東京や関東圏でさんざん桜をみて花見をしたのだけど、都会にある桜だけではなく自然豊かな桜も観に行こうと思い、今年も桜前線をおっかけて北へと旅した。

去年と比べると2017年の春は週末に天気が崩れることが多くて、いまいちな天候ではあったけれど、それでも薄曇りのなかの桜はまた美しいなって思う。

2016年の花見山:花見山はやっぱり桃源郷だと思う

アクセス

桜の時期は花見山まで直接アクセスできないので周囲に車をとめてシャトルバスで向かう。あぶくま親水公園が駐車場も広くて行きやすくておすすめ。

ただ、2017年に関してはお昼くらいには駐車場待ちの渋滞が発生したり、シャトルバスの行列もかなり混雑してきていたので、できれば午前中の早めの時間に訪れるのがいいと思う。

花見山について

あぶくま親水公園からはシャトルバスで5分くらい。帰りのバスも5分ごとくらいに来ているので一度花見山まで来てしまえば帰りの心配はあまりないと思う。

シャトルバスがついたところでは、物産展みたいなプレハブが並んでいて、地元の食材を使った料理やお土産物が売っていたりする。ちょこちょこと水を買ったり軽く食べてから花見山へと向かう。

シャトルバスついたところにはちょっとした物産スペースがある
地元食材のカツサンド、うまかった。

花見山は個人の所有物なところもあり、基本的には花を楽しむところである。お酒を飲んだりいわゆる花見客は見かけなかった。まあみんな車で来ているだろうしね。のんびりと散歩しながら花見をするのが花見山のスタイルだと思う。

ソメイヨシノだけでなく、キキョウやモクレン、桃の花などが咲き乱れていて、なんだか黒澤明の映画「夢」に出てきそうな風景だ。白昼夢のような感覚がある。この風景は一度はみておいた方がいい場所だとおすすめしたい。

駐車場は「あぶくま親水公園」

Related Post

コパカバーナビーチを散歩 はじめてこのビーチについたとき「ついにやって来たー」っていう感慨と、時差ボケの眠さとの戦いだった。 コパカバーナの海岸は4キロに渡って続いていて、東端はレメ・ビーチといわれている。 なんとここも世界遺産「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」に含まれているらしい。 海岸...
モエレ沼公園に行ってきた イサムノグチが晩年に設計した公園。札幌郊外にあって、公共交通機関でのアクセスは悪いのだが来てみる価値はある。 公園の入場に関しては無料なのだけど、あまりにも広い公園なので見てまわるにはレンタルサイクルを借りるのがおすすめ。というか歩いて見てまわるよりもずっと気持ちがいい。 人工的につくら...
庄内の城下町、鶴岡でレトロな洋館めぐりの散歩旅... 庄内エリアで商業の中心地は酒田で、鶴岡は政治の中心地として栄えてきた。かなり古い街で洋館があることは知っていたのだが、これが案外みていて楽しい旅だった。100年以上前の昭和初期に作られたものが多く、昔の文化などに思いをはせるいいきっかけになる。 洋館めぐりの中心はJR鶴岡駅から南に2キロくらい...
中之条ビエンナーレ2015 – 沢渡エリア編... 暮坂峠をくだってきて沢渡にやってきた。ここでは蛇野と丸伊製材のあたりがみどころのひとつ。どちらも広い駐車場があるのでアクセスしやすいのがいい。 蛇野のエリアは2年前と比べても廃墟感がましたというか、自然に還ってきているというか、建物が緑に覆われてきていたり、足場ががたついていたり。 なに...
クリスマスイブの夜に 今年は、本当に旅の合間のクリスマスイブの夜。東京駅前にあるKITTEではWHITE KITTE 2014ということで、イベントスペースの吹き抜けエリアに巨大なクリスマスツリーを飾っていて、そこでイルミネーションのショーをやっている。 正直なところ、イルミネーションとかあまり興味ないのだけど、こ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください