再開発前に立石めぐりをもっとしておこうと、しばらく行ってなかった京成立石に行ってきた。今回の立石めぐりでは立石仲見世のアーケードのなかにあって前から気になっていた「丸忠かまぼこ店」にようやく行くことができた。ミツワのある路地とはすぐ近くのところ。中みっちゃんなどもあって誘惑が多いのだが、今回はこちらのお店があいていたのですかさず席を確保。

このお店は隣がかまぼこ店になっていて、ここで売っているおでんの具材を食べられる系列店となっている。もともとは二毛作という店名だったのだけど、二毛作は少し離れたところに移転してこざっぱりした居酒屋になっている。そして、こちらのお店はかまぼこ店の軒先居酒屋という雰囲気で店名を変更した感じ。

お店の外観・・というのかな店内もみえているけれど。

店内というにはあまりにも狭いスペースはコの字型のカウンターになっていて、少し商店街にせりだすようにテーブル席がある。結構というかかなり狭い。でも、不思議と居心地はわりといい。なんていうのか適度な距離感が心地いいお店だと思う。お酒のラインナップが結構しっかりしていて、日本酒のほかにワインも結構な品揃え。店構えだけで判断してはいけないレベルに充実している。

おでん屋なので、おでん類は充実しているのだが、なかでもとびきり美味しいオリジナルメニューは「おでんのトマト」で、これはこのお店に来たら必ず食べてみてもらいたい一品です。湯むきしたトマトをまるごとおでんの出汁にひたして、仕上げにバジルをちらした料理で、これはもうおでんの枠を越えた料理だと思えるくらい。バジルの風味がいいアクセントになっていて和食なのに別の料理のようだ。

おでんのトマト
普通のおでんも美味しい「ちくわぶ」

このほかにも季節によっては牡蠣のおでんというのもあり、これはその名前の通り、生牡蠣をおでんの出汁にくぐらせた一品となっている。これもまた、牡蠣の出汁とおでんの出汁の合わさり具合が戦わずして昇華しているというか、絶妙なあんばいで美味しいのです。立石というと、雰囲気のある「おでんや」もいいのだけど、独創的な丸忠かまぼこ店で食べるおでんもまた美味しい。

牡蠣のおでんはあったら必ず頼みたいレベル

丸忠かまぼこ店
住所:東京都葛飾区立石1-19-2
時間:14:00-23:00(土日祝は21:00)
休み:木曜日

Related Post

味家(広尾)で落ち着いた和食のランチ... 広尾で落ち着いた和食のランチを食べたくなると訪れるところ。 蔵っぽい外観のお店は一見すると敷居が高くて入りづらそうな雰囲気があるけれど、扉をあければ普通にいい感じの寿司と和食のお店という感じ。家庭的な雰囲気はどこの街にも一軒くらいあると助かるタイプ。 ランチタイムは握り鮨は出していなくて...
新橋駅前ビルの空いている居酒屋「翁鶴」に行ってみた... 新橋駅前ビルへ久々に潜入してきた。駅前の一等地にあるのに、このディープな雰囲気はすごいな。そして、オフィスビルなのだけど下に入っているお店が充実しているので、ここは見逃せないエリアだ。今回は一階にある居酒屋へ行ってきた。 翁鶴 新橋へのアクセス 新橋駅のJRと都営浅草線の間にある新橋駅前...
マルギンは銀座では貴重な立ち呑み屋... 銀座のコリドー街にある立ち飲み屋で気に入っているところ。いつも混雑しているのだけど、立ち呑み屋なので、二人くらいならまあなんとか入れる。 お店の雰囲気は昭和っぽいレトロな感じでおしゃれ。店員さんも威勢がよくて感じがいい。外国人のお客さんも結構来ていて、食事のバリエーションとか楽しさならば有楽町...
豊田屋で痛風鍋と浅草無双 東京の東側、平井という総武線のなかでも飛びきり超マイナーなエリアにありながら、年々予約がとれなくなってきている居酒屋がある。 夏場は夕方くらいに行くと、いったいいつから飲んでいるんだっていうようなおじさん達がいて面白い。しかし、この居酒屋が本領を発揮するのは冬場の季節。とくに「あんこう鍋」が美...
エビス新東記で食べるシンガポール料理... 恵比寿にあって、シンガポール政府観光局お墨付きのレストランである新東記に行ってきた。恵比寿の駅から坂道を上がっていくので、距離のわりには面倒だな・・と思ってしまう立地。お店の雰囲気は居酒屋みたいな感じで、神楽坂にある支店の方は好きで何度か行っているのだけど神楽坂の方は閉店してしまったので恵比寿へ訪問...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください