2月の香港ってこんなに寒かったっけ?と自問自答したくなるくらい寒かった旅。土日の週末小旅行での滞在だったのだが日曜日のお昼くらいまでは20度あるのかと思うくらいに寒い時間が多く、ジャケットを着込んで移動していた。

なんかもう少し小春日和みたいな感じでもいいのにって思ったくらいだ。ただ街歩きはしやすいと思うので、人によってこの気候には好みが分かれるかもな。

香港の夜明け。寒くてちょっと雨降ったりして出だしは最悪だった。

今回の香港旅もまた羽田から香港エクスプレスでの旅。空港でSIMカードを手に入れて、エアポートエクスプレスの始発を待っている間にAPNの設定をしてしまう。そして、今回の滞在は前回と同じミニホテル セントラルにしてみた。香港島でこの安さでこの立地は素敵だと思う。

部屋は劇的に狭いけれど清潔に保たれているので、寝るだけであれば苦痛ではない(ホテルステイを楽しむような環境でもないけれど)。

ミニホテルセントラル、狭いが機能的

荷物を置いてトラムにのって朝食を食べに行く。上環の蓮香居で飲茶を食べることにする。ミシュランのビブグルマンにも選ばれたこのお店は蓮香楼の姉妹店なのだが、よく似た雰囲気で味もたしかだ。古き良き香港スタイルの飲茶を楽しむならばここに行くのが間違えない。

蓮香居で朝食

朝食を食べて今回の旅でも離島に行ってみることにする。今回は坪洲島という香港で最も地味だといわれる島にしてみたのだが、たしかに美味しい海鮮があるわけでもなく、散歩以外のアクティビティがあるわけでもない、メインストリートが200mくらいでおわるような地味な島だった。

でも、この地味さがいいなあ・・ともいえる。20世紀がそのまま残っているような孖發冰室であたたまったり、のんびりと裏路地を散歩したりするのは、これはこれでなんだか楽しい体験だ。マニアックで是非に!とは言いがたいけれど、香港で行くところなくなったらここ散歩するのもいいかもしれない。

なんもない坪洲島
でも、この路地がいい
古き良き喫茶店で休憩

香港島へ戻ってきてからはあちこち食べ歩き。やはりミシュランでビブグルマン獲得している粥麵館でお粥を食べてみたがこれはちょっと普通すぎた。気を取り直して、地下鉄で西営盤までいってCraft Brew & Coで香港クラフトビールを楽しんで、ほろ酔い気分でPMQ (元創方)まで行ってあれこれ買い物。その後、The Roundhouseで再びビールを飲んでホテルに戻ってひと休み。

途中、北角あたりで金魚ながめたりする
Craft Brew &Co

夕方からは香港に住んでいる知人に会うべく、尖沙咀へと向かう。池記で小腹を満たしたあとはKowloon Taproomで知人と落ち合ってクラフトビールを飲みながら近況を話したりして過ごす。あっという間に夜も更けてきたので解散して僕は香港島へと戻ることにする。

Kowloon Taproom
やはり一度は乗っておきたいスターフェリーでの旅

鏞記酒家でローストグースを食べたり、Mak’s Noodleで焼きそばを食べたりして旅の初日からして盛りだくさんだ。シメはQuinaryにてミクソロジーカクテルを楽しんで終了。このカクテル楽しむために香港来るのもいいよなって思えるくらいいいお店だった。さすがの世界的人気店。

翌朝は早朝に起きてさっさとチェックアウト。地下鉄に乗って荃灣駅まで。向かったのは川龍村。前回の旅では少し出おくれたこともありクレソン飲茶を食べられなかったので、今回は荃灣駅7:30集合して向かった。

そして、今回は川龍村での名物クレソン飲茶を食べられた!おお、これは爽やかで美味しい。こんな飲茶もあるものなのだな。その後クレソン畑を散歩したりして、ここ香港か?みたいな旅をして次の目的地へ向かうとする。

川龍村のクレソン畑

バスで元郎の方へ抜けていって客家の集落をながめて、写真を撮ったりする。そして、大榮華酒樓で月餅を買って香港の知人に「なぜいま月餅なんだ」と問われるが気にしないことにする。

尖沙咀に戻ってきてランチまで時間があったので、N1 Coffee & Coでコーヒー飲んで時間つぶしたあと、今回の旅のハイライトであるミシュラン三つ星レストランである唐閣(T’ang Court)で豪華な広東料理のランチ。ここのランチは美味しかったが、まあ高いよな。

客家の観光地
T’ang Courtの名物、牡蠣のポートワイン焼き
そして香港空港。帰宅。

今回の香港旅ではミシュランガイドの掲載店に結構訪れたのだが、正直なところビブグルマンはあまりアテにならず、三つ星店はミシュランガイドじゃなくても人気店というような感じで、香港ではこのガイドブックがすべてではないなというところだ。

充実した香港旅、でも今度は自分の足で食べ歩いていきたい。

この旅の記録:週末香港小旅行。2月の香港は寒かった。(2017年2月)

Related Post

江ノ電と鎌倉高校前 前に乗ったのはいつだか覚えていないくらい、久々に江ノ電に乗った。 こういうミニローカル線って往々にして観光路線みたいな感じになってしまうと思うのだが、江ノ電に関しては地元の利用も結構ある感じ。海岸線沿いの道があれだけ渋滞してしまうと、たしかに江ノ電の需要はありそう。その辺の事情は銚子電鉄とは全...
Graffiti Bar(蘭桂坊)はライブも楽しめるしお酒も美味しい... 外観 Stormiesでビール飲んでシーフードとか食べて、ロックを聴いてって感じで過ごしていると、なんとなく音楽への渇望みたいなものが出てきてしまうし、このまま部屋に帰るのも面白くないよなあっていう感じになってくる。 ということで、ほかに面白そうなところないかなって蘭桂坊をぐるっと一周...
台南・台北旅行 – 2013年9月 9月の連休は台湾に行ってきた。2013年にはいってからの台湾旅行はこれで4回目。 毎度のことだが、今回もフライトはスクートを利用。カジュアルだけど、大きな機体で価格も手ごろなのでLCCに慣れていない人でも利用に違和感はないと思う。僕としては、オンラインチェックインがないのが激しく不便だが。 ...
アジアモダンな香港のオアシス「AMMO」で飲むアーグレイ・マティーニは絶品... 金鐘にあるアジアソサイエティセンター香港(亞洲協會香港中心)の一階にあるレストラン。カウンターがありバーとしての利用もできる。香港島の中心街にあるとは思えないくらい緑豊かなエリアにあり、窓の外にみえる風景もまた美しい。新しい香港の一面を見つけることができる素敵な場所だと思う。 今回はバーとして...
香港での朝食、羅富記粥麵専家で食べるのもよい... 香港の中環はオフィス街で土曜日の朝は殺風景なものなのだが、そんなところで朝から営業しているお店がある。 羅富記粥麵専家は、ずいぶん古くから変わらず営業しているお店で、朝7:00から営業しているので朝食で利用するのがおすすめだし、23:00までやっているので、たとえば蘭桂坊(ランカイフォン)あた...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください