6月下旬にやっているルーティンみたいな旅。今年も山形へ行ってきた。早朝に出発して、まず向かったのは天童にある高柳果樹園。このブログをはじめて結構経つがこれで5年連続というリピートになっている。結構行ってきたものだな。

果樹園の場所は天童市街を走る国道13号線から山寺の方へ向かう道沿いにある。まわりと比較しても小さめの農園で家族経営な感じがする。家の庭先に車をとめていくところとか。さくらんぼといえばすぐ北隣にある東根が有名だけど、天童もなかなかにさくらんぼ栽培が盛んなエリアで、全体的に東根より少しお得に楽しめるのがいい。

過去の訪問
2013年の訪問:高柳果樹園(天童)でさくらんぼ狩り
2014年の訪問:山形でさくらんぼ狩りをしてきた。
2015年の訪問:初夏は山形でさくらんぼ狩り – 天童への旅
2016年の訪問:初夏の山形、今年もさくらんぼ狩りをしてきた(高柳果樹園)

大豊作って感じ

今回は佐藤錦のシーズンにぴったりあわせて行くことができたので、小さな赤い実があちこちにみえる幸せ。いろいろと食べ比べをすることができるのだが、紅秀峰の大粒感もいいけれど、この佐藤錦のふんわりした果物感はたまらない。朝イチで訪れると、まだ狩られていない樹木ばかりなので、ゆったりと楽しむことができる。

苺などと比べて時間制限が設けられていないこともあり、毎回こんなんでいいだろうかと思ったりするのだが、だいたいぴったり1時間程度で満足して終了。さくらんぼの朝食で満腹感が得られるってなんと贅沢なことなのだろうか。

お土産を買うこともできます
この漬物たびがまたさくらんぼ狩りのあとの楽しみでもある

そして、高柳果樹園の名物といえば口直しに出てくるお漬物。ナスや山菜の漬物、玉こんなどのしょっぱさが甘ったるい口を調整するのにいい感じだ。つめたい麦茶を飲みながらのんびりとして、もうすぐやってくる夏の気配を感じたりする。いまが一番いい季節だなあって思う。

毎年のように来られるって素敵なことだと思いながら、今回もここから旅をスタートさせてみた。

高柳果樹園
住所:山形県天童市干布226

Related Post

フルーツショップ キヨカでのフルーツざんまい、ふたたび。... 前回訪れて、フルーツパフェを食べてすごい感動したお店。でも、つぎに来るのは当分先になるかなあとか思っていたのだが、案外はやく再訪してしまった。こんなことならスタンプカードを捨てるんじゃなかったと後悔した。 酒田から米沢までは地図だとそんなたいした距離じゃなさそうにみえてしまうのだが、高速道路が...
神秘のブルー、丸池様の美しさは言葉にしつくせない... 今回の庄内への旅でひそかに気になっていた場所。知り合いが訪れていてすごい美しい場所で穴場だというので行ってみた。たしかに全然人がいない(いまは違うかもしれないが)なかで森のなかに突然あらわれる驚異的な透明度の青い泉は神秘的で美しい。斧とか落としたらなかから神さまが出てきそうな絵本のなかで出てくる風景...
「藤の家」古民家カフェで実感する庄内の豊かさ... このお店をどこでどうやって知ったのか・・すっかり思い出せないのだけど、今回の旅行で印象に残るカフェになった鶴岡市にある藤の家(ふじのや)というお店。 食べログにも店舗情報ないし、どうも新しいお店らしいのだが、ちょっとこれも出会いというか、気になったので訪れてみました。ランチタイムを少し外した時...
藤沢周平記念館、好きな人にはたまらないマニアックな個人文学館... 鶴岡で洋館めぐりの散歩をしたあと、前から気になっていた藤沢周平記念館に行ってみた。「蝉しぐれ」など時代小説の作家として有名な藤沢周平は鶴岡の出身なのです。 そして、直筆の原稿や資料や書斎の再現、なんなら昔済んでいた家の庭木までも移植していて藤沢周平の世界観を感じることができる。 これは...
圧倒的な存在感の板そばが出てくる「伊勢そば」にいってきた... あらきそばの板そばをみていて「なんていうか、これは蕎麦っていうかそば粉で作ったうどんじゃね」と常々思っていた。しかし、そんなものはまだかわいいものだったなとわかった日。 それくらい、圧倒的に存在感のある極太の蕎麦が出てくる。これは蕎麦じゃなくて・・・棒だろう、みたいなのが。山形の蕎麦に対する価...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください