池袋駅の北口はチャイナタウンみたいに中国人であふれている。そして風俗街でもあって、雰囲気のいい場所ではないのだけど、そのなかで繁華街のちょっとはずれにあるお店。こんなところにあるのか?っていう場所にある。

台南の名前が入っているとおり、台湾料理のお店をうたっているのだが、台湾感があるのかといわれるとそうでもない。新橋の「香味」とか「台湾麺線」の方が台湾っぽさを感じる。この雑多な雰囲気は香港とかそんな感じもある。人気店らしく、予約していないと入れないこともあるみたいだ。

前菜。これ腸詰めのスライスだったかな。。
小籠包

台湾料理の居酒屋という感じで、腸詰めとか前菜っぽいものを頼んでビールを飲んでおき、そのあとシメに魯肉飯とか担仔麺を頼むのがいいと思う。店名は担々麺とあるのだけど、担々麺は置いていなくて、担仔麺があるのは台南っぽい。

ただ、ここで出てくる担仔麺は結構大きめで大味。度小月で食べるものとはだいぶ違うなって思う。魯肉飯も日本風のアレンジの結果なのか、作り損ねているのか定かではないが、だいぶ印象が違うなという感じがする。悪くはないのだが、台南での味に慣れてしまっている身としては、もう少しやれるんじゃないかと思ってしまう。贅沢な悩みなのかもしれないけれど。

メニューに担仔麺って書いてあった。
デザートは愛玉子。とりあえず台湾。

古都台南担々麺
住所:東京都豊島区西池袋1-40-5 名取ビル 2F
時間:17:00 – 25:00
休み:なし

Related Post

鏞記酒家(ヨンキー)ではガチョウのローストとご飯を食べるべし。... 古くからある老舗の広東料理レストランだけど、遺産相続でもめていつ閉店するかなんて噂もあって気になっていたところ。でも、全然閉店しそうになくて普通に営業していたし、2018年現在も通常営業中ではある。 場所は香港島のセントラル地区で蘭桂坊からも近く、陸羽茶室とは一本通りが違うくらいの距離。今回泊...
「餃子の王さま」は最高の触感を残す野菜餃子だった... 東京で美味しい餃子を食べ歩いているのだけど、浅草にも老舗があって行ってみた。店名の「餃子の王さま」ってなんだか似たような名前のチェーン店があるなと思ってしまうのだが、全然関係なくて創業は1954年(昭和29年)と60年以上もつづく浅草の名店のひとつだ。神保町のスヰートポーヅが1936年(昭和11年)...
Rot Sawoei(チェンマイ)雲南料理風な麺料理店... ライスもの 北部タイって、間にラオスをはさんではいるものの、中国の雲南省まではそれほど離れた距離にあるわけではなく、山の方にトレッキングとかすると中国の少数民族と似たような文化圏なんだなと感じることがある。 チェンマイ旧市街にあるRot Sawoeiで提供されている土鍋料理は、そんなも...
家飲みより安いなんて素敵過ぎる。船橋の「大衆居酒屋 あさひ」で昼飲みしてきた。... 千葉の船橋駅周辺は隠れた名店が多く、安くて美味しいものを食べることができる。ただの郊外型都市というなかれ、せんべろ的な代表格である一平や、立ち食い寿司の名店である吉光など圧倒的なコストパフォーマンスがいいお店があったりするのです。 今回訪れてみた「大衆居酒屋 あさひ」もそのひとつで、昼から営業...
予約不可の人気店は17時までに行くのがベスト。御徒町の「やきとん ま~ちゃん」で絶品やきとんを食べる... 御徒町にあるやきとんの人気店。安くて美味しい、日本酒も結構あるという素晴らしいお店なのでいつも混んでいる。なかなか入ることができなかったのだが、開店してちょっとしたタイミングで行ってみたらすんなりと入ることができた。 お店の人が「うちは予約を受け付けていないから、いつでも来ることができるんだ。...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください