今回の花見では目黒川以外の東京の桜を見てまわっている。東京の桜を見てまわるというのは普段とは違う町に行くことが多く、新しい発見が多くて楽しい。小旅行をしている気分だな。

ということとで千鳥ヶ淵の桜をみてきたときの話。ここはインド大使館でやっているインドフェスティバル目的で行くことがあったが、中止になってしまって普通に花見をすることになってしまったのが残念だ。小さいながらもいいフェスだったのだけど。

2016年:花よりビリヤニな千鳥ヶ淵の桜とインド大使館のフェスティバル

半蔵門の駅を降りて少し歩くと千鳥ヶ淵緑道に入る交差点に出てくるので、ここからスタートするのがいい。逆方向だと九段下駅で降りるところから疲れ切ってしまうと思う。

のんびりと緑道をすすむとボート乗り場へやってくる。いつもボートに乗ってみたいなあ・・と思うものの並ぶのは面倒だし、ひとりで乗るのもちょっと嫌だしとか考えてしまう。ちなみに、平日だとわりと空いていたので違う角度から桜の風景を眺めたい人はボートに乗るのも選択しとしてありだ。

その後、九段下駅まで歩いて行き、なんなら少し足を伸ばして神保町あたりで食事をするのもいいと思うし(スヰートポーヅの餃子とか)、GLITCH COFFEE&ROASTERSでひと休みするのもいいと思う。

とにかく人が多いので平日に行くこと。いつかライトアップをながめたいと思いつつ面倒でまだ行けていないんだよな。。

Related Post

ワット チェディルアン – チェンマイで最もおすすめしたいスポット... もし、チェンマイにやって来たのに、どこかひとつだけしか訪問するところしか時間がないという状況であれば、僕ならば迷わずワット チェディルアンに来ると思う。 チェンマイの旧市街のなかにあり、かつてここが都であった頃の中心となっている寺院。巨大な仏塔があるのだが、16世紀に起きた地震によって一部崩壊...
中之条ビエンナーレ2015 – 六合エリア編... 2年前に引き続き中之条ビエンナーレの旅。今年は越後妻有の大地の芸術祭に加えて、中之条のビエンナーレもあるという6年に一度の忙しい年。 前回の中之条ビエンナーレのときにはブログをはじめていたのでこちらにて(中之条ビエンナーレ2013)。 2年ぶりの中之条は変わらずきれいな田舎だった。とくに...
駁二藝術特區(Pier­2 Art Center)と誠品駁二店は休日の散歩にぴったりの場所だ。... 鹽埕埔から海の方に歩いていくと高雄の港に出てくる。このあたりは駁二藝術特區(Pier­2 Art Center)といって、古い港湾設備や倉庫街を改装したアートスポットになっている。トラムが走っていたり、倉庫の一部がカフェになったりしていて賑やかな感じ。ウォールアートやオブジェもあちこちに点在していて...
美瑛の絶景「青い池」はお昼くらいに行くのもいいかと思う。... 美瑛にある奇跡のように美しい「青い池」。前にいったときには全然人がいなくて、こんな狭いところ入っていくのかよと思ったのだが、いまではカーナビに場所が示されているし、観光バスが止まれるような駐車場まで整備されている。すっかり美瑛の観光地として定着している。 今回ひさびさに訪れたけれど、みやすいよ...
金瓜石で古きよき日本家屋を探訪する... 九分行きのバスで知り合った日本人に「九分の先にある金瓜石に行かれるということですが、そこはどういったものがあるんですか?」と聞かれたのだが、僕はそれに対して答えをもっておらず、ずいぶん怪しい回答をしたと思う。 しかし実際問題として金瓜石になにがあるのか知らなかったのだから、それは仕方が...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください