福島の原発事故があってから立ち入ることができなかった福島県富岡町にある夜ノ森地区にある桜並木。樹齢100年を越える桜の並木道は圧巻の風景で観に行ってみたいと思いつつも、当分いけないんじゃないかと思っていたのだが2017年から一部が開放されて立ち入りができるようになったこともあり、花見山から向かうことにした。

夜ノ森へのアクセス

福島県の富岡町にあって、常磐線の夜ノ森駅からもほど近いのだが2017年現在はいまだ不通区間となって電車は走っていない。車でのアクセスとなるのだが、花見山からのアクセスにおいても原発事故の影響で通行止めの区間が結構あって大変だった。

東京方面からだと常磐道をつかってアクセスするのが一般的だと思う。桜が満開の時期には近くの学校の校庭が開放されて駐車場になっているので車でのアクセスは問題ない。

夜ノ森駅は2017年現在不通

夜ノ森について

夜ノ森というちょっとロマンチックな名前の由来は、もともとは「余(我)の森」であると領有権を主張しあっていたエリアであったところが、名称が変化して「夜ノ森」になったといわれている。案外なまなましい由来だったのか。

現在(2017年)開放されているのは富岡第二中学校付近のエリアとなっていて、桜並木は途中で帰宅困難区域のフェンスで途切れている。フェンスの向こう側にある景色と手前の違いは人がいるかどうかなのだが、フェンスの向こう側に行くことができないなんてちょっとやるせないよなって思う。不思議な光景だ。

あまりにも残酷な帰宅困難区域とのフェンス

それはそうと、ようやく見ることができた夜の森の桜並木は圧巻。昼間は歩行者専用道路になっていることもあり、のんびりと桜を見ることができる。どうやら、今年見に来ている人たちは地元の人が多いらしく、僕の車のナンバーみてちょっと驚かれる。でも、ここの桜の風景は一度くらいは見に来たい。

桜はソメイヨシノが中心らしく、淡い色合いの並木道が続いている。本当にトンネルのように道を覆っていて幻想的な風景だ。埼玉にある権現堂の桜並木もきれいだが、夜ノ森のほうが樹木が大きく、そして余計なぼんぼりとかついていないので桜の美しさを感じることができる。

桜並木は圧倒的

並木道の横には放射線観測装置があって現在の数値を出していたり、ものものしいところはあるし、街にはほとんど人が住んでいないのかなって思ったりする風景ではあるけれど、ここの桜はこれからもまた見に来たい心に残る風景だなって思う。東北では屈指の桜並木は一見の価値がある。

Related Post

奈良井宿への旅:お六櫛と庄屋忠左衛門の七味... 中央線の奈良井駅すぐそばにある 奈川から塩尻方面へと南下しつつ山を下っていったところに中山道の宿場町だった奈良井宿がある。 木曽街道の宿場町ってどれもきれいに残っていて、雰囲気あって好きなのだけど、奈良井宿もまた美しい場所だった。 奈良井宿は中央本線の奈良井駅からすぐのところにあ...
圧巻の風景、三春の滝桜 花見山と同じくらい、福島を代表する桜の風景は三春の滝桜なのではないかと。岐阜の淡墨桜、山梨の神代桜と並び三大巨大桜と呼ばれている。桜の樹に名前がついているというのが古くから愛されてきた何よりの証拠ではないかと思う。 根回りは11メートルを超えた巨木で近くでみると圧倒される。樹齢は100...
高雄の美麗島駅は地上部分の建物もまた必見... 世界でもっとも美しい地下鉄駅のひとつにも選ばれたことがある高雄の美麗島駅。改札階にあるステンドグラスに目が行きがちだけど、出口の建物は日本の高松伸が設計していて、ガラスを多用した建物は朝晩の時間帯に幻想的な風景を作り出していて必見の建物だ。 今回は美麗島近くのAirbnbに泊まったので、早朝に...
中之条ビエンナーレ2013(中之条編) 芸術の秋なので、それに乗り遅れるわけにはいかない。ということで、中之条ビエンナーレをみてきた。都心からみえて最も遠い六合エリアから順にまわってきて2日目最後は中之条エリアへ。 この、中之条ビエンナーレを見に来る人たちは、だいたいここからはじまるので、僕は逆から順番に辿っていった。 そして...
津南でひまわりをみる 一面のひまわり畑って観光スポットとしていくつかあって、山梨の明野が有名なのだけど、僕としては津南のひまわり畑の方をおすすめしたい。 理由としては、夏場の中央道ってばかみたいに渋滞しているし、まだ関越道の方がマシ。そして、津南の方が人も少ないし、全体的に暑すぎず(明野は暑い・・)、高原っぽい感じ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください