい名所は卓球場を改装した隠れ家バー。Ping Pong 129(乒乓城)で過ごす夜。... 香港島の地下鉄が上環から延伸して新しく開発が進んでいる西営盤(サイインプン)のエリア。新しいレストランやカフェ、バーなどが下町っぽいエリアのなかにオープンしてきている。東京でいうと、坂道のある蔵前みたいな感じのエリア。 なかでも抜群に面白かったのは古い卓球場をリノベーションしてオープンしたPi...
Graffiti Bar(蘭桂坊)はライブも楽しめるしお酒も美味しい... 外観 Stormiesでビール飲んでシーフードとか食べて、ロックを聴いてって感じで過ごしていると、なんとなく音楽への渇望みたいなものが出てきてしまうし、このまま部屋に帰るのも面白くないよなあっていう感じになってくる。 ということで、ほかに面白そうなところないかなって蘭桂坊をぐるっと一周...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください