池袋駅の北口って前から外国人が多かったエリアだけど、ここのところは中国人がたくさん集まってきていて、チャイナタウンみたいな感じになっている。そのなかで、池袋北口出てすぐのところにある永祥生煎館で焼き小籠包を食べてきた。

数年前に人気が出たときには数時間待ちの行列ということもあったらしいのだが、いまではそれも落ち着いていて平日夜であればほとんど並ぶことなく食べることが出来る。基本的には持ち帰りがメインで、店内にはカウンターが数席あってかろうじてそこで食べられるっていうくらい。テイクアウトであればほぼ並ぶことはないと思う。

僕は店内で食べるのでちょっと待ったのだけど、基本的に店員さんもお客さんもほぼ中国人で中国語で会話しているので、自分が日本にいる感覚がちょっと薄れる。ここでは日本人であることはちょっとアウェイ感があるくらいだな。

ただ、これだけ中国人が集まってきて買い求めるくらいのものなので、味は確かなものがある。4個入りの焼き小籠包を頼んだのだけど、あつあつで一気にかぶりつくと肉汁は飛び出るし、口の中をやけどするし大変なことになる。ちょこっとかじって中を冷ましてから食べるのがいい。台湾でたべた胡椒餅の小さいものっていうイメージ。餡にしっかり味がついていることもあり、なにもつけなくてもそのままで美味しい。

四個セット
かじった断面。。ぎっしり餡がつまっている。

焼き小籠包はちょっとしたスナック感覚でつまめるのがいいところだな。池袋で飲み会あったら0次会にここでつまんでしまうかも。他のつまみはちょっといまいちなので焼き小籠包のみを頼むのが僕は好きです。お店の雰囲気含めて中国だなあって感じのところ。やたらとつっけんどんだけど美味しいものは食べられるのでいいところだと思う。

永祥生煎館
住所:東京都豊島区西池袋1-29-2
時間:11:30-22:00頃(※完売次第営業終了)
休日:年中無休

Related Post

【閉店・移転】上野でぎょびーといえば「昇龍」の餃子ということになる。... 僕のなかでは「せんべろ」と同じくらい不思議な言葉だったのだが「ぎょびー」という言葉。餃子にビールという組み合わせを略したものなのだけど、この間違えない組み合わせ!感動するなあ。 ということで、街中で美味しそうな餃子をみつけたらビールと一緒に食べることにしている。上野ではアメ横商店街にある昇龍が...
台南の味とは全然違うけど、古都台南担々麺で担仔麺を食べる... 池袋駅の北口はチャイナタウンみたいに中国人であふれている。そして風俗街でもあって、雰囲気のいい場所ではないのだけど、そのなかで繁華街のちょっとはずれにあるお店。こんなところにあるのか?っていう場所にある。 台南の名前が入っているとおり、台湾料理のお店をうたっているのだが、台湾感があるのかといわ...
中華香彩 JASMINEのよだれ鶏ランチ 広尾にある中華料理のJASMINE、手頃な価格でランチをやっているのでおすすめ。ランチの予約はコースのみなので、行けるかどうかはご縁に近いのだが、ちょうど入れ替わりのタイミングなんかだとスムーズに入ることができる。 四川といった辛めの料理が多いのだが、そんななかでランチで食べてみてもらいたいの...
痺れるほどに美味い四川料理は目黒にあり。「龍門」で堪能してきた。... 世界三大料理である中華料理のなかで、四川料理はもっともメジャーなもののひとつである。北京、上海、広東、四川を並べて中華四大料理と呼ぶらしい。 そのなかの四川料理は旨くて辛いイメージが強くちょっと敬遠してしまいがちだが、目黒にある龍門の四川料理は山椒のぴりっとしたスパイスが効いていて、これはこれ...
スヰートポーヅへ行ってきた。日本で屈指の餃子の名店。... 神保町でランチしようかなあっていうときに、「スヰートポーヅへ行ったことなければ、行かなくてはならない」という運命的な推薦があって行ってみることにした。 普段は「-なければならない」とかいう話しはだいたい好きではないのだけど、食事に関しては別なのではないかと最近考えるようになってきた。 ス...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください