幕張にある桜だらけのちょっと変わった公園。毎年訪れているけれど、日本でももっとも桜が楽しめる公園になってきていると思う。まだまだ成長途中の公園なので、これからの風景もまた楽しみなところだ。

2016年の訪問:幕張の「さくら広場」は本当の意味でのお花見ができる場所

さくら広場への行き方

さくら広場には駐車場がないので、アクセスは結構不便なところにある。京葉線の新習志野駅からだと徒歩20分くらい。どこかの駅からの路線バスも出ているみたいだが、本数が少なそうで利用したことはない。

もっとも無難なのは隣にあるイオンモールに車をとめて、買い物がてらに立ち寄ってみるのもいいと思う。イオンモール自体、相当大きいのだが、もっとも公園よりのところからだと徒歩5分ほどで行ける。一番遠いところだと徒歩20分くらいかかりそうだが。

 

さくら広場について

さくら広場は安藤忠雄が設計をしていて、整然と並ぶ桜が印象的な場所。楕円形をした休憩所が宇宙船みたいで夜に訪れると宇宙船にとらわれた人間みたいな感じがある。このエリアは昼に見るより夜にみた方が幻想的。

広場では飲食が禁止なので、いわゆるお花見の酔っぱらいがいなかったり、ブルーシートで場所取りする人とかいないので治安もいいし風景も美しい。桜の木に変なぼんぼりがついていないので、純粋に桜のあわい美しい色を楽しむことができる。

幻想的な夜
夕方から行われるライトアップも美しい

行くのであれば朝の一番最初のタイミングがいいけれど、夜であれば夕方から日が暮れた瞬間くらいがいい。あまり遅い時間になると意外とはやく閉園することもありゆっくりと桜を楽しめないと思う。のんびりと桜を楽しむには本当にいいところだ。

昼の風景

 

さくら広場(幕張)
住所:千葉県習志野市芝園1-5
時間:10:00-17:30
休み:月、年末年始
※桜の開花時期には特別期間となり時間と休みが異なる。

Related Post

純粋なお花見が楽しめる桜の名所「小石川植物園」... 播磨坂のさくら並木を白山の方へ坂道を上がろうかと思ったとき、高い塀の向こう側に美しい桜がみえた。地図をみると東大が運営する「小石川植物園」だったので、ちょっと立ち寄ってみたのだがここは東京でも屈指の美しい花見の場所じゃないかと思う。 小石川植物園は1684年に江戸幕府が解説した薬草の研究施設で...
船橋の吉光で寿司の原点を体験する 千葉って港が多いこともあって美味しい寿司に巡り会える確率が高いのだけど、そんななかで圧倒的なコストパフォーマンスがあると思うのが船橋駅の北口にある吉光というお店。 本店は駅から離れたところにある料亭みたいなところらしいが、北口店は立ち食い蕎麦屋みたいな見た目で普通に考えると寿司屋さんの風体じゃ...
佐賀でシチメンソウの紅葉を楽しむ 佐賀バルーンフェスタの競技が中止となってしまい、失意のうちに佐賀に戻ってきた。 佐賀が地元の友人と一緒だったので、なにをしようかと途方に暮れていたのだが、そういや有明海の干潟をみるのもいいかもなって思って、東与賀にある干潟よか公園に行ってみることにした。 佐賀駅から干潟よか公園までは車で...
長崎鼻と龍宮神社、どちらも有名なパワースポットで有名... 指宿あたりまでやってきたら訪れてみたいのは薩摩半島の突端である長崎鼻という岬。 このあたりは古くからの観光になっていて、あれこれ開発されていたり、風光明媚とはこのことをいうのだなというくらいに美しい風景がひろがっている。 そして、日本の岬といえばパワースポットになっているところが多く、こ...
南禅寺は紅葉の定番スポット 秋の京都で紅葉めぐりをしてきた。新幹線で京都駅について、まず向かったのは南禅寺。毎回思うけれど、東京から京都に新幹線で来ると、かかった時間以上に街の雰囲気ががらりと違うので、旅をしているなって実感する。 地下鉄で蹴上駅まで行き、そこから琵琶湖疎水の横を歩くと「あ、ここブラタモリで出てきたところ...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください