池袋駅の北口はチャイナタウンみたいに中国人であふれている。そして風俗街でもあって、雰囲気のいい場所ではないのだけど、そのなかで繁華街のちょっとはずれにあるお店。こんなところにあるのか?っていう場所にある。

台南の名前が入っているとおり、台湾料理のお店をうたっているのだが、台湾感があるのかといわれるとそうでもない。新橋の「香味」とか「台湾麺線」の方が台湾っぽさを感じる。この雑多な雰囲気は香港とかそんな感じもある。人気店らしく、予約していないと入れないこともあるみたいだ。

前菜。これ腸詰めのスライスだったかな。。
小籠包

台湾料理の居酒屋という感じで、腸詰めとか前菜っぽいものを頼んでビールを飲んでおき、そのあとシメに魯肉飯とか担仔麺を頼むのがいいと思う。店名は担々麺とあるのだけど、担々麺は置いていなくて、担仔麺があるのは台南っぽい。

ただ、ここで出てくる担仔麺は結構大きめで大味。度小月で食べるものとはだいぶ違うなって思う。魯肉飯も日本風のアレンジの結果なのか、作り損ねているのか定かではないが、だいぶ印象が違うなという感じがする。悪くはないのだが、台南での味に慣れてしまっている身としては、もう少しやれるんじゃないかと思ってしまう。贅沢な悩みなのかもしれないけれど。

メニューに担仔麺って書いてあった。
デザートは愛玉子。とりあえず台湾。

古都台南担々麺
住所:東京都豊島区西池袋1-40-5 名取ビル 2F
時間:17:00 – 25:00
休み:なし

Related Post

昔ながらの暖かい雰囲気、荒木町の「酒房 一」で過ごす夜... はじめて訪れたお店なのに始めてじゃないみたいな感覚。たまにそういう場所に出会うことがあるのだが、荒木町の「酒房 一」はまさにそんなところだった。のんびりとした雰囲気、せかされることなくお酒を楽しむ、そういう夜を過ごすことができる。 酒房 一へのアクセス 荒木町にあるのだが、具体的には丸ノ...
細かいルールには意味がある。立石の宇ち多゛(うちだ)で下町居酒屋を体験する。... かつて友人が住んでいたこともあり何度か来ていた葛飾の立石。浅草からさらに東に行ったところにある、もはや千葉に近い下町ともいえるこの街は個性的なお店が多くある。 そのなかで、今回はもっとも人気がある宇ち多゛(うちだ)へ行ってみることにした。入店と食事に際しては細かいルールがあり、変なことはないの...
【移転】立石呑み歩きシメは駅前にある「与作」が安心です... ※立石駅の高架化開発のため、駅から離れたところに移転となったみたいです。。 夕方から立石で呑み歩いていると22時には深夜のような気分になる。江戸っ子で話しをしていた方が「駅前にある与作っていうお店で飲むの結構いいですよ。駅前だから安心だし」というアドバイスをもらった。たしかに、泥酔した夜であれ...
度小月担仔麺(台南本店)で食べる老舗の味... もう超老舗かつ超有名店。台南だけじゃなくて台北にもお店がある度小月なんだけど、今回泊まった正興咖啡館から近かった本店に行ってきました。 創業100年越えの老舗で、台南といえば度小月の担仔麺というくらいの知名度。台南市内にも何店舗もあるのだが、古風なインテリアや昔ながらの作り方を垣間見ることがで...
和味生滾粥店のお粥って独特で好き嫌いがある... 和味生滾粥店のお粥って独特で好き嫌いがある 香港の朝食といえば、点心とかお粥とか。点心は昨日食べたし、今日はお粥かなあって思って佐敦にある和味生滾粥店というお粥のお店に行ってみた。 ここ香港のミシュランに掲載されたこともあるみたいだが、外観はいたって普通すぎるくらい普通のお店。店内は休日...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください