前回行ってみてすっかり好きになった酒田の寿司屋さん「こい勢」。圧倒的なコストパフォーマンスで庄内浜で採れた海の幸を堪能できる。

酒田というか、山形でもトップクラスに美味しい寿司屋なのではないかと思う。人気店で週末は混み合うため、予約して訪問。なるべく早い時間に行くのがゆっくりできる。

前回の訪問:こい勢(酒田)の地産地消な江戸前寿司

長屋みたいなお店の外観

値段表があって基本的に明朗会計な寿司屋さん。基本的には地魚の10貫コース(3,000円)が圧倒的におすすめできる。江戸前のスタイルで、旬の食材をすべて醤油不要でゆず塩やぽん酢、漬けなどでアレンジされた寿司をいただくことができる。ネタがごろっとのった見た目にもきれいで、そして美味しい寿司だ。

おまかせ握りには基本的にはこの地方でも特産の高級魚ノドグロの寿司がついてくる。これだけでも結構な値段がするだけにお得感が感じられるくらいだ。スルメイカやいわし、本マグロなどを細かい細工をしたスタイルで食べることができるので飽きることがない。一貫あたりのシャリがこぶりなこともあり、10貫とはいえすぐに食べきることができる。

お通しの塩辛。お酒がすすむ味わい。
ゆず塩をふったイカ
ノドグロのあぶり。これだけでも結構な値段なので10貫3,000円のコースはお得。

これも美味しかったなあ。なんだったっけかな。。地魚です。
いわし。洗練された味。
ウマヅラハギだったと思う。この季節の旬の魚。
味噌汁には海老のあたまが入っていてしっかり出汁がきいている。
マグロも絶品。
バフンウニとムラサキウニのコラボレーション

つけあわせの味噌汁も海老の頭がはいっていて、しっかりと美味しい出汁がでている。10貫じゃ足りないっていう場合も、何貫かくださいっていう感じで、いままで食べていない食材からみつくろってくれる。

どれも幸せな気分になれる絶品の味だ。なにより、大将のきさくさがお店の雰囲気をよく作っていて、決して常連ではなくても居心地よく過ごすことができるのがいい。せっかくの美味しい食事だからこそ、豊かな時間を過ごしたいものだ。

それでいうと、こい勢は絶品の寿司屋さんだと思う。酒田に来たら1度は訪問する価値がある。

こい勢
住所:山形県酒田市相生町1-3-25
時間:11:00-14:00,16:00-21:30
休み:月曜日

Related Post

五反田のデビルクラフトは穴場的に空いている... 僕のなかでは、いい意味で「デブ専用ピザ」というネーミングを勝手につけているシカゴピザ。そして、その専門店であるデビルクラフト。都内では新橋と浜松町のお店には通いたくなる好きなのだが、五反田にもできたと聞いて気になっていた。 メニューに違いはないのだが、ここはやはり行っておかなくてはならない。と...
ダ・ミケーレ – 恵比寿でピザならここがベスト... ピザはさっさと切っていく オープンしてしばらくは予約をとることもままならず、えらい大変だったのだけど、行くならいまじゃないかっていうくらい、ディナータイムでも入ることができたので、拍子抜けしてしまった。 とはいえ、料理は期待を裏切らないどころか抜群に美味しい。1870年にナポリでオープ...
麦酒倶楽部 ポパイのクラフトビール 両国にあるクラフトビールの有名店。すごく有名らしくて、予約取るのも面倒なくらいだった。結論としては、有名店だけどクラフトビールをあがめているわけではない僕にとっては来るのが面倒なお店だなというところ。 ビールの種類は多い方だとは思うけれど、結局好きなビールって絞られてくるし(僕だけかもしれない...
渋谷で魚を食べるならば!「4番サード魚真」は奇妙な名前に反した正当派なお店。... お店の外観 名前がちょっとふざけていて、安めな居酒屋っぽいイメージをもっていたけれど、中身はかなりちゃんとした渋谷の隠れ家みたいな料理店だった。渋谷にこんなところがあったなんてという驚きすらある。そこそこ手頃な価格で刺身などが楽しめるので渋谷に行くときには上位の候補として選んで間違えがないお...
ついに日乃本帆布の本店で旅行用のバッグを購入。... 今回の旅で酒田から長い時間かけて米沢まで来たのは、ここでバッグを買いたかったから。 東京にもお店はあるけれど、バージョンによって細かい仕様の違いがあったりして自分の気に入ったものがあるかなあと本店へ行ってみることにした。前回の訪問ではなにも買わなかったのもまたちょっと後悔のもとだったりする。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください