鶴岡で洋館めぐりの散歩をしたあと、前から気になっていた藤沢周平記念館に行ってみた。「蝉しぐれ」など時代小説の作家として有名な藤沢周平は鶴岡の出身なのです。

そして、直筆の原稿や資料や書斎の再現、なんなら昔済んでいた家の庭木までも移植していて藤沢周平の世界観を感じることができる。

これは庭木・・・?

つまり、藤沢周平の作品をいくつか読んでいないとまったく面白くないとは思うけれど、藤沢作品に出てくる架空の藩である海坂藩の風景がこの鶴岡に広がっていて、その地にあるこの記念館も含めて訪れてよかったなと思えるところだと思う。

記念館の展示では鶴岡や庄内地方の文化に関する資料もあって、藤沢周平作品の世界観を鮮やかな色で感じることができるのがいいな。小さくてシンプルな文学館ともいえるところだけど、いいところだった。

藤沢周平記念館
住所:山形県鶴岡市馬場町4-6(鶴岡公園内)
時間:9:00-16:30
休み:水曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始

Related Post

トゥール・スレン虐殺博物館(Tuol Sleng Genocide Museum)へ行ってきた... ひさびさのプノンペンへの旅。そして、ひさびさにトゥール・スレンへ行ってきた。行くと、その凄惨さと妙な生々しさにどんよりしてしまうのだけど、プノンペンに来たならば訪れた方がいいところではある。 プノンペン市街にマオツォトン通り(Mao Tse Toung Blvd)というのがあるのだが、多くのク...
遊佐の岩牡蠣を食べられる!「道の駅 鳥海 ふらっと」での朝食... 前日の夜にケルンで飲んでいるとき、バーにいるお姉さんに「この時期ならば岩牡蠣が美味しい、ここら辺であれば遊佐の岩牡蠣が絶品で道の駅で食べられる」という情報をもらって、すでに朝食を食べて酒田で岩牡蠣食べたばかりだが、朝食のハシゴをするため北へ向かうことにする。 酒田市街からは国道を30分くらい北...
「PARIS オートクチュール展」をみてきた... 三菱一号館美術館で開催されていた「PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服」を観てきた。 このイベントを観に行く前に成実弘至の「20世紀ファッションの文化史」を読んでいたこともあり、予習に対してそれを実物をもってして確認するというような驚きというか楽しさがあった。 このイベントで...
小布施の葛飾北斎巡り(岩松寺、北斎ミュージアム)... 葛飾北斎は晩年の頃、小布施にパトロンがいたということで、定期的に訪れていては作品を残していた。小布施って長野にしてはすごく垢抜けている印象をもっているのだが、こうした文化が背景にあるからなのかもしれない。 その、北斎の作品がみられるのが小布施郊外にある岩松寺と、町の中心部にある北斎ミュ...
山形~宮城、ちょこっと福島の旅 2014年7月初旬は東北を旅してきた。目的はさくらんぼ狩り!夜明け前に出発して、朝食はさくらんぼ・・とか贅沢な旅のはじまりをしてきた。 去年の旅だと6月下旬のさくらんぼ狩りはピークに少しはやいくらいだったのだが、それでは7月初旬にしてみたところ、今度は少しピークを過ぎていた。 自然のもの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください