鶴岡で洋館めぐりの散歩をしたあと、前から気になっていた藤沢周平記念館に行ってみた。「蝉しぐれ」など時代小説の作家として有名な藤沢周平は鶴岡の出身なのです。

そして、直筆の原稿や資料や書斎の再現、なんなら昔済んでいた家の庭木までも移植していて藤沢周平の世界観を感じることができる。

これは庭木・・・?

つまり、藤沢周平の作品をいくつか読んでいないとまったく面白くないとは思うけれど、藤沢作品に出てくる架空の藩である海坂藩の風景がこの鶴岡に広がっていて、その地にあるこの記念館も含めて訪れてよかったなと思えるところだと思う。

記念館の展示では鶴岡や庄内地方の文化に関する資料もあって、藤沢周平作品の世界観を鮮やかな色で感じることができるのがいいな。小さくてシンプルな文学館ともいえるところだけど、いいところだった。

藤沢周平記念館
住所:山形県鶴岡市馬場町4-6(鶴岡公園内)
時間:9:00-16:30
休み:水曜日(休日の場合は翌平日)、年末年始

Related Post

初秋の米沢と庄内を旅行してきた 初夏に訪れた山形では、さくらんぼ狩りをして庄内の豊かな海の幸を楽しんで・・と充実した旅行ですごく印象深いものだったので、今度は収穫の秋にも来てみようと再び訪問。 そう、僕の旅行スタイルは同じところに何度もリピートしていくスタイルなのである。もう前の話だがブータンも2回行ったくらいだし。同じ場所...
三日月軒で酒田ラーメンのルーツをあじわう... 鈴政で江戸前寿司を堪能して、酒田駅から鶴岡に戻るには列車の待ち時間があったので、シメのラーメンを・・ということで寄ってみた。 酒田駅の改札がある出口とは反対側にわたって、少し歩いたところにある。完全な住宅街で、これ駅前なのか・・と思うようなところなのだが、お客さんは数人入っていた。 さっ...
庄内の城下町、鶴岡でレトロな洋館めぐりの散歩旅... 庄内エリアで商業の中心地は酒田で、鶴岡は政治の中心地として栄えてきた。かなり古い街で洋館があることは知っていたのだが、これが案外みていて楽しい旅だった。100年以上前の昭和初期に作られたものが多く、昔の文化などに思いをはせるいいきっかけになる。 洋館めぐりの中心はJR鶴岡駅から南に2キロくらい...
山形~宮城、ちょこっと福島の旅 2014年7月初旬は東北を旅してきた。目的はさくらんぼ狩り!夜明け前に出発して、朝食はさくらんぼ・・とか贅沢な旅のはじまりをしてきた。 去年の旅だと6月下旬のさくらんぼ狩りはピークに少しはやいくらいだったのだが、それでは7月初旬にしてみたところ、今度は少しピークを過ぎていた。 自然のもの...
松本市美術館のメアリー・ブレア展と草間彌生の常設展... 今回の信州への旅では、サイトウキネンフェスティバルを聴きに来るために松本へ来たのだけど、いつも立ち寄っている松本市美術館でメアリー・ブレア展をやっていたので、ちょっと観てきた。 松本市美術館は駐車場が建物横に併設されていてアクセスも便利だし、なにより常設展が面白い。日本国内の地方美術館でもトッ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください