2012年の大地の芸術祭でつくられた津南にある「出逢い DEAI」という作品が、限定公開されるというので訪れてみた。古い古民家をリノベーションして、外壁をペイントしたり、なかには流木を用いたオブジェがつくられたりしている。

ここは普段はコミュニティハウスとしても利用されているらしく、人が生活して家に手をいれているという感じがある。同じ古民家を使った作品でも廃屋になってしまう作品と人が住んでいる作品ではこうも雰囲気が変わるのかと思う。

この地方で冬場につくられている藁細工の編み目をモチーフとしたデザインが印象的で、すだれのようなカーテンのような布がかかっている風景はちょっとラウンジっぽい感じもある。

冬場に来たらまた印象は違うのかもしれないけれど、雪解けの春は水も豊かで美しく気持ちのいい風景だ。2018年の夏に行われる大地の芸術祭では開放されるみたいなので、今度は夏に訪れてみようかと思う。

出逢い DEAI
住所:新潟県中魚沼郡津南町秋成8683(大地の鼓動津南見玉公園、見玉不動尊近く)

Related Post

アンコール遺跡巡り(バンテアイ・スレイ 編)... 今回のアンコール遺跡巡りのなかで、僕にとって新たな発見だったのはバンテイアイ・スレイに対する印象。 ずっと前に来たときは、バイクタクシーの後ろに乗って砂埃だらけの道やら、道中は盗賊が出るとかいわれてびくびくしながらなんとかやってきた。 それなのに、バンテイアイ・スレイはすごい小さな遺跡で...
いちはらアート×ミックス2014「湖の飛行機」編... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。何回かに分けていった旅の記録をまとめていくよ。ということで、高滝湖に浮かぶ巨大な飛行機「湖の飛行機(うみのひこうき)」という作品をみてきた。 ここは駐車場が無料だったのでアクセスしやすいのが便利。そして、今回のアートミックスで...
いちはらアート×ミックス2014「与市郎桜のレジャーシート」編... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた記録なのです。 ということで、桜の咲くシーズンに里見駅近くにある与市郎桜と、そこに展示されていた「レジャーシート」という作品をみてきた。里見駅近くの無料駐車場に車を停めて、そこから徒歩10分くらいのところ。 一般住宅の敷地...
いちはらアート×ミックス2014「あそうばらの谷」編... 2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。 ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影...
旅の締めくくりはここ「たくさんの失われた窓のために」... 今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。 いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。 鉄枠にカーテンがかけられ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください