いままで夏か秋にしか来たことがなかった越後妻有なのだが、今回はじめて早春の季節にやってきた。

このエリアの雪解けはかなり遅くて、ゴールデンウィーク近くになっても、日陰などには残雪がかなり残っている。そして、いつものごとくベルナティオに泊まったのだが、やることもなかったんで朝食後に近くの森に散歩へ行ってみることにした。

過去の宿泊

客室、十分な広さがある
朝食は十日町のコシヒカリが食べられる

ベルナティオのリゾートホテルとしての快適さはもはやいうまでもないかなあというところ。館内にあるコンビニみたいなミニショップで越後ビールも手に入るし、充実した朝食はぜひ食べた方がいいし、素泊まりだけではもったいない。

今回の旅では秋山郷を少し見てまわる以外には目的がなかったので、チェックアウトまでの時間ですこし早朝の散歩をしてみることにした。ベルナティオのあたりは森の散歩道みたいなルートが整備されていて、夏は自転車で通ったりすることもできるのだが早春はゴールデンウィーク直前というのに結構雪が残っていて、残雪がルートを消していたりした。迷って困るエリアではないものの、結構びっくりする。

桜がさいていた
気軽に散歩にきたら戦争あとみたいな感じになっていた。。

倒木が道をふさいでいたりする
山桜がさいていた
冬の激しさを物語る木々
ようやく訪れた春の風景

そして雪解け直後の森は戦争でも起きたのかというくらいの激しさがあった。草は枯れ果て、弱い樹木はなぎ倒されたり、折れたりしている。ようやくフキノトウなどが芽吹き始めているが、結構な巨木が道を塞いでいたりして、これが自然の淘汰なのかという生々しさに触れてちょっと驚く。普段みている自然もだいぶ過酷な状況を乗り越えてきているのだろうな。

ホテルの人に聞いてみたら、この時期はだいたいこんな感じで、本格的な春が来るまでに整備しているという。そうか、いままではずいぶんと整備された自然をみていて、本当の自然とはかくもすごいものだったのかと今さらながらに気づいた。

当間高原リゾート ベルナティオ

Related Post

あてま高原のベルナティオに宿泊記 僕のなかで、リゾートホテルのなかでは最も好きなホテルのひとつ。日本でのリゾートホテルというと、夏に泊まったベネッセハウスとかの方が有名。 でも、この静かな越後妻有の風景のなかにあって、控えめに存在しているけれど、質の高いサービスを提供しているベルナティオは、この地方で行われている大地の芸術祭の...
へぎそば発祥の小嶋屋へ行ってきた 僕の感想としては、ふのりを使ったへぎそば発祥のお店であっても、それがすなわち美味しい店と同義にはならないんだなというところ。 店内は席数も多くてきれい 雰囲気や知名度でいえば、このお店は名店といえると思うが、それは有名店であるということと同義である。 ただ、へぎそばに辛子を添える...
「たくさんの失われた窓のために」越後妻有、大地の芸術祭... 越後妻有で3年に一度行われるトリエンナーレとは別に毎年夏に小規模ながら大地の芸術祭を開催している。そして、この夏で「再構築」という僕の好きな作品が公開終了するということもあり、この夏も越後妻有へと行ってきた。 早朝に家をでて、まずやってきたのは「たくさんの失われた窓のために」という作品。越後湯...
絵本と木の実の美術館 – 夏に来るのがおすすめの美術館... 絵本作家である田島征三氏が廃校を舞台に監修した美術館。大地の芸術祭の作品のひとつとして作られたものだけど、雪深くなる冬期をのぞいて継続して開館している。大地の芸術祭のパスポートがない場合は、入場料700円が必要。 水を動力にして動くオブジェがおもしろい。これは海に流れ着いた流木や木の実などに絵...
アメージング バガン リゾート宿泊記 バガンで宿泊したホテル。 ちょっと知り合いのつてがあって格安で泊まることができたのだが、広大な敷地をもつかなり立派なリゾートホテルで、チェックインして部屋に入ったときに「これはもうバックパック旅行じゃないな」と思った。 それくらい豪華。プールまでついているし、朝食もすごいうまかったし。...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください