香港旅の二日目にして旅の最終日は早起きして郊外へと向かう。前回の旅でも訪れた川龍村なのだけど、クレソンの飲茶料理が売り切れていて食べられなかったため、今度こそはと早起きして行ってみた。

地下鉄の始発から終点まで乗る。朝の地下鉄は空いていた。

MTR荃灣線を始発の中環から終点の荃灣まで乗って約30分くらい。7:30には荃灣駅に着いた。ここで香港に住んでいる知人と待ち合わせして川龍村へと向かうことにする。詳しい行き方とかは前回の記事を参照いただきたい。

前回の訪問
こんな香港があったのか。川龍村にある端記茶樓でのんびりと過ごす。

端記茶樓

ものすごい勢いで走って行くミニバスに揺られること15分くらい。終点の川龍村に到着。8:00前後に端記茶樓へ到着したら今回は店先で大量のクレソンを洗っているところに出会った。瑞々しい色が食欲をそそり期待が高まる。

お茶をいれて二階にあがり、飲茶をいくつか適当につまんで、お店のおっちゃんにクレソン飲茶を頼むことにする。炒めるのか茹でるのか的な質問をされて炒めることにした。

摘みたてのクレソン
クレソン炒め

出てきたのはわりと普通の野菜炒めなのだが、これが素晴らしく美味しい。シンプルな味付けなので、クレソンの苦みと辛みがまざりあった旨味が引き立っている。それにしてもすごい量だ。ひとりで来なくてよかった。何人かで来た方が楽しめるかと思う。

飲茶はセルフサービス
あれこれ美味しそう
このおこわが美味しかった

そのあと、駐車場の端っこからクレソン畑に降りてみることにした。緑色の絨毯みたいに美しくクレソンが育っている。このあたりの水は本当にきれいなんだろうなって思う。

農家のおじさんに聞いてみると、1キロで数百円くらいという安さ。僕は買わなかったのだが、知人は買っていた。クレソン畑に板きれ通して、新芽を摘む感じで収穫していくのが面白い。そうか、ああやって柔らかい部分を食べるから若々しくて柔らかいクレソンを食べられているのか。

クレソン畑
クレソン収穫中

ここからちょっとしたハイキングコースもあるみたいなので、離島に行く以外にもいままでと違うちょっとリラックスした香港旅というのが楽しめるのかもしれない。

端記茶樓(Duen Kee Restaurant)
住所:新界荃錦公路川龍村58號
時間:6:00-14:00
休み:基本的なスタンスでは無休だが、たぶん不定休

Related Post

阿憨鹹粥にふたたび行ってきた 魚のお粥ってなんだよって思いつつ訪れてみて、はじめて食べたサバヒーのお粥の美味しさに感動した前回。ちょっと旧市街から離れていることもあり、遠いなあと思うところはある。でも、街中で阿堂鹹粥に行って食べるよりこっちの阿憨鹹粥で食べるお粥の方が美味しいのは事実としてある。早朝のお粥を楽しみにふたたび訪れる...
Stormies(蘭桂坊)でシーフードとビールを堪能... 香港のナイトライフで面白い場所のひとつは香港島の中環にある蘭桂坊(ランカイフォン)というエリア。六本木が凝縮したような場所で狭いエリアにバーがひしめき合い、外国人が飲み歩いている。 そのなかで有名なお店のひとつがダクラー・ストリートの坂をあがりきったところにあるStormiesというお店。 ...
池記(尖沙咀)で定番のワンタンを食べる... ホテルでひと休みして早めの夕食がてら、ミシュランガイドにも掲載されたことがある池記でワンタンを食べてきた。お店は旺角や銅鑼湾、空港などにもある観光客にもおなじみのお店。なかでも尖沙咀にあるのがもっとも行きやすいところにあると思う。観光客も多いエリアなので旅行者慣れしていて、やや観光地価格ではあるが間...
清澄白河での朝食はオールプレス エスプレッソがおすすめ... ニュージーランドからやってきたコーヒー豆の焙煎をふくめたアンテナショップ的な存在。ニュージーランドつながりでいうと神楽坂のMojo Coffeeを思い出すのだが、こちらのオールプレスも食事含めてバリスタが丁寧にいれたエスプレッソとか美しいデザインがかかれたフラットホワイトを飲むことができる。 ...
和蘭豆(らんず)で頂く喫茶店的モーニング... 干潟よか公園でシチメンソウの紅葉と、佐賀ならではの干潟の風景を堪能したあと、まだまだ朝だったので、朝食をとることにした。 朝からやっているところって郊外のチェーン系のお店ばかりで、なかなか手頃なのがないのだが、そんななかで見つけたのは佐賀駅にある高架下のショッピングモールであるデイトス内の喫茶...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください