2012年の大地の芸術祭でつくられた津南にある「出逢い DEAI」という作品が、限定公開されるというので訪れてみた。古い古民家をリノベーションして、外壁をペイントしたり、なかには流木を用いたオブジェがつくられたりしている。

ここは普段はコミュニティハウスとしても利用されているらしく、人が生活して家に手をいれているという感じがある。同じ古民家を使った作品でも廃屋になってしまう作品と人が住んでいる作品ではこうも雰囲気が変わるのかと思う。

この地方で冬場につくられている藁細工の編み目をモチーフとしたデザインが印象的で、すだれのようなカーテンのような布がかかっている風景はちょっとラウンジっぽい感じもある。

冬場に来たらまた印象は違うのかもしれないけれど、雪解けの春は水も豊かで美しく気持ちのいい風景だ。2018年の夏に行われる大地の芸術祭では開放されるみたいなので、今度は夏に訪れてみようかと思う。

出逢い DEAI
住所:新潟県中魚沼郡津南町秋成8683(大地の鼓動津南見玉公園、見玉不動尊近く)

Related Post

中之条ビエンナーレ2013の歩き方 芸術の秋ですよ。なにかきれいなものをみてくるかということで、群馬の中之条エリアで2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ2013」を観てきた。2年前に観に来たときよりも規模が大きくなってきてはいるけれど、それでも他のアートイベントと比べると手作りで地元の人も楽しんでいるような雰囲気で、いいイベン...
越後妻有から小布施への日帰り小旅行。... 2016年の夏は日本国内の小旅行をしてきていた。8月は一年ぶりに越後妻有への旅。去年は大地の芸術祭で賑わっていたけれど、それ以外の年は、新しい作品はないけれど、展示を楽しむことができるので、のんびりと観たい人にはこっちの方がいいかもしれない。 早朝に出発して、午前中のうちに越後妻有まで到着。川...
不思議な風景がある場所、台南の「千畦種子博物館」にいってきた... instagramで見かけて気になった場所。今回の台南旅では奇美博物館とかアート寄りの旅をしている。千畦種子博物館は個人所有の博物館で種を専門にしている。入場は無料なのだけど、事前の予約が必要でガイドツアー的なものは中国語のみ。 でも、このちょっと不思議な風景は美しく楽しい体験だった。台南って...
夏の碌山美術館にも来てみることにした... 萩原碌山の作品をメインにした個人美術館である碌山美術館。冬の時期に訪れて美術館のエントランスで炊かれていた薪ストーブの様子や、雪に覆われた様子の雰囲気が絵本の世界のようでとても美しく、季節を変えてまた来たいと思っていた。ということで、夏の終わりのこのタイミングで再びの訪問。 冬の訪問:安曇野の...
中之条ビエンナーレ2013(四万温泉編)... 芸術の秋!2年前に行ってすごい楽しかった、中之条ビエンナーレに今回も行ってきた。 六合からスタートして、初日で暮坂峠を抜けて沢渡を通り四万温泉へ向かう。この日は四万温泉にある中村屋という民宿に泊まるので、ここまで来ればもうお酒も飲めるってもんだ。 と、その前に中之条ビエンナーレをみてまわ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください