今回の旅で酒田から長い時間かけて米沢まで来たのは、ここでバッグを買いたかったから。

東京にもお店はあるけれど、バージョンによって細かい仕様の違いがあったりして自分の気に入ったものがあるかなあと本店へ行ってみることにした。前回の訪問ではなにも買わなかったのもまたちょっと後悔のもとだったりする。

前回の訪問:日乃本帆布の本店に行ってみた

日乃本帆布の本店は上杉神社のすぐ近く。お店の向かい側にある駐車場へ今回は迷いなく駐車。駐車場は結構あいている。小さな蔵のようなお店は特徴があって外観からすぐわかる。結構狭い店内にところ狭しと品物が置いてある。今回買ったのは小さなショルダーバッグ。一澤帆布で似たようなものを持っていたのだけど、ブラジル旅行とかに持って行っている間にかなりへたってしまったので今回は丈夫なものを購入。

今回買ったバッグ
タグが渋い

一澤帆布のものと比べるとちょっと重さは増したけれど丈夫なのと防水性はこちらの方が高い。スマホと財布とカメラとちょっとした小物がちょうど入るくらいで旅行にはこれくらいのものがちょうどいい。意外と便利なのが把手がついていることで、これによってバッグハンガー(Clipa 2 とか)を使うことができる。旅行先で屋台テーブルの端にバッグかけたりするのが便利。

旅の思い出としてもいいし、修理もできるので長く使い込んでいこうかと思う。

日乃本帆布 牛や
住所:山形県米沢市門東町1-5-29
時間:9:30-17:00
休み:不定休

Related Post

合成帆布行はお土産に最適 永盛帆布から合成帆布まではものの10分も歩かずについてしまう。友人へのお土産を調達しにやってきた(前回の訪問はこちら)。 ここはショップのノベルティなども作っているところで、やはり永盛帆布と同じように工房兼ショップという感じ。 店先にはAmoとかいうロゴが入ったバッグがうずたかく積み上げ...
神秘のブルー、丸池様の美しさは言葉にしつくせない... 今回の庄内への旅でひそかに気になっていた場所。知り合いが訪れていてすごい美しい場所で穴場だというので行ってみた。たしかに全然人がいない(いまは違うかもしれないが)なかで森のなかに突然あらわれる驚異的な透明度の青い泉は神秘的で美しい。斧とか落としたらなかから神さまが出てきそうな絵本のなかで出てくる風景...
やはり永盛帆布行の帆布バッグが好きなのである... 台南で度小月本店のすぐ隣くらいにある永盛帆布行という帆布バッグの工房兼ショップ。 ちょっとした自転車屋さんくらいの本当に小さなお店で、ミシンや帆布のロールが並んでいて全然オシャレな感じとかないのだが、ここで出来上がるバッグたちがどうにも好きなのです。 ということで、こちらも前回につづいて再訪...
LCC機内持ち込みバッグに最適 Karrimor – Airport pro 40R... LCCって自分で受けるサービスの範囲を決められるところがIKEAに似ていると思う。そんななかで、一番重要な要素のひとつとなるのが持ち込み荷物の制限になると思うのだが、僕はいまのところKarrimor - Airport pro 40Rを愛用中。このバッグのいいところは以下の点。 サイズ的にL...
うふカフェ(ufu cafe) – 米沢の隠れ家的カフェ... 初秋の山形旅行。ここらへんで面白いカフェはあるかなと思って、行ってみたのがこちら米沢の郊外にある「うふカフェ」。 ちょっと高台のエリアにあって、お店からは米沢の風景を眺めることができる。ちょうど稲刈りが終わって収穫のシーズンを迎えた米沢の景色を眺めながら、のんびりできるのがいい。 ...

Feature

Summary
product image
Author Rating
1star1star1star1star1star
Aggregate Rating
no rating based on 0 votes
Brand Name
日乃本帆布

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください