福島の原発事故があってから立ち入ることができなかった福島県富岡町にある夜ノ森地区にある桜並木。樹齢100年を越える桜の並木道は圧巻の風景で観に行ってみたいと思いつつも、当分いけないんじゃないかと思っていたのだが2017年から一部が開放されて立ち入りができるようになったこともあり、花見山から向かうことにした。

夜ノ森へのアクセス

福島県の富岡町にあって、常磐線の夜ノ森駅からもほど近いのだが2017年現在はいまだ不通区間となって電車は走っていない。車でのアクセスとなるのだが、花見山からのアクセスにおいても原発事故の影響で通行止めの区間が結構あって大変だった。

東京方面からだと常磐道をつかってアクセスするのが一般的だと思う。桜が満開の時期には近くの学校の校庭が開放されて駐車場になっているので車でのアクセスは問題ない。

夜ノ森駅は2017年現在不通

夜ノ森について

夜ノ森というちょっとロマンチックな名前の由来は、もともとは「余(我)の森」であると領有権を主張しあっていたエリアであったところが、名称が変化して「夜ノ森」になったといわれている。案外なまなましい由来だったのか。

現在(2017年)開放されているのは富岡第二中学校付近のエリアとなっていて、桜並木は途中で帰宅困難区域のフェンスで途切れている。フェンスの向こう側にある景色と手前の違いは人がいるかどうかなのだが、フェンスの向こう側に行くことができないなんてちょっとやるせないよなって思う。不思議な光景だ。

あまりにも残酷な帰宅困難区域とのフェンス

それはそうと、ようやく見ることができた夜の森の桜並木は圧巻。昼間は歩行者専用道路になっていることもあり、のんびりと桜を見ることができる。どうやら、今年見に来ている人たちは地元の人が多いらしく、僕の車のナンバーみてちょっと驚かれる。でも、ここの桜の風景は一度くらいは見に来たい。

桜はソメイヨシノが中心らしく、淡い色合いの並木道が続いている。本当にトンネルのように道を覆っていて幻想的な風景だ。埼玉にある権現堂の桜並木もきれいだが、夜ノ森のほうが樹木が大きく、そして余計なぼんぼりとかついていないので桜の美しさを感じることができる。

桜並木は圧倒的

並木道の横には放射線観測装置があって現在の数値を出していたり、ものものしいところはあるし、街にはほとんど人が住んでいないのかなって思ったりする風景ではあるけれど、ここの桜はこれからもまた見に来たい心に残る風景だなって思う。東北では屈指の桜並木は一見の価値がある。

Related Post

小樽運河と散歩 小樽まで来たので、北一硝子からちょっと足を延ばして小樽運河まで。歩いて5分もかからないところにあってかなり近い。レンタルサイクルとかもあるけれど、坂の多い町なので歩いて回ってもいいんじゃないかなって思う。 運河沿いは幹線道路が走る郊外といったところで、写真でよく見る風景の反対側は全然情緒がない...
夏の鞆の浦を散歩 夏の鞆の浦を散歩してきた。平日だったせいか人通りもあまりなくて、うだるような暑さのなか散歩して夏休みを過ごしたーって感じの午後だった。 鞆の浦までは福山からトモテツという会社のバスで30分くらい。平日はあまり混んでいなかった。休日は観光客で混むのかもしれん。帰りは平日の朝だったのだが少し渋滞に...
潮岬と橋杭岩:紀伊半島をぐるりとまわる... 潮岬灯台 アドベンチャーワールドでパンダを堪能したあと、紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲までドライブ。 僕としては房総半島をぐるっとするくらいのイメージだったのだが、全然違った。紀伊半島、すごいでかい。 そして、数年前の台風被害の復旧のためかトラックがすごい走っているのであまり快適...
電動自転車でいくバガン寺院めぐり バガンの寺院巡りをする際に活躍するのは電動自転車の活用になる。 自転車といっても日本にあるようなアシスト的なものじゃなくて、原付電動バイク(ペダル付き)という感じのもので、時速30キロくらいまで出すことができる。 今回の旅で僕ははじめて電動ではあるけれど、バイクを運転してみたのだが、これ...
松本城をみてきた いよいよ城にはいってみる 松本には何度も来ているのだけど、今回はじめて松本城の天守閣に入ってみた。 松本城はJR松本駅から徒歩15~20分くらいのところ。または、市内循環バスでも10分程度で行くことができる。 お城の周辺は公園になっていて、ここを散歩しているだけでも気持ちがいい。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください