関東圏の花見シリーズ、最近になって話題になってきている二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)の桜をみてきた。江戸時代に多摩川から引き込んだ用水路で南武線の登戸駅から宿河原駅の間くらい。

みどころは宿河原駅にほど近いところにある。あたりは普通の住宅地で南武線が通っているので桜と南武線という組み合わせをながめることも可能。

南武線と桜

目黒川の桜並木がもっと人通り少なく、ゆっくりとみられるという感じもあるのだが、遠くからわざわざ見に来るほどかといわれると、そんなこともないかなあって思う。あくまでも用水路と桜並木という感じなので、人工的な感じが強い。

そしてタイミングにもよるかもしれないが用水路の泥の匂いが気になってしまい、なんとなく春の桜という雰囲気ではなくなってしまった。ここに来るならば目黒川の桜並木の方が楽しめるかな。近くにあって気軽に来られるところならば全然ありかと思うけれど。

二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)
住所:神奈川県川崎市多摩区宿河原3

Related Post

中之条ビエンナーレ2015 – 沢渡エリア編... 暮坂峠をくだってきて沢渡にやってきた。ここでは蛇野と丸伊製材のあたりがみどころのひとつ。どちらも広い駐車場があるのでアクセスしやすいのがいい。 蛇野のエリアは2年前と比べても廃墟感がましたというか、自然に還ってきているというか、建物が緑に覆われてきていたり、足場ががたついていたり。 なに...
エスカダリア ド セラロンはリオデジャネイロの新名所、美しい階段は必見... ラパ広場からサンタテレーザの丘に向かってのびている階段のうち、その美しさにおいて世界的に有名になった階段がある。 「エスカダリア ド セラロン(Escadaria do Selarón)」はポルトガル語で「セラロンの階段」の意味で、チリ人アーティストのJorge Selarón(ホルヘ・セラロ...
幕張の「さくら広場」は本当の意味でのお花見ができる場所... 幕張にある桜だらけのちょっと変わった公園。パナソニックが運営をしており、2006年に開園して今年で10周年。 ゆっくりとした時間を過ごせるいい場所なので気に入っているところ。なにより、園内では食事、飲酒、喫煙が禁止されているので、変なのがいないし煙草の煙もないのがいい。 ...
アンコール遺跡巡り(バンテアイ・スレイ 編)... 今回のアンコール遺跡巡りのなかで、僕にとって新たな発見だったのはバンテイアイ・スレイに対する印象。 ずっと前に来たときは、バイクタクシーの後ろに乗って砂埃だらけの道やら、道中は盗賊が出るとかいわれてびくびくしながらなんとかやってきた。 それなのに、バンテイアイ・スレイはすごい小さな遺跡で...
横浜トリエンナーレ2014をみてきた 2014年11月3日まで開催されていた横浜トリエンナーレを観てきたのでその記録。 とりあえず会期終わってからこれを書いているのだけど、まあそんなくらいの距離感でよかったかなというところ。 見に行けなかったとしても後悔はないと思うし、横浜の街も別にトリエンナーレで盛り上がるって感じじゃない...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
21star1stargraygraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください