今回泊まっていた那須湯本温泉の遊季荘は素泊まりで朝食もないので、どこか近くで食べようかと思い行ってみたところ。那須湯本温泉からはわりと近くて行きやすかった。朝食は朝8時からやっているのだが、行列するので30分前には言っておいた方がいいと思う。

行列については、ベーカリーとカフェで二種類の列が作られている。ベーカリーの方の行列が長いという印象。カフェは門がある入口のところに並んでいく。カフェで食事を食べてひと息つく頃にはベーカリーの混雑も一段落してきているので、まずはカフェに並ぶのがありかなって思う。

ベーカリーの入口
カフェは断然オープンテラス
あちこちにビートルズのコレクション
これは写真じゃなくて絵をかいているこだわり
渋い・・

ペニーレインという店名からわかるかと思うけれど、このお店はビートルズのコレクターの方がやっているお店で、もともとはペンションだったところをカフェにしている。なので、ベーカリーとしてもカフェとしても導線とかお店の作りはいまいちなのだが、この家のなかに入り込んでいる感じとかが面白いともいえる。

ペニーレインが有名になったきっかけは、テレビチャンピオンという番組で「ブルーベリーブレッド」が優勝したからだということなのだが、ビートルズのコレクションとしてもかなり見ごたえがあっていいところだなあって思う。僕はぜんぜんビートルズの世代ではないけれど、ビートルズが好きなのでここのコレクションにはかなり興味がある。リッケンバッカーのレプリカとかが飾ってあったりして雰囲気ある。もちろんBGMはビートルズ。でもたぶん、みんなあまり興味なさそうにベーカリーで買い物しまくっているのだけど。

商品も気が利いていてリンゴスターっていう名前のアップルパイは少し独特の味わいが感じられて「これはたしかに・・リンゴスターだ」って思ったりする。この感じがとてもいい。

朝食はホテルのモーニングみたいな感じで、ちょっと高めの設定だけど、テラス席でいただくのは最高に気持ちがいい。店内のベーカリーはために食べるより断然雰囲気がいいと思う。お手洗いはお店の二階にあって、ペンション時代の雰囲気が残っていて、そしてここにもビートルズのコレクションがあって面白い。ビートルズのコレクションを眺めてまわるだけでもこのお店で朝食をする価値があるってものだ。ものすごい混雑しているけれど、いい店だと思う。

モーニングのセット
コーヒーもおいしかった
右側がテレビチャンピオンで優勝したブルーベリーブレッド。
「リンゴスター」アップルパイ

ベーカリー ペニーレイン(BAKERY PENNY LANE)那須店
住所:栃木県那須郡那須町湯本656-2
時間:8:00-17:00

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Related Post

フルーツカフェニジは週末だけの地産地消メロンカフェ... 地元ではテレビに紹介されたりして人気になっているメロン農家がやっている、週末だけ営業しているメロンカフェ。地産地消のさらに先をいくようなところで、本当に美味しいメロンだけを食べることができる。 メロン栽培は年中やっているということで、季節営業じゃないこともあり、週末旅でまた行きたいくらい。 ...
CAFE PARK カフェパーク – 恵比寿で使い勝手のいいカフェレストラン... いつ行っても結構空いている穴場的カフェ。店内は結構広いし、ランチタイムから夜まで通し営業していることもあり利用価値が高い。 店内の雰囲気としてはモダンなカフェといった感じなのだけど、食事のラインナップとしてはカフェと食堂とレストランの中間みたいな感じで結構しっかりと食べられる。 ランチ...
ペーパーギャラリー(チェンマイ) – ギャラリー通りの手頃なお土産物屋... チェンマイのタニータハウスがあるピン川右岸の通りは、タニータハウスを含めてちょっとおしゃれなレストランやギャラリーが多く存在しており、ギャラリー通りともいえるくらいにある。 だいたいは似たような、それっぽいエスニックな絵画を販売するようなところなのだが、ペーパーギャラリーはそのなかでは比較的手...
銀座の資生堂パーラーへ「真夏のパフェフェア」を味わいにいってきた... 信じられないような暑さの休日、銀座へ行ってきた。お目当ては資生堂パーラー三階のカフェでやっているフルーツパフェのフェア。ひさびさに訪れたけれど、涼しげな接客やシックな内装で銀座とは思えないくらいゆったりとした店内など、真夏の騒がしさを忘れる優雅な時間を過ごした。 資生堂パーラーは190...
代々木上原で楽しむエチオピアコーヒーのお店、トモカコーヒーへ行ってきた... ひさびさに代々木上原へ行く用事があって、そのついでに時間つぶし出来るところないかなと見つけたところ。 エチオピアコーヒーといえば、ギルドコーヒーにあるイルガチェフG-1には衝撃をうけた。最初はあまりにも独特な香りで「この豆は大丈夫なんだろうか」って思ったものだが、いまではあの香りが好きになって...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください