香港旅の二日目にして旅の最終日は早起きして郊外へと向かう。前回の旅でも訪れた川龍村なのだけど、クレソンの飲茶料理が売り切れていて食べられなかったため、今度こそはと早起きして行ってみた。

地下鉄の始発から終点まで乗る。朝の地下鉄は空いていた。

MTR荃灣線を始発の中環から終点の荃灣まで乗って約30分くらい。7:30には荃灣駅に着いた。ここで香港に住んでいる知人と待ち合わせして川龍村へと向かうことにする。詳しい行き方とかは前回の記事を参照いただきたい。

前回の訪問
こんな香港があったのか。川龍村にある端記茶樓でのんびりと過ごす。

端記茶樓

ものすごい勢いで走って行くミニバスに揺られること15分くらい。終点の川龍村に到着。8:00前後に端記茶樓へ到着したら今回は店先で大量のクレソンを洗っているところに出会った。瑞々しい色が食欲をそそり期待が高まる。

お茶をいれて二階にあがり、飲茶をいくつか適当につまんで、お店のおっちゃんにクレソン飲茶を頼むことにする。炒めるのか茹でるのか的な質問をされて炒めることにした。

摘みたてのクレソン
クレソン炒め

出てきたのはわりと普通の野菜炒めなのだが、これが素晴らしく美味しい。シンプルな味付けなので、クレソンの苦みと辛みがまざりあった旨味が引き立っている。それにしてもすごい量だ。ひとりで来なくてよかった。何人かで来た方が楽しめるかと思う。

飲茶はセルフサービス
あれこれ美味しそう
このおこわが美味しかった

そのあと、駐車場の端っこからクレソン畑に降りてみることにした。緑色の絨毯みたいに美しくクレソンが育っている。このあたりの水は本当にきれいなんだろうなって思う。

農家のおじさんに聞いてみると、1キロで数百円くらいという安さ。僕は買わなかったのだが、知人は買っていた。クレソン畑に板きれ通して、新芽を摘む感じで収穫していくのが面白い。そうか、ああやって柔らかい部分を食べるから若々しくて柔らかいクレソンを食べられているのか。

クレソン畑
クレソン収穫中

ここからちょっとしたハイキングコースもあるみたいなので、離島に行く以外にもいままでと違うちょっとリラックスした香港旅というのが楽しめるのかもしれない。

端記茶樓(Duen Kee Restaurant)
住所:新界荃錦公路川龍村58號
時間:6:00-14:00
休み:基本的なスタンスでは無休だが、たぶん不定休

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Related Post

信濃大町駅にある「カタクリの花」で朝食に蕎麦を食べる... 前日に呑み歩きをした後、結構疲労感が残ることもあり、日曜日は渋滞が始まる前に早めに帰路へ着くことにしている。 朝食は前年と同様に信濃大町駅まで歩いて行って蕎麦を食べることにした。 前回の訪問 信濃大町の朝食はこれでいいんじゃないかって思う - カタクリの花 信濃大町駅の待合室にあ...
Quinary(クイナリー)で新感覚のミクソロジー・カクテルを楽しむ土曜日の夜。... なかなか終わらない土曜日の夜で旅の初日。毎回そうなのだけど、土日で行く香港旅行は初日が充実している。土曜日の夜がこんなにも楽しいとはって思える旅だ。 ホテルに戻る前に立ち寄ったのはSOHOエリア近くにあるQuinary(クイナリー)というカクテル・バー。土曜日の夜ともなれば人であふれかえってい...
坪洲島へのんびり小散歩旅(香港離島の旅編)... 以前の香港旅で行ったラマ島(南丫島)の散歩がおもしろくて、ちょっと他の島にも行ってみようかとセントラル・フェリーターミナルから船に乗って離島への小旅行。 友人が行っていた坪洲島が気になったので、今回はこの島に行ってみることにした。ラマ島と同じように車の走っていない小さな島で人口は6000人くら...
阜杭豆漿は台北朝食にとってのbillsみたいな存在... ものすごい手際のいいカウンターのおばちゃんたち 友人から「台北で朝食っていったらここだよ。え、まだいったことないの?」と熱烈なオススメをされたので、行ってみることにした。 場所はMRT善導寺駅から歩いて数分というところ。華山市場というところの2階にある。 僕が訪れたときは火曜日の...
台北的定番朝食の「周記肉粥店」 台北での定番朝食としてガイドブックとかサイトで紹介されている「周記肉粥店」に行ってきた。 歩いて行ったのだけどお店の前には、つぎつぎに地元人らしきおっさんが自転車で乗り付けたり、出て行ったりしていて賑やかなのですぐにわかると思う。 勝手がわからず入口で呆然としていると、声をかけられて日本...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください