※2017年11月に閉店されたとのことですが、旅の思い出なので掲載しておきます。

夜ノ森で桜を楽しんで、夕食はいわきまでやってきた。ここまできたら、小名浜で寿司かなあと、地元の人におすすめされたお店に行ってみることにする。

松喜鮨は小名浜の港から少し住宅街の路地に入ったところにあって、震災の津波被害からはぎりぎり免れたエリアにある。でも、ずいぶんと小名浜も変わってしまったんだろうなあという寂れ具合だった。

お店の入口はごく普通の街のお寿司屋さんという感じで、店内はカウンターのほかにテーブル席などもゆったりとしてあって結構広い。カウンターもゆったりとしていて、椅子にパリッとした白いシーツがかけられているのが印象的。そう、寿司屋さんって白いイメージがある。

夕食時間には少しはやいくらいだったので店内はあまりお客さんがいなかったのでのんびりできた。基本的に地魚の中心のおまかせ握りを頼むことにする。握りはひとつひとつ出すのではなく、一気に出してくるので少し待つのだがその間にあら汁なんか飲んで待つ。これもまた美味しい。街の寿司屋なんだが、ひとつレベルが高いのは小名浜ならではなんだろうな。

特上にぎりだったかな。かなり豪華。
さらに天ぷらを頼む。これも絶品。

季節によって水揚げされる魚は違ってくるし、次は秋においでなんていってくれていたのだが、行けないままに閉店されてしまったのは残念でならない。結構お得な価格帯で盛りだくさんの寿司が出てくる、このコストパフォーマンスのよさは絶品だと思う。

店主の方も気さくで夜ノ森の桜を見てきたって話をすると、こっちじゃあれくらいの桜並木はよくあるのでわざわざ観に行かないなんていっている。本当かよって思っていくつか桜の名所をきいてあとで車でちらっとみたのだが、たしかに並木道ではないけれどかなり立派な桜がたくさんあって春の福島って桜色なんだなって思うくらいだった。

【閉店】松喜鮨
住所:福島県いわき市小名浜字船引場8-4

Related Post

究極の喜多方ラーメン「食堂 なまえ」で食べてきた... 恵比寿にある喜多方ラーメンの坂内で食べるラーメンがわりと好きなのです。ちょっと縮れた太麺と出汁のきいたスープがシンプルで優しい味だなあって思う。 なので、今回の旅で喜多方にやってきたのは本場のラーメンを食べるということ。行ってみたのは「食堂なまえ」というお店。住宅街のなかにある小さなお店で、カ...
鈴政 – 酒田で食べる洗練された江戸前寿司... 初夏に来た旅行でもっとも印象に残ったのは、鈴政の江戸前寿司のおいしさと洗練されたよそおいで、今回もまた庄内に来たのは、このお店があったから。 今回は鶴岡から列車で到着して、酒田駅からの行き帰りともにタクシーを利用。かろうじてワンメーターでは行けず720円くらいかったが、歩いててもなにもないとこ...
札幌駅の地下街で寿司を食べる 北海道は普通のお寿司屋さんでも抜群にうまい!というのは都市伝説ではなくて本当のことだと思う。 札幌駅の地下街にある「花まる」というお寿司屋さんに立ち寄ったのだけど、普通にすごく美味しい。ミシュラン三つ星ってことで、「鮨 田なべ」にも行ったけれど、北海道らしいお寿司ってことであれば、ここでもいい...
祇園の「いづう」では鯖姿寿司と小鯛の雀寿司のセットを楽しめる... 祇園にある「いづう」で京都ならではの姿寿司を食べてきた。見た目の美しさと保存できるというもので、祇園の名店。 創業は天明元年(1781年)ということ。これは徳川家では第10代将軍の徳川家治が統治していて、アメリカでは独立戦争が行われていた時代ということになる。その頃から、この場所にあったお店で...
広尾の街のお寿司屋さん「阿部」でちらし寿司ランチはお得過ぎる... どこの街にもお寿司屋さんがあって、広尾駅横にある福寿司なんかはその代表格なのだけど、僕としては手軽で活気があって美味しい!って思えるのは商店街のはずれにある「阿部」さんの寿司だなって思う。 コストパフォーマンスのいいランチも人気で、そして美味しい。正式名称は「意気な寿し処 阿部」という店名通り...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください