越後妻有のなかでもっとも再訪問しているのが、津南の物産館にあるとんかつ屋さんだと思う。だんだん人気が出てきてランチタイムには待つこともあるのだが、この美味しさだし仕方がないなっていうくらい。

今回は閉店間際になんとか入り込んで食事をとることができた。夕方はガラガラで空いているので穴場かもしれない。

過去の訪問
とんかつ つまりへの再訪、やっぱり抜群に美味しい
「とんかつ つまり」で妻有ポークのとんかつを食べる
【店名変更】津南ポークの「とん豚」にリピートしてきた
【店名変更】津南の「とん豚」で絶品トンカツを食べる

このブログでの登場回数の多さからして分かるとおり、越後妻有に来たら津南ポークはかならず食べた方がいい食材だし、なかでもここのとんかつが絶品なのだが、地元っぽい慣れた人たちを見ているとラーメンとか生姜焼きとかを食べていたりする。気になる・・、ということで今回は生姜焼きを頼んでみることにする。

生姜焼き定食は妻有ポークの肩ロースを使っていて、処理がいいのかすごく柔らかい。ちょっと甘辛い味付けもご飯がすすむ。なんといっても南魚沼地区であるこのあたりはお米も美味しいので、ご飯だけでも満足できるくらいだ。

生姜焼き
ご飯もうまい
単品で頼んだメンチカツも美味しかった

ファーストチョイスとしてはやはりとんかつだよなあって思うけれど、揚げ物が苦手という場合には生姜焼きもいいのではないかと思える味だった。物産館でも冷凍の肉を売っているのでお土産に買って帰ってみるのもおすすめです。ただ、このお店の弱点としては閉店が17:00とはやいこと。ランチでの利用がやはり定番かなあ。

とんかつ つまり
住所:新潟県中魚沼郡津南町大字芦ヶ崎乙203番地
時間:11:00-17:00
休み:水曜日

Related Post

質の高い十勝ワインはここで手に入る。帯広の「ワインプラザ カワイ」へ行ってきた。... 去年もここで十勝ワインを買ったところ。北海道の十勝地方といえば古くからワイン生産をしているところで、ヴィンテージのワインなどもできてきている。観光客向けには手頃なジュースみたいなワインを出しているけれど、ちゃんとしたワインを飲んでみたいなと思って探し出したところ。 帯広競馬場からそれほど離れて...
最後にみた「再構築」の風景、越後妻有「大地の芸術祭」... 今回の旅でもっともみたかったものを観に行く。使われなくなった小屋をリノベーションしたこの作品は2006年にうまれて、それから冬の間は雪囲いで保護されて、夏はまわりの風景をうつしだしてきて、越後妻有の作品群のなかでも最も有名なもののひとつになっている。 思っているよりだいぶ小さな小屋は遠くからみ...
房総の地物を心ゆくまで堪能できる館山の「冨鮨」へ行ってきた... のどかな房総半島の旅が好きなのです。なかでも、南房総は関東にこんなのんびりした風景があるのかと思うくらい。 今回は館山のなかでも小さな港町である布良(めら)にある鮨屋さんへ行くことにした。布良は昔ながらの小さな漁港で船を引き上げる傾斜みたいなところがあったり、古い街並みが残っていたり、どことな...
旬の蔵パセリ(佐賀) – 佐賀の日本酒を楽しむならここ... 佐賀の夜は「花たろう」でしっかり食べきって、さらに二次会へ。やはり、地元の日本酒を楽しみたい!ということで行ったのは「旬の蔵パセリ」という、小洒落た居酒屋。 ここでは、佐賀の日本酒を一通りそろえているので、この前、日本酒品評会で優勝した伊万里の「前」(さき)というお酒もきちんと用意してある。そ...
和田浦の「笑福」は隠れた名店だと思う... 千葉の南房総にある和田浦地区、ここは抜群に美しいビーチがあってときどき訪れているのだけど、まさかこんなに美味しい料理店があるとは、と改めてびっくりした。 場所は和田浦港のすぐ目の前にある。小さくて鄙びた漁港は海の色も鮮やかで美しい。そんな漁港の片隅にあるのだが、緑色の建物は漁師小屋にしか見えない。...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください