餃子の専門店というのは結構あるけれど、ここは餃子の美味しい居酒屋という感じがあり幅広く楽しめる。席数が少ないのがちょっと残念だが恵比寿界隈で美味しく飲める店ということであれば、ここは結構いいところだと思う。

67餃子 恵比寿本店へのアクセス

恵比寿駅西口から徒歩5分程度のところ。駅からみて恵比寿横丁の裏側にあり、有名なラーメン店ARURIの隣にある。小さなお店なので、確実に行くのであれば予約しておくのが安全なところだ。

67餃子 恵比寿本店について

店名になっている67とは、第六十七代横綱の武蔵丸がプロデュースするお店だからそうです。恵比寿本店とあるが、お店はいまのところここだけらしい。

メインは鉄鍋に入った餃子。福島の円盤餃子みたいな感じもあるが九州スタイルなのだということ。そうか、旧にもこういうのがあるのかと食べに行きたくなる。小ぶりなので一人一鍋いけてしまいそうだ。これをつまみにビールを飲むのが幸せなのだが、九州スタイルだけにもつ鍋餃子なんていうのもあったりしてこれもまた美味しい。ちょっとした居酒屋めしなどもあるので、居酒屋として利用できるのがいいところだ。

鉄鍋餃子
もつ鍋なスープ餃子も美味しい

シメとしては麺料理。まぜそばのような麺料理があって、これがシメにちょうどいいサイズ感。全体的にはお酒にあう料理がそろっているので、お酒飲まないと味が濃すぎると思うかもしれないが、ビール飲みながらだとこれくらいがいい。こだわった餃子の美味しさふくめて夜の恵比寿では好きなお店のひとつです。

シメのまぜそば
まぜそばは食べる前にしっかりかき混ぜて食べます

67餃子 恵比寿本店
住所:東京都渋谷区恵比寿1-1-7 117ビル 1階
時間:17:00-深夜 (日祝 23:00)
休み:不定休

Related Post

浅草の「正ちゃん」でオープンエアな居酒屋を体験する... このブログが公開される頃にはちょっと寒くなってきているけれど、初夏から秋のはじめにかけては浅草のホッピー通り界隈でドイツ人のように外で飲むのがとても楽しい。 浅草寺と国際通りにはさまれた浅草のホッピー通り。かつては朝から夜勤明けの労働者がお酒を飲むような場所だった。余談だけど、僕はむかしアルバ...
恵比寿横丁とは観光地です。恵比寿横丁 純ちゃんで飲む九州の雰囲気。... ここのところ(2017年)、恵比寿横丁とかコリドー街がナンパのスポットとして有名になっているらしい。 どちらにも好きなお店があって、たしかに前からそういうのがあったけれど、最近はちょっといままでと雰囲気が変わってきていると感じる理由がはっきりした。いまさらながらに感じるところ。 ひさびさ...
【閉店】アラウィのジャークチキンは中南米の味がする本物感... 恵比寿でがっつりとランチを食べたいときには、駅からすこし離れているけれど、アラウィのジャークチキンがおすすめ。 ジャークチキンとはジャマイカのローカルフードで、さまざまなスパイスでミックスした鶏肉を直火で焼き上げナイフでぶつ切りにしたもの。ココナッツ風味のライスもまたこれにあう。 最初に...
豊田屋で痛風鍋と浅草無双 東京の東側、平井という総武線のなかでも飛びきり超マイナーなエリアにありながら、年々予約がとれなくなってきている居酒屋がある。 夏場は夕方くらいに行くと、いったいいつから飲んでいるんだっていうようなおじさん達がいて面白い。しかし、この居酒屋が本領を発揮するのは冬場の季節。とくに「あんこう鍋」が美...
立石のおでんやは名前そのまんま「おでんや」さんでした。... 立石の北側にある「呑んべ横丁」の看板横にある路地を入ったところでひっそりとやっているおでん屋さん。名前はそのまんま「おでんや」なので、ちょっと探しづらい穴場なお店だ。映画のセットみたいにちょっと小さな扉は建て付けが悪くて開けづらい。貼り紙がしてあって「グッとあけてください」というので、その通りに気合...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください