香港郊外を旅してみるシリーズ。川龍村から路線バスを乗り継いで元朗区の方へ抜けてみることにした。行ってみたのは中国の本土から流れてきた客家という民族の集落。周囲に壁を作って集団生活する独特の生活スタイルを維持して暮らしている。香港では錦田吉慶囲というところが比較的オープンなコミュニティで壁の内側にも入れるみたいなので行ってみることにした。

Google Mapのナビゲーションだと川龍のバス停から荃灣駅へ戻るのとは逆方向に抜けるバスに乗ればいけるという表示があったのだが、山を越えた上村總站というバス停での折り返し運転で何軒か商店が並ぶ郊外で降ろされてしまった。仕方なく調べて直して、すぐ近くにある上村球場というバス停から錦田吉慶囲まで行くバスを見つけたので乗り込んでみる。香港郊外ではGoogleのナビは危ういことを知る。

なんとかたどり着いた錦田吉慶囲は中国の福建省でみられる巨大な円筒型の構造物ではなく、ヨーロッパの城塞都市がすごくコンパクトに小さくなったような印象を受ける外観だ。外敵から身を守るため、壁をつくって暮らし始めたのは1600年代からということで、すでに400年くらいの歴史がある。

壁に囲まれた村のことを「囲村」と呼んでいて、なかにはひとつの集落としてのコミュニティが形成されている。そこには路地が交差していて、住居が密集して建ち並んでいる風景はひとつの城のようでもある。路地の奥までいくと家の扉は普通に開け放たれていて、リビングでおっちゃんがテレビ見ていたりする。なんだかのんびりした世界観だなあって思う。

集落の真ん中には廟があって、ここの守り神として崇められている。土地の守り神ということで、よそ者が入ったらまずいだろうなと思い中には入っていないのだが、とても居心地がよさそうな空間だ。壁のなかに入ることで排他的なのかなと思ったりしたのだが、案外そんなこともなく城壁都市のなかを散歩してまわっていた。

MRTの錦上路駅からも歩いて15分くらいなので、川龍村からがんばってバスで来るのもいいし、市街地から地下鉄で来るのもいいと思う。とくに目新しいものがあるわけではないのだが、のんびりした香港郊外の風景ということでいえば旅をしている気分になるところだ。

錦田吉慶囲

Related Post

週末台北弾丸ツアー2016年夏編 この旅のきっかけは、4月に行った台北旅行だった。どこかのレストランでご飯食べながら、土日で台北を旅してきたという話しをしていて「そんなことができるなんてずるい!」みたいなことになり、その場でまた行くかということで台北の旅行を手配。そして、本当に行くことになった。 2016年になって2度目の台北...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の豊島編)... 直島~犬島と移動してきて、さらに豊島への船旅。犬島から豊島の家浦港までは高速艇で30分ほどの航路となる。 豊島では家浦港から歩いて数分のところにある横尾美術館みてから、町内バスで豊島美術館へ移動。そこから唐櫃港までは徒歩で10分くらい山を下っていった。小豆島へ渡るフェリーの時間まで時間があった...
ちょこっと台北への小旅行 復興航空のフライト いってみれば修学旅行みたいな旅だった。 友人たち10人くらいと台北を旅行したのだが、結果どういうわけか僕がだいぶ部分をアテンドすることになった。あんまそういうタイプじゃないんだけれど。 僕の偏りのある旅のスタイルによる旅行は、まあ面白いところもあったが、ひどい...
フォス・ド・イグアスを散歩 僕にとって旅とは散歩の延長。ということで、新しい街を散歩しているのが好き。 散歩をして街の規模や人との距離感、なんてことのない風景を感じながら歩いていると、だんだんとその街が自分に馴染んでくるような感覚があって、僕はそれが好きなのだと思う。 今回のブラジル旅で心残りがあるとすれば、このフ...
秋の佐賀旅行(2日目) 11月の連休にあわせて、秋の佐賀を旅してきた。2日目は雨の唐津くんちを見て寒さにふるえた後、午後はひたすら飲み食いして過ごすという結果となった。 朝、ホテルで起きて外をみたら雨降り。一瞬、このまま1日部屋でうだうだ過ごそうかと思ったのだが、それもあんまりなのと、うだうだ過ごすにはあまりに普通の...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください