今回の庄内への旅でひそかに気になっていた場所。知り合いが訪れていてすごい美しい場所で穴場だというので行ってみた。たしかに全然人がいない(いまは違うかもしれないが)なかで森のなかに突然あらわれる驚異的な透明度の青い泉は神秘的で美しい。斧とか落としたらなかから神さまが出てきそうな絵本のなかで出てくる風景みたいだ。

丸池様へのアクセス

酒田市街から国道を北にむかって30分くらい、遊佐という小さな町にある。国道は長い直線道路で運転していて気持ちがいい。泉のまわりには車で行くことができないのだが、少し離れた箕輪鮭孵化場という場所の駐車場を借りて行くことができる。駐車場から丸池様の泉までは徒歩5分くらいなのだが、舗装されていない小径をいくので車椅子などだといけないかもしれない。歩いて行くことが前提となる。

箕輪鮭孵化場というところに車をとめて訪れるのがわかりやすい
水路沿いに美しい風景がひろがる
鳥海山の湧き水

丸池様について

それほど大きな泉ではないのだが、鳥海山から湧き出る湧水で満たされた池はものすごく透明度が高い。光の加減でエメラルドグリーンだったり、濃いブルーにみえたりする。白神山地の青池に近い風景だが、こちらは人が全然いなくてちょっと現実離れした風景だ。朝に訪れたこともあるのかもしれないが、ものすごく静かで音がない世界。池の水面には湧水がでてくるポコポコとした気泡がみえる。

池の傍らには小さな祠がある。鎌倉権五郎景正が敵に目を射抜かれ、その後見事に敵を討ち取ったあと、この池で目を洗った伝説があるらしい。なので、この池に住む魚は鎌倉景正に敬意を表してすべて片目であると言われていわれているが、この透明度なので魚はよういにみつからない。水草は立木がみえる。

この場所がこんなにも手つかずの状態で残ったのは、ここが鳥海山大物忌神社の敷地だったことにも由来があるみたいだ。この美しさで、この写真映えする風景、これから人気が出てきそうだなあって思う。まだまだ素朴な風景が残っているいまこそ訪れてみる風景なのかもしれない。

住所:飽海郡遊佐町吹浦字七曲堰東56

Related Post

ルアンパバンの托鉢、おすすめのスポットや時間について... 旅行者がルアンパバンに来る理由は、ここの町並みが世界遺産に登録されていることと、あとは毎朝の托鉢をみたり体験したりするために来るのだと思う。 この町は、メインストリートである、シー・サワンウォン通りやサッカリン通りを中心に、小さな旧市街のなかに80あまりの寺院があり、多くの僧侶が暮らしている。...
JR最南端の西大山駅はなかなかの秘境駅... 指宿温泉から車で20分くらいと近いのだけど、列車の本数は1日数本というその少なさから鉄道でのアクセスが難しい秘境駅のひとつにあげられる西大山駅。ここは指宿枕崎線の鉄道駅としては日本最南端にあたり、ホームからは開聞岳がみえるのどかな駅で有名になっている。 ただし、無人駅で周囲にはなにもなく、鉄道...
江ノ電と鎌倉高校前 前に乗ったのはいつだか覚えていないくらい、久々に江ノ電に乗った。 こういうミニローカル線って往々にして観光路線みたいな感じになってしまうと思うのだが、江ノ電に関しては地元の利用も結構ある感じ。海岸線沿いの道があれだけ渋滞してしまうと、たしかに江ノ電の需要はありそう。その辺の事情は銚子電鉄とは全...
目黒川の桜散歩 2016年の春の話。目黒川の桜並木をみるのに、だらだらと上流へ向かって散歩をしてみた。天気はちょっと汗ばむくらいの晴れた昼下がり、まだまだ花は盛りの時期で散っているものも少ない。まさに、この世の春の中心のようなところを歩いていた気がする。 出発は恵比寿で、そこから目黒の清掃工場の方に丘を越えて...
フルーツショップ キヨカでのフルーツざんまい、ふたたび。... 前回訪れて、フルーツパフェを食べてすごい感動したお店。でも、つぎに来るのは当分先になるかなあとか思っていたのだが、案外はやく再訪してしまった。こんなことならスタンプカードを捨てるんじゃなかったと後悔した。 酒田から米沢までは地図だとそんなたいした距離じゃなさそうにみえてしまうのだが、高速道路が...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください