今回の旅で酒田から長い時間かけて米沢まで来たのは、ここでバッグを買いたかったから。

東京にもお店はあるけれど、バージョンによって細かい仕様の違いがあったりして自分の気に入ったものがあるかなあと本店へ行ってみることにした。前回の訪問ではなにも買わなかったのもまたちょっと後悔のもとだったりする。

前回の訪問:日乃本帆布の本店に行ってみた

日乃本帆布の本店は上杉神社のすぐ近く。お店の向かい側にある駐車場へ今回は迷いなく駐車。駐車場は結構あいている。小さな蔵のようなお店は特徴があって外観からすぐわかる。結構狭い店内にところ狭しと品物が置いてある。今回買ったのは小さなショルダーバッグ。一澤帆布で似たようなものを持っていたのだけど、ブラジル旅行とかに持って行っている間にかなりへたってしまったので今回は丈夫なものを購入。

今回買ったバッグ
タグが渋い

一澤帆布のものと比べるとちょっと重さは増したけれど丈夫なのと防水性はこちらの方が高い。スマホと財布とカメラとちょっとした小物がちょうど入るくらいで旅行にはこれくらいのものがちょうどいい。意外と便利なのが把手がついていることで、これによってバッグハンガー(Clipa 2 とか)を使うことができる。旅行先で屋台テーブルの端にバッグかけたりするのが便利。

旅の思い出としてもいいし、修理もできるので長く使い込んでいこうかと思う。

日乃本帆布 牛や
住所:山形県米沢市門東町1-5-29
時間:9:30-17:00
休み:不定休

Related Post

一澤帆布と㐂一澤帆布 シタディンに荷物をおいてバスで向かったのは一澤帆布。一時期は信三郎帆布という名前ですぐ近くに店舗があったりしたこともあるが、いまではもとの場所に戻っている。 昔は本当にシンプルな品揃えで分厚い生地で無骨な帆布バッグばかりだったのだが、信三郎帆布を経ての一澤はラインナップに幅がでてきて、僕はこう...
大松庵(鶴岡市)で地元の食材をつかった鶴岡御膳ランチ... 高柳果樹園でさくらんぼの朝食、腰掛庵で食後のデザート。鶴岡の方へ車で移動する頃にはもうランチの時間。今回の旅もしっかり食べまわりの旅になっている。 今回は鶴岡から今日の宿泊地である酒田とはちょっと逆方向にある大松庵というところへ行ってみた。鶴岡にあった古民家を移築してレストランにしているのだが...
庄内の城下町、鶴岡でレトロな洋館めぐりの散歩旅... 庄内エリアで商業の中心地は酒田で、鶴岡は政治の中心地として栄えてきた。かなり古い街で洋館があることは知っていたのだが、これが案外みていて楽しい旅だった。100年以上前の昭和初期に作られたものが多く、昔の文化などに思いをはせるいいきっかけになる。 洋館めぐりの中心はJR鶴岡駅から南に2キロくらい...
初夏の山形、庄内への旅。2017年6月編。... 2015年に行った旅行に近いのだが、初夏の天童でさくらんぼ狩りをして、そのあと酒田へ移動して寿司を食べる旅をしてきた。翌日は遊佐まで行ったり、米沢へ立ち寄ったりするのが少し違うところ。2015年の旅:初夏の山形/庄内の旅 この時期の山形/庄内地方は暑すぎもせず、寒くもなくちょうどいい感じがする...
ひさびさ、一澤信三郎帆布で買いもの... 手も肩もふたつしかないのに、ついついあれこれ欲しくなるのがバッグというもの。手の数も肩の数も、バッグへの欲望には関係ないのです。 今回もまたバスで近くまで来てしまったので立ち寄ることにした。前回の訪問から結構経つのだなあとブログを読み返しながら感じるのだが(前回の訪問:一澤帆布と㐂一澤帆布)、...

Feature

Summary
product image
Author Rating
1star1star1star1star1star
Aggregate Rating
no rating based on 0 votes
Brand Name
日乃本帆布

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください