浅草の北側から隅田川にかけて直線的に公園があり、ここはもともと江戸時代に隅田川と吉原を結ぶ運河が通っていてかつてはこの水路を通って吉原へ遊びに行くのが粋だったらしい。

いまでは下町の風景で、水路は暗渠になって上が公園になっている。そんなに人通りが多いわけではなく目立って美しいところというわけでもないのだが、隅田川近くになるとスカイツリーと一緒に桜をながめることができる穴場的なスポットになっている。これは結構きれい。

山谷堀公園は浅草から北側に進み地方橋から隅田川方面につながっているエリアにある。浅草から山谷堀にいく道すがらには、おにぎり専門店の宿六があるのでちょっと軽く食べて、竹松鶏肉店で焼き鳥を仕入れて、通りを挟んだ向かい側にある酒屋でビールなんか買って向かうのがいい。

浅草 宿六ではまるでお寿司のようにカウンターでおにぎりをいただける。
地元に愛される肉屋さん「竹松鶏肉店」で焼き鳥をテイクアウトする

公園は細長くてまわりの建物の日陰になることが多いのだが、隅田川近くまで出てくると視界が開けて明るいので、このあたりだけを散歩してまわるのもいいかもしれない。

東京の下町にあるお花見散歩の穴場エリア。浅草のついでにぐるっと見てまわるのもいいかと。

Related Post

アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...
中之条ビエンナーレ2013(暮坂編) 芸術の秋ってことでもないけれど、群馬の中之条で2年ごとに開催されている中之条ビエンナーレをみてきた。 暮坂峠を含む、暮坂エリア編なのだが、僕のなかではこのビエンナーレのなかで最も印象が薄いエリアというかなんというか・・。六合から中之条に抜ける道すがら通ってみたという印象。スタン・アンダソンの「...
和田浦海岸 – 隠れ家的ビーチ 「春の海 ひねもすのたり のたりかな」 という句がぴったりくる和田浦海岸のビーチ。 学生時代を過ぎてだんだんと感じるのは、何もしないことに時間を費やすことが少なくなっているということなのだが、和田浦海岸のほとんど人のいない護岸に腰掛けて、青い海と白い砂浜、のんびり打ち寄せている波をのんび...
古いビルが香港現代アートの発信地になっていた – 賽馬會創意藝術中心 (JCCAC)... 香港の都心と郊外のあいだにある寂れたエリアが現代アートの発信地になっていた。場所はMRT石硤尾駅から歩いて数分のところ。 なんだか寂れたエリアだよなあとか思っていると、古いビルが目当ての建物だった。 エントランス料金とかはとくにかからないのでなかにはいってみると吹き抜けのエリアにはペイン...
イグアスの滝(ブラジル側)へ行ってみたら、ものすごい観光地だった... フォス・ド・イグアス最大の観光の目玉であるイグアスの滝へ行ってきた。年末年始のイグアスの滝はハイシーズンで水量も豊富だし、迫力満点の滝を楽しめる。 しかし、この時期に訪れる人は滝につくまでものすごい大変であることを覚悟した方がいい。なぜならば、ブラジルでは夏休みの長期休み期間中なので家族旅行に...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.