2年前に訪れてすごく面白かった酒田のバーにふたたび訪れることができた。酒田にあるケルンは昼間は喫茶店で夜はバーというお店の形態。ただ、お店のつくりは喫茶店そのもの。明るくてカウンターに人がずらっと並んでいる。前回の訪問:伝説のバーテンダーが作るカクテルを堪能 – ケルン(酒田)

というのも、ケルンでカクテルを作っているバーテンダーは2017年時点で91歳という井山計一氏。でも、91歳という年齢はあまり意識する感じではないかも。気のいい、おしゃべりが面白いおじいさんという感じ。もう90歳こえたからって珍しい時代でもなくなってきているのかもしれないな。それくらい元気にカクテルを作っている。とはいえ、夜遅い時間だとお休みになるみたいなので、訪れるとしたらはやめがいいと思う。

伝説のカクテル「雪国」
青リンゴと井山氏
青リンゴのアップ
モヒート

ここで飲むべきなのは世界的なスタンダードのカクテルである「雪国」。1958年にできたということでもう60年くらい前からあるカクテルで、なんか鮮やかな緑のチェリーが古くささから一周まわって斬新なデザインという感じがする。ただ、ウォッカベースのカクテルはかなり強烈にアルコールが高いので気をつけてのまないと。おつまみは、おかきの盛り合わせだったりして家庭的。井山氏いわく「いろいろ試したけど、一番いいのはこれなんだよね」ということ。たしかに、このお店の雰囲気にもあってるし、この日本的なカクテルにもよくあう。

このほか、青リンゴというオリジナルのカクテルも頼んでみたが、あめ玉が入っていてこのカクテルの雰囲気も古いようで新しい感覚があり面白い。この酒田の街で飲むのがまたいいのかもしれないな。カウンターで飲んでいたこともあり、結構深酒をしてしまったのだが、自家製ミントのモヒートが美味しいよってことで頼んでみることにする。ミントがたっぷりのモヒートは清涼感あるカクテルだが、いままで飲んだモヒートのなかでやっぱり一番アルコール度数が高いような気がする。ここのカクテル、値段あたりのアルコール度数ってことからでもコストパフォーマンスがいいバーなのかもしれない。

外観

ケルン
住所:山形県酒田市中町2-4-20
時間:10:00-22:30
休み:不定休

Related Post

シラハマアパートメント – 南房総のまったりカフェ... 千葉を旅することと南房総を旅することはわけて考えた方がいい。それは東京観光に奥多摩を含めないのと同じことだ。 南房総とは、それくらいに十分遠い場所であり特別な場所だと思う。気候は温暖だし(本当に2月でも晴れていると春のように暖かい)、海は青いし、砂浜は白い。そして食事もうまい。エッジの効いたセ...
庄内の城下町、鶴岡でレトロな洋館めぐりの散歩旅... 庄内エリアで商業の中心地は酒田で、鶴岡は政治の中心地として栄えてきた。かなり古い街で洋館があることは知っていたのだが、これが案外みていて楽しい旅だった。100年以上前の昭和初期に作られたものが多く、昔の文化などに思いをはせるいいきっかけになる。 洋館めぐりの中心はJR鶴岡駅から南に2キロくらい...
リオデジャネイロで「イパネマの娘」のレストランに行ってきた... 高校生のときにBossa Novaという音楽に出会って、それ以来あのまったりしているけれど、精緻に組み立てられた音楽の魔法にかけられている。 で、高校生のときの僕にはブラジルなんてあまりにも遠くて、この音楽ができたリオデジャネイロに行くことなんてないだろうなあ・・なんて考えていたのだけど、どう...
庄内映画村で日本の原風景につつまれる... 今回の旅のラストは庄内映画村。最近は藤沢周平の作品を読むことが多く、藤沢作品が映画化されたときにオープンセットのロケ地として使われていることもあり、ずっと気になっていたところ。 庄内映画村のサイトにも書いてあるけれど、カーナビに従うと違うところに連れて行かれてしまうので注意が必要です。...
初夏の山形、庄内への旅。2017年6月編。... 2015年に行った旅行に近いのだが、初夏の天童でさくらんぼ狩りをして、そのあと酒田へ移動して寿司を食べる旅をしてきた。翌日は遊佐まで行ったり、米沢へ立ち寄ったりするのが少し違うところ。2015年の旅:初夏の山形/庄内の旅 この時期の山形/庄内地方は暑すぎもせず、寒くもなくちょうどいい感じがする...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください