6月下旬にやっているルーティンみたいな旅。今年も山形へ行ってきた。早朝に出発して、まず向かったのは天童にある高柳果樹園。このブログをはじめて結構経つがこれで5年連続というリピートになっている。結構行ってきたものだな。

果樹園の場所は天童市街を走る国道13号線から山寺の方へ向かう道沿いにある。まわりと比較しても小さめの農園で家族経営な感じがする。家の庭先に車をとめていくところとか。さくらんぼといえばすぐ北隣にある東根が有名だけど、天童もなかなかにさくらんぼ栽培が盛んなエリアで、全体的に東根より少しお得に楽しめるのがいい。

過去の訪問
2013年の訪問:高柳果樹園(天童)でさくらんぼ狩り
2014年の訪問:山形でさくらんぼ狩りをしてきた。
2015年の訪問:初夏は山形でさくらんぼ狩り – 天童への旅
2016年の訪問:初夏の山形、今年もさくらんぼ狩りをしてきた(高柳果樹園)

大豊作って感じ

今回は佐藤錦のシーズンにぴったりあわせて行くことができたので、小さな赤い実があちこちにみえる幸せ。いろいろと食べ比べをすることができるのだが、紅秀峰の大粒感もいいけれど、この佐藤錦のふんわりした果物感はたまらない。朝イチで訪れると、まだ狩られていない樹木ばかりなので、ゆったりと楽しむことができる。

苺などと比べて時間制限が設けられていないこともあり、毎回こんなんでいいだろうかと思ったりするのだが、だいたいぴったり1時間程度で満足して終了。さくらんぼの朝食で満腹感が得られるってなんと贅沢なことなのだろうか。

お土産を買うこともできます
この漬物たびがまたさくらんぼ狩りのあとの楽しみでもある

そして、高柳果樹園の名物といえば口直しに出てくるお漬物。ナスや山菜の漬物、玉こんなどのしょっぱさが甘ったるい口を調整するのにいい感じだ。つめたい麦茶を飲みながらのんびりとして、もうすぐやってくる夏の気配を感じたりする。いまが一番いい季節だなあって思う。

毎年のように来られるって素敵なことだと思いながら、今回もここから旅をスタートさせてみた。

高柳果樹園
住所:山形県天童市干布226

Related Post

「あらきそば」で味わう極太な田舎蕎麦... 山形の蕎麦といえば、大きな木の箱に入った板蕎麦という一風変わった田舎蕎麦が有名で、都内でもたとえば恵比寿の「間人」とか食べられるところが何軒かあって結構おいしくて、今回はじめて本場の板蕎麦を食べてきた。 行ってみたのは最上川蕎麦街道の終着点である十四番点店「あらきそば」。結構有名なところみたい...
初夏の山形、庄内への旅 今年も6月末の初夏の山形、そして庄内を旅してきた。この時期の山形は天気が晴れると緑の香りがすごく爽やかで気持ちがいい。 早朝というか、夜が明けるかどうかという時間に家を出て高速道路を北上。途中のサービスエリアで休んだりして、さくらんぼ狩りの農園があく時間には山形へ到着。 いつものごとく、...
「きよそば」は行列必至の超人気店だった... 鶴岡の庄内映画村でのんびりしてきて、そのあとは月山をまわりこむようにして村山方面に抜けてきた。 お昼はなにを食べようか思案していたのだが、蕎麦街道で紹介されていた「きよそば」へと向かってみる。で、これがこのあとランチにたどり着くまでにすごい苦労をすることになろうとは・・・。 週末の12:...
ちょっと拍子抜けしてしまった「土門拳記念館」... 今回の旅でかなり期待が大きいままに訪れてしまったせいかもしれない。写真家である土門拳の作品を展示している土門拳記念館に訪問したのだが、ちょっと拍子抜けしてしまった。 理由ははっきりしていて、事前に知っていた所蔵数は7万点とのことだけど、実際に館内に展示されているのはその5%くらいなんじゃないだ...
うふカフェ(ufu cafe) – 米沢の隠れ家的カフェ... 初秋の山形旅行。ここらへんで面白いカフェはあるかなと思って、行ってみたのがこちら米沢の郊外にある「うふカフェ」。 ちょっと高台のエリアにあって、お店からは米沢の風景を眺めることができる。ちょうど稲刈りが終わって収穫のシーズンを迎えた米沢の景色を眺めながら、のんびりできるのがいい。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください