2年前に訪れてすごく面白かった酒田のバーにふたたび訪れることができた。酒田にあるケルンは昼間は喫茶店で夜はバーというお店の形態。ただ、お店のつくりは喫茶店そのもの。明るくてカウンターに人がずらっと並んでいる。前回の訪問:伝説のバーテンダーが作るカクテルを堪能 – ケルン(酒田)

というのも、ケルンでカクテルを作っているバーテンダーは2017年時点で91歳という井山計一氏。でも、91歳という年齢はあまり意識する感じではないかも。気のいい、おしゃべりが面白いおじいさんという感じ。もう90歳こえたからって珍しい時代でもなくなってきているのかもしれないな。それくらい元気にカクテルを作っている。とはいえ、夜遅い時間だとお休みになるみたいなので、訪れるとしたらはやめがいいと思う。

伝説のカクテル「雪国」
青リンゴと井山氏
青リンゴのアップ
モヒート

ここで飲むべきなのは世界的なスタンダードのカクテルである「雪国」。1958年にできたということでもう60年くらい前からあるカクテルで、なんか鮮やかな緑のチェリーが古くささから一周まわって斬新なデザインという感じがする。ただ、ウォッカベースのカクテルはかなり強烈にアルコールが高いので気をつけてのまないと。おつまみは、おかきの盛り合わせだったりして家庭的。井山氏いわく「いろいろ試したけど、一番いいのはこれなんだよね」ということ。たしかに、このお店の雰囲気にもあってるし、この日本的なカクテルにもよくあう。

このほか、青リンゴというオリジナルのカクテルも頼んでみたが、あめ玉が入っていてこのカクテルの雰囲気も古いようで新しい感覚があり面白い。この酒田の街で飲むのがまたいいのかもしれないな。カウンターで飲んでいたこともあり、結構深酒をしてしまったのだが、自家製ミントのモヒートが美味しいよってことで頼んでみることにする。ミントがたっぷりのモヒートは清涼感あるカクテルだが、いままで飲んだモヒートのなかでやっぱり一番アルコール度数が高いような気がする。ここのカクテル、値段あたりのアルコール度数ってことからでもコストパフォーマンスがいいバーなのかもしれない。

外観

ケルン
住所:山形県酒田市中町2-4-20
時間:10:00-22:30
休み:不定休

Related Post

腰掛庵のわらび餅は絶品の和菓子、必ず行ってみてもらいたいところ... 旅の始まりに、さくらんぼとお漬け物という贅沢な朝食をとったあと向かってみたのは同じ天童市にある腰掛庵というところ。 高柳果樹園からは車で10分くらい。山形バイパスを越えてちょっと路地に入ったところにある。お店の前にわりと広い駐車場がある。 お店は大きな古民家を店舗にしていて趣がある。ここ...
瀬戸内屋 大船幸太郎 – 鞆の浦でひと休みにうってつけのカフェ... 夏の日差しのなかで鞆の浦を歩いていて、ぐったり。そんなとき、店先にあったかき氷ののれんに吸い寄せられるように入ってしまった。 店内は海の家のような、古い家の軒先を改造したような趣ある造り。夜にはバーになるのかもしれない。店内の壁には写真が貼ってあって、芸能人からそうじゃない人(たぶん)まであれ...
The Good View Bar&Restaurant(チェンマイ)安定した質のレストラ... 今回泊まったタニータハウスのあるピン川沿いの通りは、ギャラリーとか外国人向けのレストランなどが揃っていて、外食にはあまり困らないエリアになっている。 とくに川沿いのレストランはどこもオシャレな雰囲気にしてあるのだが、肝心の料理はというと、どうにも評判が芳しくない。そんななかで、唯一ともいえるく...
5月のオクトーバーフェスト(日比谷公園編)... なんで5月にオクトーバーフェストなんだよって思ってしまうのだが、数年前の10月に日比谷公園でやっていたオクトーバーフェストは、それはそれはうら寒い夜中に人の影もまばらで寂しいものだったので、それを考えるとビールがうまい季節に屋外で飲みまくろうっていう心意気は、祭りの名前さえ気にしなければいいんじゃな...
San Kabar Restaurant & Pub(バガン)はちょい飲みに最適... からっとしているけれど、だらだらと暑いバガンのお昼時からのんびりビールを飲んだりできるイタリアン レストラン。 メニューのラインナップはイタリアンなのだが、とりあえず便宜的という感じでミャンマー料理もおいてある。 が、これはいまいちだった。 無難なのはピザあたりなのだが、これもまあ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください