再開発の波がざぶざぶと押し寄せている京成立石において、古くからのスタイルで良心的な経営をしている名店。立石にはもつ焼き屋が結構あるのだが、そのなかで三大名店をあげるならば「うち多」「江戸っ子」「ミツワ」をあげる人が圧倒的だと思う。

ローカルルールが多くて敷居の高い「うち多」と比べると、ミツワは江戸っ子と同じように、優しい女将さん中心にまわっている入りやすいお店。江戸っ子はメニューの種類も多いし比較的お店も広いけれど、ミツワは立石仲店商店街の端っこに小さくあるお店なので規模はかなり小さい。でも、アットホームな感じはある。

お店の外観

しかし、基本的に相席は当然でお酒の種類もそんなに多くなく、うっかりすると「ほとんど焼酎」みたいなレモンハイを頼んでしまうのだが、それもまた楽しかったりする。圧倒的なコストパフォーマンス。料理は煮込みやもつ焼きが基本なのだけど、意外と刺身の盛り合わせのクオリティも高いし、ちょっと珍しい鰻の串もあれば食べておきたい。

刺身の盛り合わせがうまい
豆腐をいれたもつ煮は豪華
うなぎ串なんてのもある

もつ焼きはレバーはレア感がたまらない。そして頭肉の赤身、アブラもこの組み合わせは美味しい、お酒がすすむ。いわゆるホルモンなシロも美味しいし、まあなんでもうまいのです。席は狭いし、だいたい混んではいるのだが、はじめて立石に来た人でも楽しめるいいお店。行くなら少人数で行くのが無難です。

レバーやばいです。うまい。
もりあわせ
このもつ焼きが美味しいんだよなあ・・しみじみ

ミツワ
住所: 東京都葛飾区立石1丁目18−5
時間:17:30-21:00くらい
休み:日曜日

Related Post

【移転】立石呑み歩きシメは駅前にある「与作」が安心です... ※立石駅の高架化開発のため、駅から離れたところに移転となったみたいです。。 夕方から立石で呑み歩いていると22時には深夜のような気分になる。江戸っ子で話しをしていた方が「駅前にある与作っていうお店で飲むの結構いいですよ。駅前だから安心だし」というアドバイスをもらった。たしかに、泥酔した夜であれ...
アメ横せんべろトライアングル「立飲み たきおか」で昼から呑み歩く... 「千円あればべろべろに酔っ払える=せんべろ」というジャンルがある。上野のアメ横には路地をはさんでお店が密集していて、カドクラ、たきおか、大統領という三店舗が「アメ横せんべろトライアングル」を形成している。 ということで、そのなかで今回は「たきおか」編。たきおかはアメ横内に複数店舗を持っていて、...
すいば(四条河原町)はおしゃれでコストパフォーマンスのいい立ち呑み店... 紅葉をめぐっていてすっかりと陽もくれてきてしまった。 ハイシーズンの京都は観光客が行くようなところはどこも満席すぎるくらいの満席で、とてもじゃないが予約なしで気軽に行けるようなところではない。 ということが分かっていたので、今回の旅で立ち寄っているのは主に地元の人たちが立ち寄ったり、行く...
「立ち呑 こひなた」は1,000円あれば飲みに行ける新橋のディープな居酒屋... 新橋駅の汐留口の方にある新橋駅前ビル。このサラリーマンのためのテーマパークみたいなビルには「ビーフン東」やうどんの「七蔵」といった名店が入っているのだが、今回このビルが1号館と2号館に分かれていることをはじめて知る。 1号館の地下一階を通り抜け、JR線と都営浅草線をつなぐコンコースのはさんで向...
昭和が丸ごと残っているかのような立石のルミエールで待ち合わせをする... 夕方近くから飲める街である立石で待ち合わせをするにはうってつけのところが立石仲店商店街にあるカフェ・ルミエールという喫茶店。 もう昭和がまるごと残っているかのようなところで、全席喫煙可能なのとお手洗いも昭和仕様なのをのぞけば最高に雰囲気があっておもしろいところだ。 商店街のなかにお店が...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください