なかなか終わらない土曜日の夜で旅の初日。毎回そうなのだけど、土日で行く香港旅行は初日が充実している。土曜日の夜がこんなにも楽しいとはって思える旅だ。

ホテルに戻る前に立ち寄ったのはSOHOエリア近くにあるQuinary(クイナリー)というカクテル・バー。土曜日の夜ともなれば人であふれかえっていて入るにも困難なのだけど、奇跡的に一席空いていて潜り込むことができたのはラッキーだったと思う。

Quinary(クイナリー)へのアクセス

中環のSOHO地区にある。蘭桂坊からPMQの方へ向かっていくあたり、中環の駅からは結構歩くので地下鉄の終電(24:00過ぎ)には余裕を持っておいた方がいい。ここら辺で夜に飲み歩くならば香港島側にホテルをとっておいた方がおすすめだ。

Quinary(クイナリー)について

Quinary(クイナリー)を率いるアントニオ・レイ(Antonio Lai)さんは世界トップバーテンダーを決める大会で2位に入賞していて、このバーも世界的に有名な店のひとつになっている。

絶対に頼んでおきたいシグネチャー・カクテルは「アールグレイ・キャビア・マティーニ」というもの。アルギン酸ナトリウムの水溶液にアールグレイの水滴をたらして作るアールグレイ・キャビアは分子料理の世界ともつながるもので、ミクソロジー・カクテルとはこの面白さにあふれている。

アールグレイ・キャビア・マティーニはエルダーフラワーの香りがするカクテルにアールグレイのキャビアが浮いていて、さらに上にはアールグレイ風味の泡がソフトクリームみたいに乗ってでてくる。

この見た目のインパクトも面白いし、さらに味わってみてこの爽やかさにもびっくりする。AMMOで飲んだものとはまたスタイルが違った味わいがあり、どちらも美味しいので比べてみてほしいくらい。

アールグレイ・キャビア・マティーニ
マティーニの「いくら」がはいっている

それ以外にも映画館で飲むようなカクテルってことで、コーラベースにポップコーンまで付いてくるものや常に新しい発想で作られてくるミクソロジーカクテルの世界を体験してみてほしい。きっと楽しい香港の夜を過ごせると思う。

映画館をイメージしたカクテルもまた美味しい。すっかり酔った。。

Quinary(クイナリー)
住所:56-58 Hollywood Road, Central, Hong Kong
時間:17:00-26:00
休み:日曜日

Related Post

海安珈琲(上環)の老舗カフェで昔ながらの香港の空気を感じる... 昔ながらの冰室のスタイルを守っている老舗の香港カフェ。「冰室」とは日本語で書くと氷室になると思うのだが、その名の通り氷を保管している冷たい部屋のこと。 1950年代のくらいの香港ではエアコンが珍しく、冰室のエアコンで涼みながら過ごす時間が流行っていたみたい。 でも、いまではこの古い「冰室...
祇園フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)で京都のバーを堪能する... 今回の京都への旅は急に思い立ったこともあり、行きは新幹線で帰りは深夜バスというスタイル。移動にお金を使わない旅のスタイルなんだよなって自分でも思う。で、バスの出発までの時間は祇園にあるバーで過ごすことにした。 フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)へのアクセス いわゆる高級店...
オクターブ・ルーフトップ・バー – 手軽にいけるおすすめのバー... 今回の旅ではバンコクのルーフトップバーを巡ってみようかなと思いついた。 ということで、まず向かったのはwagamama travelでも紹介されていたトンローのマリオットにあるOCTAVE ROOFTOP LOUNGE&BAR(オクターブ・ルーフトップ・バー)。男性は袖のないシャツやハ...
ナイトバザール(チェンマイ)のフードコートは利用価値大... チェンマイってあまり観光地がたくさんあるわけじゃないので、だいたいはナイトバザールという夜市にやって来ると思う。 この夜市は結構面白くて、僕はモンブランのボールペンを1本100円くらいで買って自分で使ったり、お土産に渡したりしているのだが、どこで買ったか言わなければ、かなり喜んでもらえる。 ...
ルアンパバンでワイン飲みたくなったらChez Mattがおすすめ... ちょっと値段は高いけれど、ルアンパバンにこんな素敵なワインバーがあったなんてって驚いたし、ルアンパバンの静かな旧市街の空気を感じながらワインを飲む時間はなんて贅沢なんだろうって思えるところ。 お店はおそらく古い商店を改造した感じで、涼しくなる夜には窓をあけて開放的な雰囲気になる。ソファ席がいい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です