中環まで戻ってきて地下鉄で鰂魚涌(クォリーベイ)まで移動。ミシュランガイドでビブグルマンをとっている粥麵館でランチにお粥を食べてみることにする。

粥麵館は鰂魚涌駅から歩いて5分くらいだが、トラムの通り沿いにあるので北角あたりからトラムにのって来るのも便利だと思う。嘉里中心というオフィスビルの二階にあってエスカレーターで上がっていく。このビルは結構立派なオフィスビルで一階にはスターバックスなんかも入っているところ。

フードコートみたいな店内

こんなちゃんとしたオフィスビルの二階に美味しいお店があるのか・・と思ったのだが、そうでもなかった。ただ、きれいなビルで朝から通し営業しているのは便利だと思うけれど。

粥麵館はお粥が売りになっていてヘチマのお粥が人気だというので試してみることにする。いわゆるスープのような香港スタイルのお粥で普通に美味しいのだが、値段はちょっと高い。というか、ここまで来て食べる料理でもない気がしてしまう。これならば、九龍半島側の彌敦粥麵家とかで食べるお粥の方が感動するかなあ。

ヘチマのお粥

オフィス勤めのランチには優しい味ですごくいいと思うのだが、旅行者がやってきてこれが香港のお粥だっていう感じはあまりない。近くのホテルに泊まっていて朝がゆ食べるくらいならばいいかも。ちょっと値段高いけれど、とにかく清潔です。

粥麵館
住所:鰂魚涌英皇道683號嘉里中心1樓
時間:10:30 – 20:30
休み:不定休

Related Post

銅鑼湾で美味しいコーヒーを楽しむならば、食事もいけるThe Coffee Academicsの旗艦店... 美味しいコーヒーを出すカフェが香港にも増えてきていて、中国茶だけじゃない楽しみが増えてきている。銅鑼湾(Causeway Bay)のエリアではThe Coffee Academicsの旗艦店があり、朝から深夜までさまざまな種類のコーヒーのほか、イタリア料理を中心とした食事も充実していて楽しむことがで...
Winstons Coffee(西營盤)は本格的なフラットホワイトが楽しめるカフェ... 地下鉄の延伸で再開発がすすんでいる西營盤エリア。下町っぽい雰囲気がありつつ、感度の高い人たちが集まってきていて新しいお店もオープンしてきている。そのなかでも、2016年1月にオープンしたWinstons Coffeeはニュージーランド人がやっているカフェで朝7:00から夜23:00までやっているとい...
ひさびさの香港、食べ歩きの旅。 この旅では「香港クラフトビールとバー発見の旅」というサブタイトルがあってもいいかもしれない。2015年9月の旅ではできなかったことをあれこれ行ってくることができた。 今回もLCCで行く、土日を利用した週末の香港旅。 香港エクスプレスを利用すれば、金曜日深夜に羽田を出発して、土曜日の朝食は...
和味生滾粥店のお粥って独特で好き嫌いがある... 和味生滾粥店のお粥って独特で好き嫌いがある 香港の朝食といえば、点心とかお粥とか。点心は昨日食べたし、今日はお粥かなあって思って佐敦にある和味生滾粥店というお粥のお店に行ってみた。 ここ香港のミシュランに掲載されたこともあるみたいだが、外観はいたって普通すぎるくらい普通のお店。店内は休日...
香港でスパニッシュを楽しむ、Ham and Sherryのハイセンスな面白さ... 香港のなかでも面白いエリアだなあって思う湾仔のなかで、目立っているのがシップ・ストリート(船街)という小さな通り。ここにはミシュラン三つ星をとった斬新な広東料理を出すBo Innovationがあったりして、かなり気になるところ。 そのBo Innovationのすぐ近くにあるのが、スパニッシ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です