鶴岡で洋館めぐりの散歩をしたあと、前から気になっていた藤沢周平記念館に行ってみた。「蝉しぐれ」など時代小説の作家として有名な藤沢周平は鶴岡の出身なのです。

そして、直筆の原稿や資料や書斎の再現、なんなら昔済んでいた家の庭木までも移植していて藤沢周平の世界観を感じることができる。

これは庭木・・・?

つまり、藤沢周平の作品をいくつか読んでいないとまったく面白くないとは思うけれど、藤沢作品に出てくる架空の藩である海坂藩の風景がこの鶴岡に広がっていて、その地にあるこの記念館も含めて訪れてよかったなと思えるところだと思う。

記念館の展示では鶴岡や庄内地方の文化に関する資料もあって、藤沢周平作品の世界観を鮮やかな色で感じることができるのがいいな。小さくてシンプルな文学館ともいえるところだけど、いいところだった。

藤沢周平記念館
住所:山形県鶴岡市馬場町4-6(鶴岡公園内)
時間:9:00-16:30
休み:水曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始

Related Post

高柳果樹園(天童)でさくらんぼ狩り... 2014年の初夏も山形でさくらんぼ狩りをしてきた。 ここ数年、毎年行っていて(去年の情報はこちら)、だいたい6月最終週の週末に行くことが多かったのだが、そうすると「まだちょっと佐藤錦の時期には少しはやい」感じだったので、今年は7月のはじめの週末に行ってみたら今度は「もうすぐ旬が終わってしまう」...
「あらきそば」で味わう極太な田舎蕎麦... 山形の蕎麦といえば、大きな木の箱に入った板蕎麦という一風変わった田舎蕎麦が有名で、都内でもたとえば恵比寿の「間人」とか食べられるところが何軒かあって結構おいしくて、今回はじめて本場の板蕎麦を食べてきた。 行ってみたのは最上川蕎麦街道の終着点である十四番点店「あらきそば」。結構有名なところみたい...
伝説のバーテンダーが作るカクテルを堪能 – ケルン(酒田)... 酒田に伝説のバーテンダーが作るカクテルがあるらしい。1958年に出来たカクテルで、それを作ったバーテンダーの井山計一氏は今年で90歳。 まだ現役でお店に経っているらしいという情報をみたので、今回の旅の目的の一つとして訪問。50年前に完成されたカクテルを90歳のバーテンダーがふるまってくれる。な...
薩摩伝承館は圧倒的な豪華さで薩摩の歴史を知ることができる... 2010年のミシュラン・グリーンガイドで一つ星を獲得している薩摩伝承館へ行ってきた。今回の指宿の旅で気になっていた美術館。 ここは白水館という旅館の敷地内にあるのだが、建物からしてすごく豪華。どこかの邸宅へお邪魔して、その私設美術館に来たみたいな感覚がある。しかし、これはあながち外れていなくて...
初夏は山形でさくらんぼ狩り – 天童への旅... このブログを始める前から、初夏の頃は山形へさくらんぼ狩りをする小旅行に行っている。ということで、2015年も6月の最後の週末に山形へ行ってきた。 さくらんぼ狩りをするところは、最初に行ってすごく楽しかった場所から変えたことがなくて、毎年同じ所に行っている。 もしかしたらもっと美味しくて、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください