この初夏はさくらんぼを狩った翌週には尾瀬へ小旅行をしてきた。梅雨時期の合間にしっかり晴れた気持ちのいい朝でしっかりと尾瀬の素晴らしさを体験できたと思う。

前から尾瀬には興味があったもののルートが複数あって、いわゆる尾瀬らしい風景にはどうやって行くのかとか、途中に車をとめてバスで行くのはどういう感じなのかとかよくわからなかったのだが、実際に行ってみると僕がアクセスした御池から沼山峠ルートは尾瀬らしい湿原の風景までかなり近くて、手軽にトレッキングできることがわかった。(尾瀬をハイキングしてきた)

しかし、この御池までが遠い。夜21時過ぎに東京から東北道を北上して那須ICまで。那須インターからは約100キロくらい2時間くらい下道を走っていくのだが、これが遠いのです。わりと整備された道路で細い山道は一部だけなのでそんなに運転は面倒ではないものの、はじめて通る田舎の夜道を100キロというのは案外苦痛で面倒くさい。ただ、月がきれいな夜だったこともあり、橋をわたるときに川面に映る月の光とか、淡々とつづくオレンジ色の街灯とか、美しいなあと思うこともあった。

夜明け、御池の駐車場から沼山峠へ向かう
尾瀬ヶ原

御池駐車場には深夜のうちについて山小屋みたいなロッジでトイレをすませて仮眠。夜明け雨に起き出して沼山峠までいく始発バスで移動した。このバスも始発だったし、帰りも10時前後と一般的な登山が始まることには逆ルートで戻るような感じだったこともあり、空いていて景色を眺めながら快適だった。

なにより沼山峠から尾瀬へのルートはこのトレッキングで唯一の登山的な感じなのだが、木道も整備されているので僕みたいな初心者でも簡単に移動できて、尾瀬へのハードルって思っていたより高くはないのだなって実感した。関東圏からこんな近くに、こんなにも美しい場所があるなんて本当に驚きだ。朝もやのなかにみえる湿原の風景や、池ごしにみえる山のシルエット、東京都は全然ちがう澄んだ空気とか、写真でみて感じるものとは別次元に来てみてよかったと思えるところだと思う。

燧ケ岳

でもまあ、結構疲れたな。10時くらいに御池の駐車場もどって山道を運転したが結構しんどかった。宿は那須湯本温泉を予約していたのだが、ランチには奥会津エリアにあるそば処曲家という古民家を改築した蕎麦店で食べることにする。地元産の蕎麦は絶品で美味しい。奥会津の辺境感ある風景もまた美しく、那須から結構手頃な距離にあるのでまた来てみたいって思った。

「そば処曲家」曲家というのはこの地方独特の建築みたい

宿は那須湯本温泉にある遊季荘という古びた旅館。宿は完全に素泊まりで激安、温泉は近くの共同浴場に行くスタイルで、かなり古きよき温泉宿のスタイルだ。宿自体は放ったらかし感がすごくよかったのだが、那須湯本温泉の寂れ具合に驚く。那須ってもっと洗練された高原リゾートっぽさがあると思うのだが、ここだけはその真逆の感じだ。

「遊季荘」窓からの風景が案外きれい

素泊まりの宿ということで、夕食は那須インターの方までくだっていき「ステーキハウス寿楽」で那須和牛のサイコロステーキを食べる。ひさびさに来たけれど、食堂っぽい雰囲気はさておき、比較的手頃にステーキが食べられるのはいいお店だと思う。脂ののった那須和牛の美味しさを堪能する。

ステーキハウス寿楽

翌日はそうそうにチェックアウトして、朝8時前にはPENNY LANE那須本店に並んで朝食を食べてみた。木漏れ日が最高に気持ちいいテラス席は初夏には特等席。ビートルズのコレクションを眺めたり、コーヒーを飲んだりしてちょっとお値段高めなモーニングセットをいただいた。これならホテルで朝食とるよりも断然気持ちがいいと思う。

カフェは断然オープンテラス

PENNY LANEで食事とったあとは、食後のデザートがてらに近くにある那須高原 南ヶ丘牧場にてソフトクリームを食べてみる。入場料のかからない観光牧場なのでソフトクリームを食べるためにここに来る価値があるって思うくらい濃厚なソフトクリームだった。日本全国、いろんなところでソフトクリームを食べてきたが、ここのは美味しい。

ガーンジー牛のソフトクリーム。濃厚。。
チョウザメ

このまま戻って旅を終えるのもつまらないと思ったのと、だいぶ陽も上がって暑くなってきたので、アイスを食べ比べしてみようかと、南ヶ丘牧場と同じくらい人気の高い「アイスクリーム工房ももい」へ行ってみた。こちらはジェラートのお店でミルク以外のフレーバーもしっかり美味しいのがいいところだ。ミルクとマンゴーを楽しんだのだが、ここのミルクジェラートもまた濃厚。生クリームのような味わいがある。

昔の人たちが尾瀬という場所を残そうと思うのがよくわかる素敵な場所だったし、この美しさを楽しみつつ、尾瀬の自然は今後もつづいていくといいなと実感する。

上高地ともまた異なる、美しい自然が残る場所だった。まさに初夏がベストシーズンだと思う。

この旅のまとめ:夏の尾瀬ハイキングと那須小旅行(2017年7月)

Related Post

佐賀&長崎小旅行 週末+1日の2泊3日で 佐賀と長崎という西九州を旅行してきた。移動には成田から福岡まではジェットスターを利用。飛行機をただの移動手段をするのであればすごくコストパフォーマンスのいいエアラインだと思う。まあ、主目的はまさに移動なのでそれでいいと思うのだが。 福岡からまず向かったのは長崎。JR九州...
行くぜ、東北。夏の会津日帰り編 すっかり夏が始まったなあという7月中旬。東北へ日帰りで旅をしてきた。今回は友人の車に乗せてもらうこともあり、東京駅から少し移動してから車に乗り込み一路東北道を北上していく。 まだ朝の家に着いたのは会津若松城。すごく昔に訪れた記憶があるのだが、今回来てみてびっくりした。普通の博物館みたいなコンク...
蘭桂坊(ランカイフォン)で夜を楽しむ... 香港でナイトライフといえば、男人街や女人街での夜市とかネイザンロードの電飾とか、香港の夜景とか・・いろいろある。 ぼくも夜市は嫌いではないが、何度か行くと「なぜここが楽しかったんだろうか」と思うことがある。まあ、夜市ってそういうものなのだろうな。 で、今回は蘭桂坊に行って飲みあるいてきた...
冬の小淵沢と信州旅 うなぎ 井筒屋 1月の厳冬期に小淵沢から信州にかけて列車で旅してきた。 前日には積雪の予報があってどうなることやらと思ったのだが、平野部はそれほどでもなく旅行をするには問題なかったが、松本の浅間とか山間部ではかなりの積雪があったみたいだ。たしかに、松本の市街地も少し雪が積もっていた。...
早春の秋山郷、見倉橋あたりを散歩してきた... 雪解けしたばかりの越後妻有、秋山郷のあたりをトレッキングというほどではないが、散歩してみることにした。このあたりは名水百選にも選ばれた龍ヶ窪とか豊かな自然や里山の風景が残っている。 ただ、冬は相当に厳しい季節なんだろうなあって思わせるものがあった。そして、この秋山郷を奥に進んでいくと山の向こう...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください