前回行ってみてすっかり好きになった酒田の寿司屋さん「こい勢」。圧倒的なコストパフォーマンスで庄内浜で採れた海の幸を堪能できる。

酒田というか、山形でもトップクラスに美味しい寿司屋なのではないかと思う。人気店で週末は混み合うため、予約して訪問。なるべく早い時間に行くのがゆっくりできる。

前回の訪問:こい勢(酒田)の地産地消な江戸前寿司

長屋みたいなお店の外観

値段表があって基本的に明朗会計な寿司屋さん。基本的には地魚の10貫コース(3,000円)が圧倒的におすすめできる。江戸前のスタイルで、旬の食材をすべて醤油不要でゆず塩やぽん酢、漬けなどでアレンジされた寿司をいただくことができる。ネタがごろっとのった見た目にもきれいで、そして美味しい寿司だ。

おまかせ握りには基本的にはこの地方でも特産の高級魚ノドグロの寿司がついてくる。これだけでも結構な値段がするだけにお得感が感じられるくらいだ。スルメイカやいわし、本マグロなどを細かい細工をしたスタイルで食べることができるので飽きることがない。一貫あたりのシャリがこぶりなこともあり、10貫とはいえすぐに食べきることができる。

お通しの塩辛。お酒がすすむ味わい。
ゆず塩をふったイカ
ノドグロのあぶり。これだけでも結構な値段なので10貫3,000円のコースはお得。

これも美味しかったなあ。なんだったっけかな。。地魚です。
いわし。洗練された味。
ウマヅラハギだったと思う。この季節の旬の魚。
味噌汁には海老のあたまが入っていてしっかり出汁がきいている。
マグロも絶品。
バフンウニとムラサキウニのコラボレーション

つけあわせの味噌汁も海老の頭がはいっていて、しっかりと美味しい出汁がでている。10貫じゃ足りないっていう場合も、何貫かくださいっていう感じで、いままで食べていない食材からみつくろってくれる。

どれも幸せな気分になれる絶品の味だ。なにより、大将のきさくさがお店の雰囲気をよく作っていて、決して常連ではなくても居心地よく過ごすことができるのがいい。せっかくの美味しい食事だからこそ、豊かな時間を過ごしたいものだ。

それでいうと、こい勢は絶品の寿司屋さんだと思う。酒田に来たら1度は訪問する価値がある。

こい勢
住所:山形県酒田市相生町1-3-25
時間:11:00-14:00,16:00-21:30
休み:月曜日

Related Post

地雷也で食べる仙台の味 お店の外観。提灯が目印。 仙台ではかなり有名な居酒屋さんで、店内はいつも満席。予約必須の人気店。 居酒屋にしてはちょっと高いと思われるかもしれないが、行ってみて損はないと思う。 僕も友人の推薦があって行ってみたのだが大満足のお店だった。 お店のロケーションは国分町の中心街に...
長白小館 – 絶品酸菜白肉鍋(辛くない火鍋)... おしゃれな頂好(ディンハオ)エリアを歩いていて、そろそろ夕食時か・・ということになったら、僕なら迷わずここのお店に向かいます。ダッシュで。 お店は大通りからちょっと裏に入ったところにあるのだけど、看板が目立つのでだいたいの場所分かっていれば迷うこともなくお店まで行けるはず。地元でも人気...
さかな亭 – 新橋最強ランチのひとつ... さかな亭の外観。新橋駅ビルの地下にある。 人というのは、美味しいものを出すお店に惹き寄せられるものなのだなということを実感する。 新橋でランチをしようかと思ったとき、駅前ビルの地下でみかけた行列に並んでみて入ったお店。 行列の種類っていくつかあるけれど、僕のなかでは「おじさんが並...
魚源でランチ、そして魚屋の軒先で岩牡蠣... 京都丹後鉄道の「あかまつ号」に乗って西舞鶴に到着。舞鶴というと、宮本輝の「錦繍」(好きな作品なのです)に出てくる寂れた風景を思い出してしまう。 西舞鶴は駅舎は新しいけれどロータリーからみえる風景は古びたデパートや、シャッター通りになったアーケードの商店街など昭和っぽさがある。真夏のさなかに来たので...
東新宿で異国体験!山西亭で猫耳麺を食べる... ちょっと変わった料理、でも美味しい料理食べたいなと思ってあれこれ探すと出てくるのが東京という街のいいところ。中国の山西省に伝わる麺料理を出してくれるお店があったので行ってみることにした。かなりおもしろく、そして美味しい。さらに安いというこれ以上ないいい中華料理店。 山西亭へのアクセス 東...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください