今回の花見では目黒川以外の東京の桜を見てまわっている。東京の桜を見てまわるというのは普段とは違う町に行くことが多く、新しい発見が多くて楽しい。小旅行をしている気分だな。

ということとで千鳥ヶ淵の桜をみてきたときの話。ここはインド大使館でやっているインドフェスティバル目的で行くことがあったが、中止になってしまって普通に花見をすることになってしまったのが残念だ。小さいながらもいいフェスだったのだけど。

2016年:花よりビリヤニな千鳥ヶ淵の桜とインド大使館のフェスティバル

半蔵門の駅を降りて少し歩くと千鳥ヶ淵緑道に入る交差点に出てくるので、ここからスタートするのがいい。逆方向だと九段下駅で降りるところから疲れ切ってしまうと思う。

のんびりと緑道をすすむとボート乗り場へやってくる。いつもボートに乗ってみたいなあ・・と思うものの並ぶのは面倒だし、ひとりで乗るのもちょっと嫌だしとか考えてしまう。ちなみに、平日だとわりと空いていたので違う角度から桜の風景を眺めたい人はボートに乗るのも選択しとしてありだ。

その後、九段下駅まで歩いて行き、なんなら少し足を伸ばして神保町あたりで食事をするのもいいと思うし(スヰートポーヅの餃子とか)、GLITCH COFFEE&ROASTERSでひと休みするのもいいと思う。

とにかく人が多いので平日に行くこと。いつかライトアップをながめたいと思いつつ面倒でまだ行けていないんだよな。。

Related Post

クアンシーの滝はラオスの九寨溝みたいなところ... ルアンパバンでレンタルバイクを借りて向かったのはクワンシーの滝(Kuang Si Falls)。それほど難しくもない田舎道をのんびり走るルートなので、バイクを借りてのんびり行くにはうってつけのところ。ツアーで行くのも安上がりなんだけど、自分で運転する自由さにはかえがたい。 ルアンパバンの市街か...
仙巌園でふれる薩摩のすごさ、鹿児島が誇る美しい庭を楽しむ... 鹿児島空港へ向かう前にはまだ少し時間があったので、市内のはずれにある仙巌園へ行ってみることにする。鹿児島市の市街地からはちょっと渋滞もあるけれど、20分くらいで到着することができる。駐車場は有料で別料金。 仙巌園は薩摩藩藩主である島津家の別邸があったところで、その美しい庭園は別名で磯庭園と呼ば...
中之条ビエンナーレ2013(中之条編) 芸術の秋なので、それに乗り遅れるわけにはいかない。ということで、中之条ビエンナーレをみてきた。都心からみえて最も遠い六合エリアから順にまわってきて2日目最後は中之条エリアへ。 この、中之条ビエンナーレを見に来る人たちは、だいたいここからはじまるので、僕は逆から順番に辿っていった。 そして...
小海線、小淵沢大カーブは圧巻の撮影地... 小海線に乗って小淵沢までやってきた。列車は小淵沢駅近くまで来ると、なにを思ったのか突然ほぼ反対方向まで大きくカーブをしながら小淵沢駅に向かっていく。 この突然の急カーブの理由は直線の傾斜がきついとか巨大な石があったとか、政治的な絡みだとか諸説あるみたいだけど、電線もなにもない築堤の上を甲斐駒ヶ...
軍艦島ツアーに参加して上陸してきた... 今回の旅の主目的のひとつは、長崎まで行って軍艦島をみてくるということ。もはや「整備された廃墟」であることは知っていたけれど、人間がもっとも自然から乖離された場所のひとつに行ってみたいという気持ちがあり訪れてみた。 長崎港ターミナル 軍艦島への行き方 長崎港から3時間程度のツアーに...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください