前に泊まって結構便利だったこともあり、今回の庄内旅行でもふたたびホテルアルファーワン酒田に泊まることにした。

駅に用事があるわけではないけれど、「寿司こい勢」や「ケルン」など酒田グルメを楽しみたいということになると、温泉とかに泊まるよりも街中のビジネスホテルってことになる。

そういう意味だとアルファーワンは酒田の街中を歩くにはだいたい15-20分もあればどこでも行けるし、近くにコンビニもあるので便利な立地がいいところだ。2015年の庄内旅でも泊まっていて、そこからのリピート。

2015年の訪問:ホテルアルファーワン酒田に泊まってきた

前に書いたものをみたけど、驚くほど同じような写真を撮っていた。駅からみえる酒田駅の風景がなんか好きなんだよな。こういう地方駅って旅情があって、改札からみえる駅の風景もまたなつかしい感じがする。

ホテルの窓からの風景

それはさておきこのホテル。外観からわかるとおり、設備は新しくはない。しかし、どこも清潔にしているなって思えて好印象をうける。今回喫煙の部屋に泊まらざる得なかったのだが、たばこの臭いとかは感じられずよかった。部屋の広さも普通のビジネスホテル。水回りについても特に問題はなく、鉄道での旅で泊まってもいいかなあって思えるくらいだ。

酒田は体育系の地区、全国大会がわりと多く開催されるらしく、ときどき部屋が取りづらくなるのではやめに予約をしておいた方がいいと思う。僕が泊まったときもバレー部の中学生っぽい子たちが大量に泊まっておとなしく団体行動をしていた。酒田グルメを堪能したいならばこのホテルに泊まるのが便利。

部屋も清潔

ホテルアルファーワン酒田
住所:山形県酒田市幸町2-1-12

Related Post

神秘のブルー、丸池様の美しさは言葉にしつくせない... 今回の庄内への旅でひそかに気になっていた場所。知り合いが訪れていてすごい美しい場所で穴場だというので行ってみた。たしかに全然人がいない(いまは違うかもしれないが)なかで森のなかに突然あらわれる驚異的な透明度の青い泉は神秘的で美しい。斧とか落としたらなかから神さまが出てきそうな絵本のなかで出てくる風景...
リッチモンドホテル松本の宿泊記 初秋の松本訪問では駅前の飯田屋に泊まったのだが、今回はわりと自由にホテルを選べる状況だったので他のところに行ってみた。とはいえ、料金クラスとしては飯田屋と変わらないのだが。 リッチモンドホテルは松本駅からはのんびり歩いて5~6分くらいのところにあり、夜は松本で随一かつ唯一の飲食店街を抜けていく...
庄内の城下町、鶴岡でレトロな洋館めぐりの散歩旅... 庄内エリアで商業の中心地は酒田で、鶴岡は政治の中心地として栄えてきた。かなり古い街で洋館があることは知っていたのだが、これが案外みていて楽しい旅だった。100年以上前の昭和初期に作られたものが多く、昔の文化などに思いをはせるいいきっかけになる。 洋館めぐりの中心はJR鶴岡駅から南に2キロくらい...
こい勢(酒田)の地産地消な江戸前寿司... 酒田での食事の楽しみは寿司。いままでの旅では鈴政に行っていて、丁寧につくられた江戸前の寿司をいただくことができた。 今回はもうひとつ気になっていた「こい勢」への訪問。 お店の外観は質素 結論からいうと、僕には「こい勢」の方があっているし、このお店の雰囲気が好きだなというところ。そ...
ホテルアルファーワン酒田に泊まってきた... ひさびさの酒田への旅。前に来たときは間違えて鶴岡にあるアルファーワンに予約してしまっていたのだが、今回は間違えなく酒田の方へ宿泊。 酒田駅のすぐ横にあるホテルで、すぐ近くにはバスターミナルもあるので、電車やバスでの移動だとかなり便利なのだろうなって思う。 クルマでも、広い駐車場が併設され...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください