今回の旅で酒田から長い時間かけて米沢まで来たのは、ここでバッグを買いたかったから。

東京にもお店はあるけれど、バージョンによって細かい仕様の違いがあったりして自分の気に入ったものがあるかなあと本店へ行ってみることにした。前回の訪問ではなにも買わなかったのもまたちょっと後悔のもとだったりする。

前回の訪問:日乃本帆布の本店に行ってみた

日乃本帆布の本店は上杉神社のすぐ近く。お店の向かい側にある駐車場へ今回は迷いなく駐車。駐車場は結構あいている。小さな蔵のようなお店は特徴があって外観からすぐわかる。結構狭い店内にところ狭しと品物が置いてある。今回買ったのは小さなショルダーバッグ。一澤帆布で似たようなものを持っていたのだけど、ブラジル旅行とかに持って行っている間にかなりへたってしまったので今回は丈夫なものを購入。

今回買ったバッグ
タグが渋い

一澤帆布のものと比べるとちょっと重さは増したけれど丈夫なのと防水性はこちらの方が高い。スマホと財布とカメラとちょっとした小物がちょうど入るくらいで旅行にはこれくらいのものがちょうどいい。意外と便利なのが把手がついていることで、これによってバッグハンガー(Clipa 2 とか)を使うことができる。旅行先で屋台テーブルの端にバッグかけたりするのが便利。

旅の思い出としてもいいし、修理もできるので長く使い込んでいこうかと思う。

日乃本帆布 牛や
住所:山形県米沢市門東町1-5-29
時間:9:30-17:00
休み:不定休

Summary
product image
Author Rating
1star1star1star1star1star
Aggregate Rating
no rating based on 0 votes
Brand Name
日乃本帆布

Related Post

登起波分店「登」 – 米沢牛をお得に食べるなら... 米沢まで来たからには・・ということで、向かったのは米沢牛が食べられるレストラン。僕はどうも、旅におけるエンゲル係数が高い方だと思われる。でも、一食入魂がモットーなので、これはもう仕方がない。 とはいえ、資金には限度というものがあるので、カジュアルにお得に食べられると書いてあった登起波分店「登」...
廣富號 – 台南帆布バッグでは最もおしゃれ... 台南で帆布バッグ巡りの旅。合成帆布行、永盛帆布行とならぶ台南メジャーブランドの廣富號は、もっとも商業的に成功しているバッグ屋だと思う。台北に支店があるくらいだし。 廣富號手製帆布包 忠義店 廣富號ではきちんと店員さんが接客してくれる 他の二店が工房を兼ねたショップで、店先でミシ...
庄内の城下町、鶴岡でレトロな洋館めぐりの散歩旅... 庄内エリアで商業の中心地は酒田で、鶴岡は政治の中心地として栄えてきた。かなり古い街で洋館があることは知っていたのだが、これが案外みていて楽しい旅だった。100年以上前の昭和初期に作られたものが多く、昔の文化などに思いをはせるいいきっかけになる。 洋館めぐりの中心はJR鶴岡駅から南に2キロくらい...
やはり永盛帆布行の帆布バッグが好きなのである... 台南で度小月本店のすぐ隣くらいにある永盛帆布行という帆布バッグの工房兼ショップ。 ちょっとした自転車屋さんくらいの本当に小さなお店で、ミシンや帆布のロールが並んでいて全然オシャレな感じとかないのだが、ここで出来上がるバッグたちがどうにも好きなのです。 ということで、こちらも前回につづいて再訪...
永盛帆布行 – 台南帆布バッグで最高峰の品質だと思う... 合成帆布行、廣富號、永盛帆布行と帆布バッグ店を見てまわって、購入してみて、そして実際に使ってみて最も質が高いと思ったのは、ここ永盛帆布行だと思っている。シンプルで質実剛健で使い勝手がいいバッグ。 ※2014年5月にリピートしている投稿はこちら。 デザインとしてはトートバッグ数種類...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください