伊豆旅行とはいっても、沼津と中伊豆をまわった感じなので厳密な、定番的な伊豆旅行とは違うのかもしれない。

ゴールデンウィークが終わった5月下旬に静岡まで日帰りで小旅行をしてきた。ひさびさに沼津にあるクレマチスの丘でのんびりして、あの空気感を味わいたいというところもあった。

朝イチで出発して、開園と同時くらいにクレマチスの丘に到着。そのままヴァンジ彫刻庭園美術館をのんびりとみて、庭園のベンチでぼけーっとしているとあっという間に時間は過ぎていってしまう。

5月末だけど、はやくも夏の気配を感じる暑さ。クレマチスの花は盛りを過ぎてしまったが、木々の緑の美しさや通り抜ける風の気持ちよさは格別だ。この美術館には何度も来ているけれど、ここは春の季節に来るのがもっともいいと思う。

クレマチスの丘。このベンチが気持ちいい。

美術館をあとにして向かったのは沼津港。このあたりは観光地化されていて、港だけではなく海鮮が有名なお店がそろっているのです。いろいろ悩んだのだけど、週末のランチタイムはどこも混雑が激しくて、あまり待つことなく入れたのは魚河岸丸天という居酒屋みたいなお店。

車で来ていたのでお酒は飲めないのだが、まわりには結構昼間から飲んでいる人がいてうらやましい。ここではビジュアル的にインパクトのあるかき揚げが有名らしいのだが、普通に沼津でとれるしらすと桜エビの三色丼を食べてみたのだが案外普通だった。やっぱりかき揚げ食べておいた方がいいのだろうか。

三色丼
沼津港はイベントやっていた。
お土産物通り
木村屋の卵焼き

それよりも美味しいと思ったのは木村屋という卵料理の専門店。イートインのスペース(しかも路上にドラム缶)しかないのだが、ここの卵焼きは美味しい。築地にある松露みたいな感じでつまんで食べるには最適だった。

沼津港のあとは、ノーアイデアでどこに行こうかと思ったのだが、中伊豆の方へいって老舗温泉旅館がやっている足湯カフェへ行ってみることにした。東府や Bakery & Cafeはカフェの前にインフィニティプールみたいな部分は景勝としてデザインされた池みたいなもので、入ることはできない。でも、この池みたいなプールに映り込む涼しげな風景がよい。絵画のような風景だ。ここでもビール飲みたかった・・・。

日帰りでさくっと来た小旅行なのだが、いきたいところはもっとあり、次回はもっとじっくりまわってみようかと思う。

このプールみたいなのは入れません。

この旅の記録:アートな伊豆旅行。(2017年5月)

Related Post

ロイクラトンの旅1日目 2013年11月はタイのロイクラトン祭りに参加してコムロイを打ち上げにチェンマイまで行ってきた。 バンコクまでは4月と同様にユナイテッド航空のバンコク便を利用。夕方発なので出発間際に旅行準備が整えられるのは体力的に楽なフライト。 でも、このフライトは2014年3月29日で運休しちゃうんだ...
チャイティーヨー日帰り巡礼の旅 ゴールデンロック周辺はかなり開発されている ヤンゴンまできたなら、ちょっと無理してでもチャイティーヨーのゴールデン ロックを見た方がいいよというミャンマー人の熱烈なオススメもあって行ってみた。 移動はこちらに住んでいるミャンマー人の知り合いの方が車を出してくれたので、公共交通機関を一切...
言葉で尽くせない猫パラダイス、台北の猫村を散歩... 猫を売りにした町って、日本では宮城の田代島とか広島の尾道とか、世界に目をむけるとギリシアのサントリーニ島とか・・いろいろあるのだけれど、ここ台北郊外の侯硐の猫パラダイス度合いっていうのは、これはもう世界で戦えるレベルだと思う。 もともとは炭鉱の町で古い寂れた町だったのだけど、きっとたま...
行くぜ、東北。初夏のさくらんぼ狩り編(2016年)... 僕のなかでは初夏の風物詩、なんとなく淡い色合いの記憶。今年も山形でさくらんぼ狩りをしてきた。 過去のさくらんぼ狩りの記録 2013-06: 山形/庄内への小旅行 2014-07: 山形~宮城、ちょこっと福島の旅 2015-06: 初夏の山形/庄内の旅 2013年と2...
2013年のベスト トラベル5選 いよいよ、2013年もおわり。大晦日って、いままでの師走の忙しさが嘘みたいな、のんびりした気分になる。まな板の上の鯉のように「もう今日で年も終わりだし、いいや」という、やや自暴自棄的なリセットする気分でもあるのだが。 で、年が終わる前に旅のまとめ。最後は今年もっとも印象に残った旅について。旅と...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください