うなぎ好きには有名な成田山界隈。なかでも、川豊とならぶ有名店は成田山参道の入口近くにあるこちらの駿河屋。川豊と同じように店先で鰻をさばいている姿をみることができる。

そして、ここでは幻ともいわれる共水うなぎを食べられることでも有名なお店なのです。

駿河屋へのアクセス

成田山門前の一番近くにあるうなぎ店。成田駅からあるいてくることもできるし、周囲には駐車場も多いので車でのアクセスも便利。だた、年末年始や節分のタイミングでは参拝客が激増するので、うなぎ目当てであればそこは外した方がいいかもしれない。

駿河屋はとくに人気店のひとつのため、並ぶのは確実な状況。店内にある発券機で整理券をとって待つことになるのだが、店内には数席しか待ちスペースがないため、店先の人にだいたいの時間を聞いてそこら辺を散歩してから戻るのがいいと思う。

お店の外観

駿河屋について

うなぎ屋によくある代々つがれた秘伝のタレというのがここでも有名。醤油は地元千葉の下総醤油を使っていて濃いめの感じ。濃厚なタレはやはり美味しいなって思う。炭火もしっかり入ってこのタレとのバランスが素晴らしい。

うなぎは二種類あって普通のうなぎで食べる特上のうな重ははみ出したうなぎを折りたたんでお重に詰め込むくらいの感じでぎっしりと入ってくる。このぎっしり感は高級品となったうなぎの贅沢さを感じる見た目でインパクトがある。脂ののったうなぎもまた美味しくて、スーパーで売っているものとは比較してはいけないなって思える。確かに高い食べ物だが、スーパーのうなぎと比較しても値段に見合ったクオリティはあるなと思える一品だ。

特上うなぎ、フォトジェニック

もうひとつ、このお店はリピートした方がいいと思うのは共水うなぎの存在。通常のうなぎと食べ比べしてみてほしいのだが、一気に食べるのは難しいのでやはりリピートしてくる必要があると思う。

共水うなぎとは、僕もここで初めてしったのだけど大井川の清流でできる限り自然に近い状態で養殖された鰻のブランドで、生産量の少なさから幻の鰻ともいわれているとのこと。駿河屋では常時その幻の鰻を食べられることができるということで、1度は食べてみる価値はあるのだが、値段は高いのと普通のうなぎと食べ比べしてみて違いがわかると思うので、それを考えるとやっぱりリピートしてこなくては・・。

幻の共水うなぎ

共水うなぎのうな重は、大きめのうなぎが載っていて、量としては特上ほどではない。そして、通常の養殖ものの鰻と比べると脂ぎった感じはなく、肉厚で引き締まった鰻の身の味わいを感じることができる。好みの問題はありそうだが、この鰻は自然な感じがしてうまい。トロと赤身の違いみたいなものなのかな。

高級なうなぎ、せっかくなのでちゃんとしたところで美味しく味わいたいものだ。そういう点では成田の駿河屋は抜群にいいお店だと思う。

駿河屋
住所:千葉県成田市仲町359
時間:10:00-17:00
休み:木曜日

Related Post

タケノコづくし転じてタケノコ地獄。大多喜の「たけのこ」は一度くらいは行ってみてもいいかも... 春の千葉はタケノコが旬の季節。房総半島をドライブしているとそこらへんでタケノコを売っている台があったりする。かなり激安でびっくりする。ちょうど桜の季節と重なるくらいなので、千葉をドライブしているなかでタケノコを楽しむべく、タケノコ料理専門店のその名も「たけのこ」という食堂に行ってみることにした。 ...
棚田の夜祭り(鴨川:大山千枚田)に行ってきた... 昨年のことになるのだが、千葉の鴨川にある大山千枚田で行われている棚田の夜祭りに行ってきた。 本来であれば10月下旬に開催される予定だったのだが、台風接近により延期されて2013年は11月29日~12月1日に開催された。 よって、ものすごい寒い夜のなか観に行ったのだが、その分空気は澄んでい...
恋する豚研究所でランチを食べる 前回に訪れたときはそのネーミングの強烈さに驚いた「恋する豚研究所」。 成田空港の近くにあって意外な穴場なのだが、最近は近くの道の駅や高速道路のサービスエリアでも、商品をみかけるようになってきてちょっと嬉しい。 ひさびさに、そして今回こそはランチを食べてみることにした。前に来たときよりも確...
市川一茶庵 – 古民家な佇まいのお店で老舗の蕎麦を楽しむ... 東京から20キロくらい離れた郊外の住宅地である総武線の本八幡駅近くにあって、旅行で来ることもあまりない立地なのだが、全国各地にある一茶庵直系の蕎麦屋で、蕎麦職人が集っている禅味会グループの中心的な存在でもある有名店。僕の蕎麦基準では、ここの市川一茶庵の蕎麦が基準になっている。 ということで、久...
なが島(鴨川) – 地魚料理を堪能できる良心的な居酒屋... 大山千枚田で行われた棚田の夜祭りにあわせて、夕食を食べに行ったお店。僕のなかで最近きている「地産地消」な感じの居酒屋。ここ鴨川で採れる海の幸を、地元ならではの料理スタイルで提供してくれる。 店内はカウンターと小さな座敷があるだけのとても小さいお店。ご夫婦ふたりで切り盛りされている。小さ...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください