秋山郷のトレッキングというか散歩はシューズブランドのイベントだったのだけど、ランチを食べたあとは近くにある結東の石垣田を観に行くことになった。

秋山郷は山に囲まれていたり、気候の厳しさから水田はなかったのだが、明治に入ってから飢饉対策として棚田を作り始めたみたいだ。雪解け直後で手入れをしていない田園は神秘的な古代遺跡のようにみえる。この地区を散歩しながらフキノトウをとっていたのだが、なんだかすごく不思議で力強い感覚があった。

ここまで石垣をつくりあげて水田をつくるという100年以上前の人たちの熱意ってすごい。ところどころすごく大きな岩があってそこに腰かけて風景を眺めていると、日本じゃないみたいな風景だなあって思えてくる。この風景は日本の田園風景のなかでも必見のひとつだな。本当にすごい。

田んぼに水をはった時期にはさらに美しい風景になりそうだ。越後妻有にはなんども来ていたけれど、まだまだ美しいみどころはたくさんあるのだなと思えるところだった。そして、大量のフキノトウはフキ味噌にして美味しくいただきました。

Related Post

とんかつ つまりへの再訪、やっぱり抜群に美味しい... 前回の訪問から3ヶ月ちょっと経って再び、とんかつ つまりへ訪問。近所のお店より来ている気がするな。 店名が変わっても食事の品質に変わりはなく、豚肉の美味しさを楽しむことができる。僕としては越後妻有エリアのなかで由屋とともにおすすめしたい地元のお店。 津南産の妻有ポークを熟成させたものは、...
北アルプス 三蔵呑み歩き 2014で日本酒を堪能してきた... 去年に続いて今年も信濃大町で開催された「北アルプス 三蔵呑み歩き」に行ってきた(去年のブログはこちら)。 今年はサイトウキネンで行きたかったコンサートの日程と重なってしまっていたので、こちらの呑み歩きイベントを優先(サイトウキネンのチケットがとれなかったということもあるが)。 このイベン...
へぎそば「由屋」 – 十日町では小嶋屋を凌ぐ人気店... 「へぎそば」とはこの地方特有の蕎麦で、つなぎに「ふのり」を使っていて独特の強いコシがあるのが特徴の蕎麦。 有名なのは長岡にもお店がある小嶋屋なのだけど、僕がよく訪れるのは国道沿いにある由屋というお店。こちらも、小嶋屋ほどではないにせよ人気のお店で、店の入口にあるウルトラマンの人形が目印。 ...
旅の締めくくりはここ「たくさんの失われた窓のために」... 今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。 いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。 鉄枠にカーテンがかけられ...
ペナン街歩き クアラルンプールからペナンまでは飛行機で40分くらい。すぐのところにある。 マレーシアのペナンはクアラルンプールから飛行機で40分くらい。結構大きな島でクアラルンプールに次いで第二の都市になっている。200年くらい前はジャングルだったとか信じられないが、島の東側はまだまだ緑が多い。 リ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください