鶴岡で洋館めぐりの散歩をしたあと、前から気になっていた藤沢周平記念館に行ってみた。「蝉しぐれ」など時代小説の作家として有名な藤沢周平は鶴岡の出身なのです。

そして、直筆の原稿や資料や書斎の再現、なんなら昔済んでいた家の庭木までも移植していて藤沢周平の世界観を感じることができる。

これは庭木・・・?

つまり、藤沢周平の作品をいくつか読んでいないとまったく面白くないとは思うけれど、藤沢作品に出てくる架空の藩である海坂藩の風景がこの鶴岡に広がっていて、その地にあるこの記念館も含めて訪れてよかったなと思えるところだと思う。

記念館の展示では鶴岡や庄内地方の文化に関する資料もあって、藤沢周平作品の世界観を鮮やかな色で感じることができるのがいいな。小さくてシンプルな文学館ともいえるところだけど、いいところだった。

藤沢周平記念館
住所:山形県鶴岡市馬場町4-6(鶴岡公園内)
時間:9:00-16:30
休み:水曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始

Related Post

酒田ラーメンを食べる「味好」 あんなにおいしい寿司のシメにラーメンって、どうなのだろう・・と思ったりしたのだが、酒田はラーメンでも有名な土地柄ということで、酒田ラーメンなるものを食べてみた。 向かってみたのは味好 駅東店というところ。鈴政からは徒歩15分は歩いただろうか・・・。最初はもっと近くのお店に行こうかと思っていたの...
居酒屋みたいなラーメン屋さんで酒田ラーメン – ラーメン鶴岡屋... ケルンで美味しいカクテルの一撃を受けたのだが、なんとなくシメにラーメンでも・・と思いやってきたのはケルンからほど近いラーメン鶴岡屋。 酒田にあるのに鶴岡屋なんだ・・とは思いつつも、他のラーメン屋とは異なり夜だけの営業をしている珍しいところ。 酒田の街 店内は座敷とかもあって、ラー...
華山1914を散歩 ビートルズ展やってた 台北のアートスポットとして有名な華山1914文創園區。前にも訪れたことあるのだけど、ひさびさに来てみた。 僕が行ったときはビートルズ展と、星の王子様展をやっていた。 ぱっと見の感じではどちらも大丈夫かよって思っていたのだが、日本に戻って調べてみたらどちらも行...
奇美博物館(Chimei Museum)は美しさが集まるすごい博物館だった... 今回の旅の目的でもある奇美博物館へ行ってきた。阿裕牛肉湯と同様に台南市街地からは離れていて、国鉄の保安駅から歩いて15分くらいのところにある。 結構遠いのだがおもしろい博物館だったな。台湾らしさは皆無なのだけど、ここもまた訪れてみる価値がある。なにせ個人のコレクションでここまで集めたのかと思う...
初夏の山形、今年もさくらんぼ狩りをしてきた(高柳果樹園)... このブログが公開されるタイミングだと、もはや季節が一週してしまいそうなくらいなのだが、2015年の初夏も山形でさくらんぼ狩りをしてきていた。 訪れるのは山形の天童市にある高柳果樹園。最初に訪れたときから他へ場所を変えたことがないので、ここしか知らないのだけど、充分過ぎるくらい美味しいさくらんぼ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください