このブログをはじめてから定期的に訪れているところって結構あるのだが、桜のシーズンに中目黒あたりを散歩するというのも春の定番コースになっている。

過去の目黒川で花見
2014年:中目黒で満開の桜を堪能する 2014年
2015年:中目黒の桜 2015年編
2016年:目黒川の桜散歩

だんだんと外国人観光客が多くなってきているなあって思うけれど、そりゃこの都市の絶景。花見を狙って東京に来て観光したい気持ちもわかる。

ただ、かなりの賑わいで歩くのもままならないくらいな状況なので、訪れるとしたら平日の昼とか週末であっても朝のうちに来てしまうのがおすすめだ(そのときには、中目黒駅のシティベーカリーで朝食とったりするのもいい)。

花の密度が高いのは中目黒駅から池尻大橋へ向かう数百メートルの区間かなと思う。このあたりがもっとも混む。そこからさらに池尻大橋に向かうと桜の密度はやや下がるものの雰囲気のいいお店があったりするので散歩していて楽しい。

中目黒から目黒川沿いに逆方向、目黒駅方面に向かう道も桜並木があるけれど、こちらは川幅が広がることもあってやはり密度は少ない。でも、それと同じく人も少なく散歩はしやすい。あたたかい春の日はこのあたりを散歩するのが楽しいよなあ。

Related Post

下町お花見のんびり散歩「あらかわ遊園」へ行ってきた... 小石川植物園と同じくらい「東京にこんな場所があったんだ」と思ったのが荒川区にある「あらかわ遊園」。区営の遊園地で夕方には閉まっちゃうのだが、ふるきよき遊園地の雰囲気があり、そして入園料も安くて観覧車とか結構楽しい。浅草の「花やしき」がさらにアットホームになったかのようだ。住宅地の真ん中にこんなところ...
Moke’s Bread and Breakfast(中目黒)でおしゃれパンケーキのラン... 中目黒でランチをしていたとき、関谷スパゲティでも行こうかなって思っていたら、一緒にいたやつに「モケス パンケーキが並んでない!」と叫ばれて、なかば強引に来てしまったお店。 ランチにパンケーキかよ・・って思ったのだが、すごい美味しかった。ほんと自分の先入観の浅さが不甲斐ない。 お店のキャッ...
カフェ ドロール中目 – 落ち着いて休めるカフェ... アパレルとかも展開しているブランドがやっているカフェ。「ドロール」には「おもしろい、こっけい、ひょうきん」という意味があるみたいだが、そんな風情はお店にはなくて、いい意味でちゃんとしたカフェだと思う。 同じビルの5階にあるビストロハムサもお気に入りなのだが、混んでいることが多いので、そうしたと...
絵本と木の実の美術館 – 夏に来るのがおすすめの美術館... 絵本作家である田島征三氏が廃校を舞台に監修した美術館。大地の芸術祭の作品のひとつとして作られたものだけど、雪深くなる冬期をのぞいて継続して開館している。大地の芸術祭のパスポートがない場合は、入場料700円が必要。 水を動力にして動くオブジェがおもしろい。これは海に流れ着いた流木や木の実などに絵...
コパカバーナビーチを散歩 はじめてこのビーチについたとき「ついにやって来たー」っていう感慨と、時差ボケの眠さとの戦いだった。 コパカバーナの海岸は4キロに渡って続いていて、東端はレメ・ビーチといわれている。 なんとここも世界遺産「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」に含まれているらしい。 海岸...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください