いままで夏か秋にしか来たことがなかった越後妻有なのだが、今回はじめて早春の季節にやってきた。

このエリアの雪解けはかなり遅くて、ゴールデンウィーク近くになっても、日陰などには残雪がかなり残っている。そして、いつものごとくベルナティオに泊まったのだが、やることもなかったんで朝食後に近くの森に散歩へ行ってみることにした。

過去の宿泊

客室、十分な広さがある
朝食は十日町のコシヒカリが食べられる

ベルナティオのリゾートホテルとしての快適さはもはやいうまでもないかなあというところ。館内にあるコンビニみたいなミニショップで越後ビールも手に入るし、充実した朝食はぜひ食べた方がいいし、素泊まりだけではもったいない。

今回の旅では秋山郷を少し見てまわる以外には目的がなかったので、チェックアウトまでの時間ですこし早朝の散歩をしてみることにした。ベルナティオのあたりは森の散歩道みたいなルートが整備されていて、夏は自転車で通ったりすることもできるのだが早春はゴールデンウィーク直前というのに結構雪が残っていて、残雪がルートを消していたりした。迷って困るエリアではないものの、結構びっくりする。

桜がさいていた
気軽に散歩にきたら戦争あとみたいな感じになっていた。。

倒木が道をふさいでいたりする
山桜がさいていた
冬の激しさを物語る木々
ようやく訪れた春の風景

そして雪解け直後の森は戦争でも起きたのかというくらいの激しさがあった。草は枯れ果て、弱い樹木はなぎ倒されたり、折れたりしている。ようやくフキノトウなどが芽吹き始めているが、結構な巨木が道を塞いでいたりして、これが自然の淘汰なのかという生々しさに触れてちょっと驚く。普段みている自然もだいぶ過酷な状況を乗り越えてきているのだろうな。

ホテルの人に聞いてみたら、この時期はだいたいこんな感じで、本格的な春が来るまでに整備しているという。そうか、いままではずいぶんと整備された自然をみていて、本当の自然とはかくもすごいものだったのかと今さらながらに気づいた。

当間高原リゾート ベルナティオ

Related Post

早春の秋山郷、見倉橋あたりを散歩してきた... 雪解けしたばかりの越後妻有、秋山郷のあたりをトレッキングというほどではないが、散歩してみることにした。このあたりは名水百選にも選ばれた龍ヶ窪とか豊かな自然や里山の風景が残っている。 ただ、冬は相当に厳しい季節なんだろうなあって思わせるものがあった。そして、この秋山郷を奥に進んでいくと山の向こう...
越後妻有のポチョムキンは居心地のいい公園のような場所... 2016年の夏は日本国内の小旅行をしてきていた。8月は一年ぶりに越後妻有への旅。去年は大地の芸術祭で賑わっていたけれど、それ以外の年も新しい作品はないけれど、展示を楽しむことができるのです。 まず向かったのはポチョムキンという作品。大地の芸術祭ではここもずいぶん古くからある作品。2003年とい...
ケップのホテルはThe Beach Houseがおすすめ... カンボジア南部のひなびたリゾート地であるケップ。ホテルは海岸線沿いに何軒かあり、あとは山の奥の方とかにもいくつかある。まだ全然開発されていない、のんびりとしたところなのだが、2016年夏時点においてはThe Beach Houseに泊まるのがおすすめだと思う。 The Beach Houseへ...
越後妻有で最多のリピート!津南の「とんかつ つまり」で今回は生姜焼きを食べてみた... 越後妻有のなかでもっとも再訪問しているのが、津南の物産館にあるとんかつ屋さんだと思う。だんだん人気が出てきてランチタイムには待つこともあるのだが、この美味しさだし仕方がないなっていうくらい。 今回は閉店間際になんとか入り込んで食事をとることができた。夕方はガラガラで空いているので穴場かもしれな...
上高地帝国ホテルは泊まらなくても立ち寄る価値がある... 上高地が山岳リゾートになるきっかけはここ上高地帝国ホテルだと思う。昭和8年(1933年)に開業したホテルで、いまは二代目の建物だが深紅の屋根や山小屋のようなつくりが森の風景に似合っている。一般車が入るようなところではないので広い駐車場もなく、こぢんまりとした雰囲気もいいな。 ロビーには巨大なマ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください