うなぎ好きには有名な成田山界隈。なかでも、川豊とならぶ有名店は成田山参道の入口近くにあるこちらの駿河屋。川豊と同じように店先で鰻をさばいている姿をみることができる。

そして、ここでは幻ともいわれる共水うなぎを食べられることでも有名なお店なのです。

駿河屋へのアクセス

成田山門前の一番近くにあるうなぎ店。成田駅からあるいてくることもできるし、周囲には駐車場も多いので車でのアクセスも便利。だた、年末年始や節分のタイミングでは参拝客が激増するので、うなぎ目当てであればそこは外した方がいいかもしれない。

駿河屋はとくに人気店のひとつのため、並ぶのは確実な状況。店内にある発券機で整理券をとって待つことになるのだが、店内には数席しか待ちスペースがないため、店先の人にだいたいの時間を聞いてそこら辺を散歩してから戻るのがいいと思う。

お店の外観

駿河屋について

うなぎ屋によくある代々つがれた秘伝のタレというのがここでも有名。醤油は地元千葉の下総醤油を使っていて濃いめの感じ。濃厚なタレはやはり美味しいなって思う。炭火もしっかり入ってこのタレとのバランスが素晴らしい。

うなぎは二種類あって普通のうなぎで食べる特上のうな重ははみ出したうなぎを折りたたんでお重に詰め込むくらいの感じでぎっしりと入ってくる。このぎっしり感は高級品となったうなぎの贅沢さを感じる見た目でインパクトがある。脂ののったうなぎもまた美味しくて、スーパーで売っているものとは比較してはいけないなって思える。確かに高い食べ物だが、スーパーのうなぎと比較しても値段に見合ったクオリティはあるなと思える一品だ。

特上うなぎ、フォトジェニック

もうひとつ、このお店はリピートした方がいいと思うのは共水うなぎの存在。通常のうなぎと食べ比べしてみてほしいのだが、一気に食べるのは難しいのでやはりリピートしてくる必要があると思う。

共水うなぎとは、僕もここで初めてしったのだけど大井川の清流でできる限り自然に近い状態で養殖された鰻のブランドで、生産量の少なさから幻の鰻ともいわれているとのこと。駿河屋では常時その幻の鰻を食べられることができるということで、1度は食べてみる価値はあるのだが、値段は高いのと普通のうなぎと食べ比べしてみて違いがわかると思うので、それを考えるとやっぱりリピートしてこなくては・・。

幻の共水うなぎ

共水うなぎのうな重は、大きめのうなぎが載っていて、量としては特上ほどではない。そして、通常の養殖ものの鰻と比べると脂ぎった感じはなく、肉厚で引き締まった鰻の身の味わいを感じることができる。好みの問題はありそうだが、この鰻は自然な感じがしてうまい。トロと赤身の違いみたいなものなのかな。

高級なうなぎ、せっかくなのでちゃんとしたところで美味しく味わいたいものだ。そういう点では成田の駿河屋は抜群にいいお店だと思う。

駿河屋
住所:千葉県成田市仲町359
時間:10:00-17:00
休み:木曜日

Related Post

ジェットスター(LCC)搭乗記 成田~福岡線... いつもはエアアジアのカジュアルな雰囲気が好きでよく使っている僕なのだけど、今回の福岡便はジェットスターのプロモーションで安かったのでこちらを利用。往復で8,000円くらいだったかな・・そのくらい。ということで搭乗記録などを書いてみることにする。 チェックインについて チェックインは出発4...
勝浦の「はらだ」で担々麺の食べくらべ... 「江ざわ」で勝浦担々麺の美味しさに感動して、再訪しようと行ってみたのだが臨時休業だったのでもう一つの人気店である「はらだ」へ行ってみた。 「はらだ」へのアクセス 「江ざわ」から車で5分くらいのところ。市原方面から来ると、江ざわよりも手前の方にあって、大多喜街道(国道297号)から少し細い脇道を入...
いちはらアート×ミックス2014「与市郎桜のレジャーシート」編... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた記録なのです。 ということで、桜の咲くシーズンに里見駅近くにある与市郎桜と、そこに展示されていた「レジャーシート」という作品をみてきた。里見駅近くの無料駐車場に車を停めて、そこから徒歩10分くらいのところ。 一般住宅の敷地...
道の駅「オライ蓮沼」は、なかなかにグルメな道の駅だった... オライ蓮沼は房総半島の北側にあり、Ushimaruから車で10分くらいのところにある道の駅。田園のなかにある、どうってことのない道の駅なのだが、なかなかにグルメな道の駅でおすすめ。地元の人で駐車場が賑わうくらいだ。 「オライ」とはこちらの方言で「わたしの家」という意味があるみたい。千葉もこの辺...
家飲みより安いなんて素敵過ぎる。船橋の「大衆居酒屋 あさひ」で昼飲みしてきた。... 千葉の船橋駅周辺は隠れた名店が多く、安くて美味しいものを食べることができる。ただの郊外型都市というなかれ、せんべろ的な代表格である一平や、立ち食い寿司の名店である吉光など圧倒的なコストパフォーマンスがいいお店があったりするのです。 今回訪れてみた「大衆居酒屋 あさひ」もそのひとつで、昼から営業...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください