2年前に訪れてすごく面白かった酒田のバーにふたたび訪れることができた。酒田にあるケルンは昼間は喫茶店で夜はバーというお店の形態。ただ、お店のつくりは喫茶店そのもの。明るくてカウンターに人がずらっと並んでいる。前回の訪問:伝説のバーテンダーが作るカクテルを堪能 – ケルン(酒田)

というのも、ケルンでカクテルを作っているバーテンダーは2017年時点で91歳という井山計一氏。でも、91歳という年齢はあまり意識する感じではないかも。気のいい、おしゃべりが面白いおじいさんという感じ。もう90歳こえたからって珍しい時代でもなくなってきているのかもしれないな。それくらい元気にカクテルを作っている。とはいえ、夜遅い時間だとお休みになるみたいなので、訪れるとしたらはやめがいいと思う。

伝説のカクテル「雪国」
青リンゴと井山氏
青リンゴのアップ
モヒート

ここで飲むべきなのは世界的なスタンダードのカクテルである「雪国」。1958年にできたということでもう60年くらい前からあるカクテルで、なんか鮮やかな緑のチェリーが古くささから一周まわって斬新なデザインという感じがする。ただ、ウォッカベースのカクテルはかなり強烈にアルコールが高いので気をつけてのまないと。おつまみは、おかきの盛り合わせだったりして家庭的。井山氏いわく「いろいろ試したけど、一番いいのはこれなんだよね」ということ。たしかに、このお店の雰囲気にもあってるし、この日本的なカクテルにもよくあう。

このほか、青リンゴというオリジナルのカクテルも頼んでみたが、あめ玉が入っていてこのカクテルの雰囲気も古いようで新しい感覚があり面白い。この酒田の街で飲むのがまたいいのかもしれないな。カウンターで飲んでいたこともあり、結構深酒をしてしまったのだが、自家製ミントのモヒートが美味しいよってことで頼んでみることにする。ミントがたっぷりのモヒートは清涼感あるカクテルだが、いままで飲んだモヒートのなかでやっぱり一番アルコール度数が高いような気がする。ここのカクテル、値段あたりのアルコール度数ってことからでもコストパフォーマンスがいいバーなのかもしれない。

外観

ケルン
住所:山形県酒田市中町2-4-20
時間:10:00-22:30
休み:不定休

Related Post

The Common One Bar Kyotoは一見さんでも行けるけれど、行くのが難しいバー... ちょっと気になっていて訪れてみたバー。見つけづらいと聞いてはいたけれど、ここまでハードルが高いとは。Google Mapとかに表示されている場所は間違っていないけれど、あの通りにアクセスしてもたどり着くことはできない。 アクセスについて 祇園新橋 350年前の祇園発祥の地といわれ...
「吟醸酒房 油長」で伏見の日本酒を呑み比べる... 伏見で地元のお酒を手軽に呑み比べするならば油長がおすすめ。ところで、酒屋さんの店内でお酒を飲むことを関東では「角打ち」というけれど、関西では「立ち呑み」というらしい。「角打ち」の意味がよくわかっていないので、「立ち呑み」の方が直感的でいいなとか思ってしまった。 「吟醸酒房 油長」のアクセス ...
庄内の豊かさを実感する「山居倉庫」... 酒田市における観光スポットの目玉のひとつが、この山居倉庫。江戸末期から20世紀初頭にかけて建てられていて、いまだに現役で使われている。倉庫のうち西日があたる部分にはケヤキが植えられていて、そのケヤキ並木はフォトジェニックな散歩コースとなっている。ちなみに、この並木道で倉庫と反対側は普通の住宅地なんだ...
伝説のバーテンダーが作るカクテルを堪能 – ケルン(酒田)... 酒田に伝説のバーテンダーが作るカクテルがあるらしい。1958年に出来たカクテルで、それを作ったバーテンダーの井山計一氏は今年で90歳。 まだ現役でお店に経っているらしいという情報をみたので、今回の旅の目的の一つとして訪問。50年前に完成されたカクテルを90歳のバーテンダーがふるまってくれる。な...
初夏の山形、今年もさくらんぼ狩りをしてきた(高柳果樹園)... このブログが公開されるタイミングだと、もはや季節が一週してしまいそうなくらいなのだが、2015年の初夏も山形でさくらんぼ狩りをしてきていた。 訪れるのは山形の天童市にある高柳果樹園。最初に訪れたときから他へ場所を変えたことがないので、ここしか知らないのだけど、充分過ぎるくらい美味しいさくらんぼ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください