今回の花見では目黒川以外の東京の桜を見てまわっている。東京の桜を見てまわるというのは普段とは違う町に行くことが多く、新しい発見が多くて楽しい。小旅行をしている気分だな。

ということとで千鳥ヶ淵の桜をみてきたときの話。ここはインド大使館でやっているインドフェスティバル目的で行くことがあったが、中止になってしまって普通に花見をすることになってしまったのが残念だ。小さいながらもいいフェスだったのだけど。

2016年:花よりビリヤニな千鳥ヶ淵の桜とインド大使館のフェスティバル

半蔵門の駅を降りて少し歩くと千鳥ヶ淵緑道に入る交差点に出てくるので、ここからスタートするのがいい。逆方向だと九段下駅で降りるところから疲れ切ってしまうと思う。

のんびりと緑道をすすむとボート乗り場へやってくる。いつもボートに乗ってみたいなあ・・と思うものの並ぶのは面倒だし、ひとりで乗るのもちょっと嫌だしとか考えてしまう。ちなみに、平日だとわりと空いていたので違う角度から桜の風景を眺めたい人はボートに乗るのも選択しとしてありだ。

その後、九段下駅まで歩いて行き、なんなら少し足を伸ばして神保町あたりで食事をするのもいいと思うし(スヰートポーヅの餃子とか)、GLITCH COFFEE&ROASTERSでひと休みするのもいいと思う。

とにかく人が多いので平日に行くこと。いつかライトアップをながめたいと思いつつ面倒でまだ行けていないんだよな。。

Related Post

安平老街を散歩してきた 前に安平老街来たときも、勝手に自主的に散歩している犬とすれ違ったりして、ずいぶんとのどかなところだなって思ったけれど、ひさびさに散歩してみて、やはりのどかでいいところだった。沖縄の田舎を歩いているような感じがする。 前回の訪問:安平古堡&安平老街の散歩 この場所は賑わいをみせてくるのは午...
小布施の葛飾北斎巡り(岩松寺、北斎ミュージアム)... 葛飾北斎は晩年の頃、小布施にパトロンがいたということで、定期的に訪れていては作品を残していた。小布施って長野にしてはすごく垢抜けている印象をもっているのだが、こうした文化が背景にあるからなのかもしれない。 その、北斎の作品がみられるのが小布施郊外にある岩松寺と、町の中心部にある北斎ミュ...
花よりビリヤニな千鳥ヶ淵の桜とインド大使館のフェスティバル... 千鳥ヶ淵の桜を観に行ったら、まだあまり咲いていなかった。しかし、九段下のインド大使館では「さくらフェスティバル2016」をやっていたので、これはいかなくては!と訪問。 これってまさに花より団子みたいな状態。とはいえ、インド大使館のこのイベントは面白いので外せない。都内のインド料理の名店が大使館...
福島 夜の森にある桜のトンネル 福島の原発事故があってから立ち入ることができなかった福島県富岡町にある夜ノ森地区にある桜並木。樹齢100年を越える桜の並木道は圧巻の風景で観に行ってみたいと思いつつも、当分いけないんじゃないかと思っていたのだが2017年から一部が開放されて立ち入りができるようになったこともあり、花見山から向かうこと...
蓮は泥より出でて泥に染まらず – 不忍池の蓮... 「蓮は泥より出でて泥に染まらず」というのは中国のふるいことわざだけれど、もはや蓮の葉っぱが生い茂り、泥がみえなくなっている不忍池の蓮池をみてきた。というか、通りかかったら咲いていたので、しばし眺めていた。 僕のなかでの蓮の定番は川村記念美術館の大賀蓮で、これは毎年6月下旬から7月上旬が花の盛り...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください