山谷堀公園を隅田川の方へ歩いて行くとスカイツリーがだんだん大きく見えてくる。大通りを渡ったところで隅田川の護岸に出てくるのだが、ここにあるのがX字型にかけられたデザインが特徴的な桜橋が見えてくる。

ここは歩行者専用の橋なのでのんびりと渡れるのが、浅草のあたりで好きな場所だ。

桜橋の上からスカイツリーを眺める

隅田川には花見客が乗った屋形船が浮かんでいる。スカイツリーの手前には高速道路が通っているのだが平日だと空いていてドライブが気持ちよさそう。

花見シーズンには隅田川のスカイツリー側の堤防に屋台ができていて、そこでお酒を飲んだり食事することができる。

まさにお花見気分。ここも週末は相当混み合いそうだが、平日はのんびりしたものでビールのんで花見をすることができる。外でお酒飲むとなんでこんなにうまいんだ!って感動する。

浅草寺近く側の隅田公園よりも駅から離れていることもあり、きらきらした川面の流れを眺めたり、花見しながらお酒飲んで春の到来を味わったりするにはいいところだ。東京の春を実感することができる場所だと思う。

ここも東京の花見では見逃せないところ。

春のうららの隅田川
屋台のならぶ隅田川沿いも桜がきれい
こんな風景眺めながら昼から呑むお酒は最高です

Related Post

肉の大山のハムカツにはなかなか出会えず・・メンチカツでせんべろしてきた... 千円でべろべろに酔っ払える店のことを「せんべろ」と呼ぶのだが、せんべろをハシゴしていると、そもそも入店時に既にべろべろなのである。 カドクラとかたきおかを呑み歩いてから肉の大山にたどり着いたのだが(実質的な距離は15mくらい)、ここには朝イチのうちに来なくてはいけなかったんだと知る。 カ...
古きよき駄菓子屋に残るもんじゃのお店「こどもの家 きくや」(荒川遊園)でのんびりしてきた... 東京の下町のなかでもさらにのんびりしている都電荒川線の沿線。あらかわ遊園という昭和感があるレトロな遊園地のすぐ近くにある駄菓子屋では、お店の半分に鉄板があってもんじゃ焼きや焼きそばを食べることができる。お店の名前は「こどもの家 きくや」という名前だけど、瓶ビールが置いてあって大人でも楽しめる。 ...
【閉店・移転】上野でぎょびーといえば「昇龍」の餃子ということになる。... 僕のなかでは「せんべろ」と同じくらい不思議な言葉だったのだが「ぎょびー」という言葉。餃子にビールという組み合わせを略したものなのだけど、この間違えない組み合わせ!感動するなあ。 ということで、街中で美味しそうな餃子をみつけたらビールと一緒に食べることにしている。上野ではアメ横商店街にある昇龍が...
浅草でクラフトビールを飲みくらべ。アサヒビール発のクラフトビールを楽しむ。... 隅田川の水上バスに乗ったときにも飲んでびっくりしたことがある。アサヒビールはクラフトビールを醸造していて、それが案外美味しい。アサヒビールといえば、あの馬のしょんべんみたいなドライビールにビールと名乗らせていて、あまり好きではないのだが、このクラフトビールは美味しかった。このビールが船に乗らなくても...
立石のおでんやは名前そのまんま「おでんや」さんでした。... 立石の北側にある「呑んべ横丁」の看板横にある路地を入ったところでひっそりとやっているおでん屋さん。名前はそのまんま「おでんや」なので、ちょっと探しづらい穴場なお店だ。映画のセットみたいにちょっと小さな扉は建て付けが悪くて開けづらい。貼り紙がしてあって「グッとあけてください」というので、その通りに気合...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください