再開発の波がざぶざぶと押し寄せている京成立石において、古くからのスタイルで良心的な経営をしている名店。立石にはもつ焼き屋が結構あるのだが、そのなかで三大名店をあげるならば「うち多」「江戸っ子」「ミツワ」をあげる人が圧倒的だと思う。

ローカルルールが多くて敷居の高い「うち多」と比べると、ミツワは江戸っ子と同じように、優しい女将さん中心にまわっている入りやすいお店。江戸っ子はメニューの種類も多いし比較的お店も広いけれど、ミツワは立石仲店商店街の端っこに小さくあるお店なので規模はかなり小さい。でも、アットホームな感じはある。

お店の外観

しかし、基本的に相席は当然でお酒の種類もそんなに多くなく、うっかりすると「ほとんど焼酎」みたいなレモンハイを頼んでしまうのだが、それもまた楽しかったりする。圧倒的なコストパフォーマンス。料理は煮込みやもつ焼きが基本なのだけど、意外と刺身の盛り合わせのクオリティも高いし、ちょっと珍しい鰻の串もあれば食べておきたい。

刺身の盛り合わせがうまい
豆腐をいれたもつ煮は豪華
うなぎ串なんてのもある

もつ焼きはレバーはレア感がたまらない。そして頭肉の赤身、アブラもこの組み合わせは美味しい、お酒がすすむ。いわゆるホルモンなシロも美味しいし、まあなんでもうまいのです。席は狭いし、だいたい混んではいるのだが、はじめて立石に来た人でも楽しめるいいお店。行くなら少人数で行くのが無難です。

レバーやばいです。うまい。
もりあわせ
このもつ焼きが美味しいんだよなあ・・しみじみ

ミツワ
住所: 東京都葛飾区立石1丁目18−5
時間:17:30-21:00くらい
休み:日曜日

Related Post

一平(船橋) – 古きよき庶民的な居酒屋... 千葉にある船橋は、いまもむかしも料理待ち的なところがあって、昔の海岸線である国道14号線の近くは路地が迷路みたいに入り組んでいたり昔の名残が残っている地区がある。 整理された状態よりもこういう混沌とした状態の方が好きな僕としては、好きな街のひとつなのだけど駅前からちょっと外れたところに一平とい...
細かいルールには意味がある。立石の宇ち多゛(うちだ)で下町居酒屋を体験する。... かつて友人が住んでいたこともあり何度か来ていた葛飾の立石。浅草からさらに東に行ったところにある、もはや千葉に近い下町ともいえるこの街は個性的なお店が多くある。 そのなかで、今回はもっとも人気がある宇ち多゛(うちだ)へ行ってみることにした。入店と食事に際しては細かいルールがあり、変なことはないの...
花生食堂(船橋)はいい意味で常連さんのための食堂って感じ。... 船橋って不思議なところで、郊外型の町の感じで駅前には大きなデパートがあったりするのだが、その裏側には昔ながらの下町っぽい雰囲気が残っていたりする。駅から裏通りに入ってすぐのところにある花生食堂もそんなところにある。 昔はこの近くに大きな市場があって、そこに来る人たちを相手に食堂をはじめたみたい...
立石の良心みたいな「江戸っ子」はせんべろ初心者にも優しい... 立石の居酒屋のなかには「お酒飲んできた人は入店不可」というところが結構ある。1,000円あれば文字通り泥酔できてしまうから、面倒なことに巻き込まれたくないお店としても自衛的な処置だとは思う。でも、ちょっとでも有名になるとそういうスタンスのお店が増えてきてしまい、お店を選ぶ方としても面倒だなあって思え...
【移転】立石呑み歩きシメは駅前にある「与作」が安心です... ※立石駅の高架化開発のため、駅から離れたところに移転となったみたいです。。 夕方から立石で呑み歩いていると22時には深夜のような気分になる。江戸っ子で話しをしていた方が「駅前にある与作っていうお店で飲むの結構いいですよ。駅前だから安心だし」というアドバイスをもらった。たしかに、泥酔した夜であれ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください