池袋駅の北口って前から外国人が多かったエリアだけど、ここのところは中国人がたくさん集まってきていて、チャイナタウンみたいな感じになっている。そのなかで、池袋北口出てすぐのところにある永祥生煎館で焼き小籠包を食べてきた。

数年前に人気が出たときには数時間待ちの行列ということもあったらしいのだが、いまではそれも落ち着いていて平日夜であればほとんど並ぶことなく食べることが出来る。基本的には持ち帰りがメインで、店内にはカウンターが数席あってかろうじてそこで食べられるっていうくらい。テイクアウトであればほぼ並ぶことはないと思う。

僕は店内で食べるのでちょっと待ったのだけど、基本的に店員さんもお客さんもほぼ中国人で中国語で会話しているので、自分が日本にいる感覚がちょっと薄れる。ここでは日本人であることはちょっとアウェイ感があるくらいだな。

ただ、これだけ中国人が集まってきて買い求めるくらいのものなので、味は確かなものがある。4個入りの焼き小籠包を頼んだのだけど、あつあつで一気にかぶりつくと肉汁は飛び出るし、口の中をやけどするし大変なことになる。ちょこっとかじって中を冷ましてから食べるのがいい。台湾でたべた胡椒餅の小さいものっていうイメージ。餡にしっかり味がついていることもあり、なにもつけなくてもそのままで美味しい。

四個セット
かじった断面。。ぎっしり餡がつまっている。

焼き小籠包はちょっとしたスナック感覚でつまめるのがいいところだな。池袋で飲み会あったら0次会にここでつまんでしまうかも。他のつまみはちょっといまいちなので焼き小籠包のみを頼むのが僕は好きです。お店の雰囲気含めて中国だなあって感じのところ。やたらとつっけんどんだけど美味しいものは食べられるのでいいところだと思う。

永祥生煎館
住所:東京都豊島区西池袋1-29-2
時間:11:30-22:00頃(※完売次第営業終了)
休日:年中無休

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Related Post

度小月担仔麺(台南本店)で食べる老舗の味... もう超老舗かつ超有名店。台南だけじゃなくて台北にもお店がある度小月なんだけど、今回泊まった正興咖啡館から近かった本店に行ってきました。 創業100年越えの老舗で、台南といえば度小月の担仔麺というくらいの知名度。台南市内にも何店舗もあるのだが、古風なインテリアや昔ながらの作り方を垣間見ることがで...
京鼎樓バルのランチは微妙な感じ 恵比寿でランチをしたときに、バーガーマニアの隣にある京鼎樓の廉価版みたいな京鼎樓バルでランチをしてきた。 僕の感想としては、中華料理っぽさを出しつつ違う料理がメインなのはまさにバルという名前がついているだけのことはあるなというもの。フードコートみたいな料理だった。 京鼎樓バルへのアクセス...
回頭(幕張)は美味しい中華料理の穴場だと思う... 知り合いに連れてきてもらって、なんで「幕張からさらにこんな遠いところまで来るんだよ」と思っていたのだけど、食事をしてその帰りに思ったのは「来てよかった・・」で、遠くまでやって来るだけの価値に見合うだけの料理店だと思う。 回頭へのアクセス 車での場合は京葉道路の幕張IC、または首都高湾岸線...
天龍 – 休日の銀座でランチ このサイトでは旅行に関することで書いていこうと勝手に決めているのだけれど、旅行っていうものの範疇はといえば、これはなかなかに難しい。「ちょっとしたお出かけ」も旅といえば旅なわけだし、「僕らが生きていることそのものが旅なのである」とかちょっとすかしたことをいってしまってもいいわけである。 まあい...
旬菜中華屋 龍房 – 佐賀ちゃんぽんの名店... 佐賀ちゃんぽんフリークの知り合いに連れてきてもらったお店。ここのちゃんぽんはうまい!ということで、佐賀駅から車にのってやってきたのは、佐賀大学近くにある中華屋さん。 見た目は普通の郊外にある中華料理店で、店内もちょっとオシャレなチャイニーズレストランといった雰囲気。 料理人の方は台湾出身...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください