台湾のクラウドファンディングで人気が出たらしいトラベルピロー。日本のクラウドファンディングでも紹介されていたのだが、なぜか楽天で普通に売っていたのでそっちから購入してみた。値段も結構手頃で7,000円くらい。いつものトラベルピローと比べると確かに高い方にはなるけれど、十分元が取れる価値がある。

首にまくトラベルピローっていままでいくつかつかってみたけど、携帯性にすぐれるが快適ではないものか、快適だけど携帯しづらいものかというどっちつかずなものばかりだったところに、UNO Rough(ウノ・ラフ)そこそこの携帯性ですごく快適というものが出てきた感じがする。

UNO ROUGH、特徴的な形状をしている

UNO Rough(ウノ・ラフ)は台湾のメーカーが作っていて、中身は圧縮性のあるビーズ素材でカバーはさわり心地のいい記事でできている。圧縮してしまえるので、バッグに放り込めるくらいまで小さくなるのが便利なところ。空気をいれる枕までは小さくならないが、結構圧縮できるなって感じがする。

圧縮してしまうことができる。結構小さくなる。

そして、中身のビーズ素材は涼感性があるもので、実際少しひんやりした触感がある。これがすごく快適でいいなって思う。いままでのビーズ素材の枕だと少し熱がこもるような感じがあって暑いなと思うこともあるのだが、UNO Rough(ウノ・ラフ)にはそういう感覚はなかった。

枕の形状も結構厚みがあって向きを変えたりすることで横向きにも対応したりすることができる。また、座っているときには腰にいれることで腰を安定させるにもいい。ふたつ欲しくなってしまうが、それだと荷物がかさばり過ぎてしまう…。

いままでのトラベルピローの弱点をだいぶ改善した感じのあるUNO Rough(ウノ・ラフ)は機内で快適に過ごすグッズとしてはノイズキャンセリングヘッドフォンと同じくらい便利なものだと思う。

UNO Rough(ウノ・ラフ)を楽天でさがす

Related Post

究極の旅行アイテム Bose QuietComfort25 普段からずっと使い続けているので、これが旅行のときに必須のアイテムだということ、ブログの記事にしていないことをすっかり気づかずにいた。 電車や飛行機の移動って座席や空気とかからうけるの疲労もあるけれど、それと同じくらい周囲の音からうける疲労ってあるんだなと、これを使い始めて気づいた。とくに、飛...
旅における活字問題の革命的存在 人類が旅を続けることにおいて、活字を渇望するのに、本はやたらと荷物になるから、あまり持ちたくない・・でも読みたいという葛藤は長年の問題であった。 かつて、アメリカ大陸を旅するカウボーイは読み物がなさ過ぎて手持ちのクスリの効能書きまで読んでいたというし、僕だって読むものなさすぎて Lonely ...
旅行になくてもいいけど、あると幸せなアイテム 5選... 旅行の持ち物っていつも迷っている。いろいろ持っていきすぎてつらいこともあれば、厳選しすぎて不便になったりもする。 僕がたどり着いたのは「好きなものだけを持っていく」というスタンスなのだが、そんななかで「なくても困らないけれど、あると旅が豊かになる」アイテムをいくつか紹介したい。 モバイル...
GlocalMe G2は普段使いもできる世界対応のWiFiルーター... 僕が使っている携帯はSIMフリーなので、だいたいの国では空港でSIMを手に入れて通信をすることができる。 しかし、一部国ではSIMが手に入りづらかったりすることもある。そして、旅の同行者がいたりするとその人たちの通信手段を確保しておいた方が便利なことは多々ある。毎回、空港でWiFiをレンタルす...
まさに最強の旅行用デジカメ。旅には SONY RX-1を愛用しています。... ブログやっていると、カメラってなにつかっているんですか?って訊かれるのですが、普段は小さなデジカメ(以前はCanonのS110)を利用しているものの、旅行にはSONYのRX-1を持って行っています。これも、フルサイズセンサーのなかでは圧倒的なコンパクトさで小さなショルダーバッグに入ってしまうくらいな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください