4月の終わりというかゴールデンウィークのはじめに越後妻有を旅してきた。すっかり春だと思っていたら、この土地はまだ雪解け直後で春が始まったばかりのようだった。越後妻有には何度も来ているけれど、早春の時期ははじめて。こんなにも自然の淘汰とは激しいものなのかって思ったくらい。

早朝に家をでて、車で向かったのは津南の秋山郷。越後妻有エリアのなかでももっとも秘境なところで、100年くらい前までは冬は雪で閉ざされてしまうこともあったみたいだ。秋山郷へ向かう道も途中はガードレールがない谷間の道を進んだりするので結構すごい。

見倉の吊り橋
雪解け水がすごい
結東の石垣田
フキノトウ(このあと摘んだ)

結東見倉という秋山郷のなかでも比較的手前の方にあるエリアを少し散歩してみたのだが、まだまだ現役で使われている吊り橋があったり、まるで遺跡のような石積みの棚田があったりして日本っぽい風景なのに日本じゃないみたいな感じがする。ブータンを旅行していたときのことを思い出す。すごいエリアだ。

その後、大地の芸術祭でつくられた「出逢い DEAI」の建物を見学して早めの夕食は津南物産館にある「とんかつ つまり」にて食べる。いつもとんかつを食べてしまうので、今回は豚の生姜焼きを食べてみたのだが、これからはとんかつとどっちを頼むのか迷うレベルだ。これも美味しい。

出逢い DEAI
宿泊はベルナティオ
とんかつ つまりで食べた生姜焼き美味しかった。。

宿泊したのはいつもの定宿であるベルナティオ。ここはいいホテルだなあって思う。今回、はじめて早春の時期に泊まって敷地内を散歩してまわったのだが、山桜の巨木があったりしてちょっと遅れてきた春を楽しむこともできた。

チェックアウト後には、ここも何度も来ているのだが越後妻有の定番であるへぎそばの由屋でランチを食べて帰宅。今回の旅では越後妻有の厳しい冬の時期を垣間見た感じがする。次に来るとしたら冬に来てみたいなと思った次第。

この旅の記録:春の越後妻有への旅。(2017年4月)

Related Post

中之条ビエンナーレ2013の歩き方 芸術の秋ですよ。なにかきれいなものをみてくるかということで、群馬の中之条エリアで2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ2013」を観てきた。2年前に観に来たときよりも規模が大きくなってきてはいるけれど、それでも他のアートイベントと比べると手作りで地元の人も楽しんでいるような雰囲気で、いいイベン...
アムパワー水上マーケットではシーフードがおすすめ... バンコクで水上マーケットといえば、ダムヌン・サドゥアックのものがバンコクからの半日ツアーでも有名。 あのマーケットの賑やかな雰囲気もいいけれど、僕はのどかで昔ながらの風景が残っているといわれるアムパワーの水上マーケットの方が好きだな。 バンコクからは戦勝記念塔近くから出ているミニ...
ロイクラトンの旅 2013年秋 2013年11月の晩秋はタイのチェンマイで過ごしてきた。 旅の目的はロイクラトンのお祭りに参加してみること。 2010年にも行ったことがあるのだが、そのときと比べると随分と日本人が増えたし、メジャーなお祭りなんだなあ・・と思う。 まあ、それだけ美しい幻想的なお祭りなのだが。 ...
秋の佐賀を旅行してきた 11月の連休を利用して佐賀を旅してきた。佐賀を旅してくるというと、だいたいの人は「なにしに?」と聞かれるし(旅行なんだけど)、地元の人には「出張ですか?」と聞かれる(ビジネスホテルに泊まっているが旅行です)。 佐賀ってそんなに旅する人がいないのかと思ってしまうのだが、秋の佐賀は唐津くんちに、佐...
バンコク下町散歩旅 なんてことのないバンコクの下町で過ごした休日。 プラナコーン ノーンレンに泊まって、近所を散歩して、タイマッサージされて、夕方にはビール飲んで終わりという1日。 別にバンコクまで来て過ごすことはないんじゃないか?せっかく海外旅行をしているのにもっと他にすることはあるんじゃないか?と自分で...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください