播磨坂のさくら並木を白山の方へ坂道を上がろうかと思ったとき、高い塀の向こう側に美しい桜がみえた。地図をみると東大が運営する「小石川植物園」だったので、ちょっと立ち寄ってみたのだがここは東京でも屈指の美しい花見の場所じゃないかと思う。

小石川植物園は1684年に江戸幕府が解説した薬草の研究施設である「小石川御薬園」がルーツであり、かなり広大な敷地に様々な植物が栽培されている。一般公開してくれているのがすごくありがたいところだ。

園内にはソメイヨシノの他に山桜などもあり、なにより歩いている目線のところまで桜の枝が垂れてきているのが見ごたえあって美しい。とくに、大きな山桜の巨木がありこの木の下でのお花見はなんと贅沢なんだろうって思う。なお、園内は飲酒禁止なので健康的にのんびりと花見ができるのもまたいい。

桜を楽しむということであれば、都内でもっとも美しい場所なんじゃないかと思う。いいところを見つけたなあという気持ちになった。

小石川植物園 (正式名称:東京大学大学院理学系研究科附属植物園)
住所:東京都文京区白山3-7-1
時間:9:00-16:30(入園は16:00まで)
休み:月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日-翌1月3日)

Related Post

川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...
クーハーカルハット宮殿に行ってきた(行き方地図つき)... ずっと前に見かけたTRANSITのタイ編や、トラベルハックの記事でみつけた洞窟の中にある不思議な風景の寺院。 いろいろ調べてみると、ホアヒンからそう遠くないところにありそうだったので、行ってみることにした。ネットの記事では結構簡単に行けそうな感じだったが、必ずしもそうではないと思う・・・。 ...
庄内の豊かさを実感する「山居倉庫」... 酒田市における観光スポットの目玉のひとつが、この山居倉庫。江戸末期から20世紀初頭にかけて建てられていて、いまだに現役で使われている。倉庫のうち西日があたる部分にはケヤキが植えられていて、そのケヤキ並木はフォトジェニックな散歩コースとなっている。ちなみに、この並木道で倉庫と反対側は普通の住宅地なんだ...
江ノ電と鎌倉高校前 前に乗ったのはいつだか覚えていないくらい、久々に江ノ電に乗った。 こういうミニローカル線って往々にして観光路線みたいな感じになってしまうと思うのだが、江ノ電に関しては地元の利用も結構ある感じ。海岸線沿いの道があれだけ渋滞してしまうと、たしかに江ノ電の需要はありそう。その辺の事情は銚子電鉄とは全...
六花の森ほど心地よい場所はない まったく事前になにも調べずに訪れた今回の旅での発見のひとつだと思う。 中札内の町のはずれにある六花の森。六花亭がこの地に製菓工場を作るとき、自らのお店の包装紙にもなっている花柄の風景を実際に作りたいってことで、あれた耕地をこんな森に変えてしまった。 ちなみに、六花亭という社名の由...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください