播磨坂のさくら並木を白山の方へ坂道を上がろうかと思ったとき、高い塀の向こう側に美しい桜がみえた。地図をみると東大が運営する「小石川植物園」だったので、ちょっと立ち寄ってみたのだがここは東京でも屈指の美しい花見の場所じゃないかと思う。

小石川植物園は1684年に江戸幕府が解説した薬草の研究施設である「小石川御薬園」がルーツであり、かなり広大な敷地に様々な植物が栽培されている。一般公開してくれているのがすごくありがたいところだ。

園内にはソメイヨシノの他に山桜などもあり、なにより歩いている目線のところまで桜の枝が垂れてきているのが見ごたえあって美しい。とくに、大きな山桜の巨木がありこの木の下でのお花見はなんと贅沢なんだろうって思う。なお、園内は飲酒禁止なので健康的にのんびりと花見ができるのもまたいい。

桜を楽しむということであれば、都内でもっとも美しい場所なんじゃないかと思う。いいところを見つけたなあという気持ちになった。

小石川植物園 (正式名称:東京大学大学院理学系研究科附属植物園)
住所:東京都文京区白山3-7-1
時間:9:00-16:30(入園は16:00まで)
休み:月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日-翌1月3日)

Related Post

御射鹿池 – 絵になる風景 松本へ行く途中にちょこっと寄り道して、蓼科の御射鹿池をみてきた。みてきたというくらいの小さな農業用のため池で、普通に考えればただのきれいな池でしかないのだが、東山魁夷の「緑響く」のモチーフとして有名になり、またその絵画をつかったシャープのアクオスのCMでさらに有名になったという経緯がある。 ...
JR最南端の西大山駅はなかなかの秘境駅... 指宿温泉から車で20分くらいと近いのだけど、列車の本数は1日数本というその少なさから鉄道でのアクセスが難しい秘境駅のひとつにあげられる西大山駅。ここは指宿枕崎線の鉄道駅としては日本最南端にあたり、ホームからは開聞岳がみえるのどかな駅で有名になっている。 ただし、無人駅で周囲にはなにもなく、鉄道...
軍艦島ツアーに参加して上陸してきた... 今回の旅の主目的のひとつは、長崎まで行って軍艦島をみてくるということ。もはや「整備された廃墟」であることは知っていたけれど、人間がもっとも自然から乖離された場所のひとつに行ってみたいという気持ちがあり訪れてみた。 長崎港ターミナル 軍艦島への行き方 長崎港から3時間程度のツアーに...
「播磨坂さくら並木」、東京にこんなきれいな風景あったんだと思える場所... 文京区の茗荷谷からほど近い場所は都内では静かな住宅街があり、好きなエリアのひとつ。丸の内線の茗荷谷駅から春日通りを歩いて数分のところにあるのが播磨坂という大通り。でも、この通りは都市開発の途中で中断している道路らしく交通量もあまり多くない。 そして、春日通りからアクセスするとながく続く通りに沿...
今年も花見山へやってきてお花見しました。2017年編。... 東京や関東圏でさんざん桜をみて花見をしたのだけど、都会にある桜だけではなく自然豊かな桜も観に行こうと思い、今年も桜前線をおっかけて北へと旅した。 去年と比べると2017年の春は週末に天気が崩れることが多くて、いまいちな天候ではあったけれど、それでも薄曇りのなかの桜はまた美しいなって思う。 ...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください