東京や関東圏でさんざん桜をみて花見をしたのだけど、都会にある桜だけではなく自然豊かな桜も観に行こうと思い、今年も桜前線をおっかけて北へと旅した。

去年と比べると2017年の春は週末に天気が崩れることが多くて、いまいちな天候ではあったけれど、それでも薄曇りのなかの桜はまた美しいなって思う。

2016年の花見山:花見山はやっぱり桃源郷だと思う

アクセス

桜の時期は花見山まで直接アクセスできないので周囲に車をとめてシャトルバスで向かう。あぶくま親水公園が駐車場も広くて行きやすくておすすめ。

ただ、2017年に関してはお昼くらいには駐車場待ちの渋滞が発生したり、シャトルバスの行列もかなり混雑してきていたので、できれば午前中の早めの時間に訪れるのがいいと思う。

花見山について

あぶくま親水公園からはシャトルバスで5分くらい。帰りのバスも5分ごとくらいに来ているので一度花見山まで来てしまえば帰りの心配はあまりないと思う。

シャトルバスがついたところでは、物産展みたいなプレハブが並んでいて、地元の食材を使った料理やお土産物が売っていたりする。ちょこちょこと水を買ったり軽く食べてから花見山へと向かう。

シャトルバスついたところにはちょっとした物産スペースがある
地元食材のカツサンド、うまかった。

花見山は個人の所有物なところもあり、基本的には花を楽しむところである。お酒を飲んだりいわゆる花見客は見かけなかった。まあみんな車で来ているだろうしね。のんびりと散歩しながら花見をするのが花見山のスタイルだと思う。

ソメイヨシノだけでなく、キキョウやモクレン、桃の花などが咲き乱れていて、なんだか黒澤明の映画「夢」に出てきそうな風景だ。白昼夢のような感覚がある。この風景は一度はみておいた方がいい場所だとおすすめしたい。

駐車場は「あぶくま親水公園」

Related Post

圧巻の風景、三春の滝桜 花見山と同じくらい、福島を代表する桜の風景は三春の滝桜なのではないかと。岐阜の淡墨桜、山梨の神代桜と並び三大巨大桜と呼ばれている。桜の樹に名前がついているというのが古くから愛されてきた何よりの証拠ではないかと思う。 根回りは11メートルを超えた巨木で近くでみると圧倒される。樹齢は100...
佐賀でシチメンソウの紅葉を楽しむ 佐賀バルーンフェスタの競技が中止となってしまい、失意のうちに佐賀に戻ってきた。 佐賀が地元の友人と一緒だったので、なにをしようかと途方に暮れていたのだが、そういや有明海の干潟をみるのもいいかもなって思って、東与賀にある干潟よか公園に行ってみることにした。 佐賀駅から干潟よか公園までは車で...
中之条ビエンナーレ2015 – 伊参エリア編... 中之条ビエンナーレで巡る里山の旅。四万温泉の東側にある伊参エリア編。この辺りは、伊参スタジオが有名なところだけど、今回は新たな廃校が増えていたのが、ビエンナーレとしてはいいのだろうけれど、地域としてはどうなんだろうって思うところ。 旧伊参小学校 旧伊参小学校にあった作品。なんかぞわぞ...
六花の森ほど心地よい場所はない まったく事前になにも調べずに訪れた今回の旅での発見のひとつだと思う。 中札内の町のはずれにある六花の森。六花亭がこの地に製菓工場を作るとき、自らのお店の包装紙にもなっている花柄の風景を実際に作りたいってことで、あれた耕地をこんな森に変えてしまった。 ちなみに、六花亭という社名の由...
イパネマビーチにいってみた ついにイパネマビーチにやってきた。 なんだか同じフレーズを繰り返してばかりなんだけど、まさか本当に地球の反対側のブラジルまで来てこのビーチへ実際に来てしまうとはねというところ。 都市にあるビーチとしては抜群にきれいだと思うし、真夏のビーチは賑わっている。 情緒みたいなものはないけれ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください