2012年の大地の芸術祭でつくられた津南にある「出逢い DEAI」という作品が、限定公開されるというので訪れてみた。古い古民家をリノベーションして、外壁をペイントしたり、なかには流木を用いたオブジェがつくられたりしている。

ここは普段はコミュニティハウスとしても利用されているらしく、人が生活して家に手をいれているという感じがある。同じ古民家を使った作品でも廃屋になってしまう作品と人が住んでいる作品ではこうも雰囲気が変わるのかと思う。

この地方で冬場につくられている藁細工の編み目をモチーフとしたデザインが印象的で、すだれのようなカーテンのような布がかかっている風景はちょっとラウンジっぽい感じもある。

冬場に来たらまた印象は違うのかもしれないけれど、雪解けの春は水も豊かで美しく気持ちのいい風景だ。2018年の夏に行われる大地の芸術祭では開放されるみたいなので、今度は夏に訪れてみようかと思う。

出逢い DEAI
住所:新潟県中魚沼郡津南町秋成8683(大地の鼓動津南見玉公園、見玉不動尊近く)

Related Post

大地の芸術祭 2015 – 中里エリア編 再構築 越後妻有の大地の芸術祭 アートトリエンナーレ。中里エリアについて。このエリアは十日町と津南の間にあって、区分が難しい。十日町エリアで書いた「再構築」という作品は中里エリアの方がよかったかもしれない。僕が泊まったベルナティオも中里エリアにある。比較的狭いエリアだけれど、いろいろ詰まった...
へぎそばならば「由屋」 はやはり美味い... 「へぎそば」とはつなぎに「ふのり」を使っていて独特の強いコシがあるのが特徴の蕎麦。かなり食べ応えがある蕎麦で、越後妻有に来たら津南の「とんかつ つまり」とともにおすすめのグルメ。 へぎそばのお店はいくつかあるのだけれど、なかでも評判がいいのは土市にある由屋。ひさびさに食べログでチェックしたら、...
ヴァンクリーフ&アーペルのプロジェクションマッピングをみてきた... 去る2013年12月11日、12日の2日間、恵比寿にあるジョエル・ロブションの建物を利用したプロジェクションマッピングが上映されていたのでみてきた。 クリスマスシーズンだったこともあり、ロブションがある恵比寿ガーデンプレイスも巨大なツリーやイルミネーションの並木道があってかなり煌びやかな雰囲気...
國立台灣美術館でアートにふれる 台中の市街地にあって、ひときわ巨大な建物の国立台湾美術館。 台湾アートの中心地であり、なにより驚いたのは入場料が無料であるということ。日本なんて、安くはあるけれど無料なことなんて、特別な日以外にはあり得ないよな。。 アートがもっている影響力を認識していて、それを重要なことだと思っているか...
クレマチスの丘、ヴァンジ彫刻庭園美術館、IZU Photo Museumをめぐってきた。... 5月の終わりくらい、もはや春というより初夏というような暑い休日に伊豆のあたりを小旅行してきた。まず、訪れたのは沼津にあるクレマチスの丘。クレマチスの花のピークは少し過ぎてしまっていたけれど、気持ちのいい庭園でのんびりしてきた。 前回の訪問 クレマチスの丘とヴァンジ彫刻庭園美術館とベルナール・...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください