5月の終わりくらい、もはや春というより初夏というような暑い休日に伊豆のあたりを小旅行してきた。まず、訪れたのは沼津にあるクレマチスの丘。クレマチスの花のピークは少し過ぎてしまっていたけれど、気持ちのいい庭園でのんびりしてきた。

前回の訪問
クレマチスの丘とヴァンジ彫刻庭園美術館とベルナール・ビュフェ美術館

クレマチスの丘は沼津インターから車で10分くらいのところ。公共交通機関でもアクセスできるのだが、バスの利便性がいまいちなので車でのアクセスが便利だと思う。クレマチスの丘とヴァンジ彫刻庭園美術館はセットになっていて共通の入場券ではいることができる。IZU Photo Museumはクレマチスの丘のすぐ向かい側にあってここも一緒に行ってみるといいと思う。

エントランスには草間彌生の作品がある
クレマチスの丘に入るときのこの雰囲気も好きな場所です
IZU Photo Museum

前回訪問したベルナール・ビュフェ美術館はクレマチスの丘からちょっと離れているので、雰囲気のいい美術館ではあるけれど興味がある人が行ってみるくらいなのかなとも思う。たまに、おもしろい特別展やっていたりするので見逃せないところではあるけれど。

クレマチスの丘は入ってすぐの開けた感じがすごく好き。丘をくだって遠くの街並みを眺めたりするのが気持ちがいい。しかし、今回の5月下旬でももはや暑かった。ゴールデンウィークくらいに来るのがベストシーズンかもしれないな。クレマチスの花も盛りを過ぎていて見所は少し減っていた。

ヴァンジの代表作「壁をよじ登る男」
ちょっとひいてみると案外怖い
裏側はちょっと面白い。。
クレマチスの丘にはいって見える風景が好き
クレマチス
さまざまな種類のクレマチスが咲いている

それとは逆に庭園部分にある木陰のベンチは絵になる風景なだけではなく、実際に座ってのんびりするのも気持ちがいい。吹き抜ける風は涼しくて、見上げた緑は爽やか。もうずっとここにいたいなって思うくらいだ。芝生でのんびりするのもいいので、ゆっくりを時間をとっておきたいところ。

このベンチが気持ちいい
見上げると美しい緑

IZU Photo Museumは写真の専門美術館でそれほど大きくはないのだけど、僕が訪れたタイミングでやっていた展覧会はクレマチスの丘をいろんな視点から撮影したものがあり、自分が撮った写真とはまったく違う場所のような感じで、同じ目で同じ場所を見ているのに人によってこんなにも見え方は違うのかと、その視点の違いがすごく新鮮だった。こういう多様性みたいなものを感じられるのがアートのいいところだな。

ひさびさに訪れたけれど、気持ちがいい場所で好きな美術館だなあ。次回こそは春に訪れたい。

クレマチスの丘
住所:静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1

Related Post

SNOOPY MUSEUM TOKYO「愛しのピーナッツ。」展をみてきた... 六本木に2016年4月から2018年までの期間限定でオープンしているSNOOPY MUSEUM TOKYOへ行ってきた。このミュージアムは作者の住んでいたサンタローザにあるミュージアムの分室として海外に唯一あるもので、コミックの原画が東京で気軽に観られるというのはとても貴重なんじゃないかと思う。 ...
台南の新しいアートスポット「藍曬圖文創園區」... もともと台南の町中には現代アートの作品が無造作に置かれていたり、ウォールアートがあったりしていたのだが、それらのいくつかをまとめて展示するスペースが旧市街の南側に「藍曬圖文創園區」としてできた。 向かい側は台南でもっとも高級なホテルであるシルクプレス台南があるし、横は新光三越の大きなデパートだ...
「YÔKAÏNOSHIMA」 シャルル・フレジェ展をみてきた... 銀座のメゾンエルメスでやっているシャルル・フレジェの写真展をみてきた。 去年に表参道のルイ・ヴィトンでみた「フォンダシオン ルイ・ヴィトン 建築展」もそうだけど、高級ブランドが店舗内にギャラリーを設けてアートを支援していくというのはすごくよい仕組みだと思う。 銀座エルメスのギャラリーも天...
「中之条ビエンナーレ2017」の旅【四万温泉編】... 今回の中之条ビエンナーレでもいままでと同じく四万温泉にある酒屋さん兼民宿「地酒の宿中村屋」に泊まるのだが、その前にまだ少し時間あったので四万温泉の作品群を見てまわることにする。ここも古い小学校を活用した展示があって、宝探しのようにあちこち見てまわる感じがある。 古い教室ではカフェがあってコーヒ...
津南の「出逢い DEAI」をみてきた 2012年の大地の芸術祭でつくられた津南にある「出逢い DEAI」という作品が、限定公開されるというので訪れてみた。古い古民家をリノベーションして、外壁をペイントしたり、なかには流木を用いたオブジェがつくられたりしている。 ここは普段はコミュニティハウスとしても利用されているらしく、人が生活し...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください